旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

七夕短冊の色に由来や意味は?作り方や願い事の例と処分方法!

   

7月の代表的なイベント、七夕になくてはならないものといえば笹飾り。

特に短冊にお願いごとを書いて、笹に吊るす行事は欠かせませんよね。

しかし、なぜ七夕の日には願い事を書いた短冊を笹に飾るのか、その由来や意味を考えたことはありますか?

また短冊の色は5色という決まりがあり、それぞれの色に意味があるというのもご存知でしょうか?

知っておくと毎年話題のネタになりますし、実際に短冊に願いを書くときもいっそう心がこもりますよ。

とはいっても、なんだかんだ毎年何をお願いしようか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

そこでこちらの記事では、七夕の短冊の色にまつわる由来や意味と、可愛い短冊の作り方や願い事の例をまとめました!

また、七夕が終わってから皆様が頭を悩ませている、短冊の正しい処分方法についてもご紹介します!

燃やすのが一般的だそうですが、具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

七夕短冊の色に由来や意味はあるの?

七夕の短冊の由来は、中国の伝統行事である「乞巧奠(きこうでん)」。

乞巧奠は、織り物が上手といわれる織姫にあやかって、裁縫が上達するよう祭壇に針や糸を供えるというものです。

この行事が日本に伝わった当時は、中国での行事と同じように五色の糸を飾っていました。

その後書道や和歌といった書きものの上達を願う人たちが、葉にお願いごとを綴るようになったのが短冊のはじまりだそうです。

五色の糸の「五色」というのは青色・赤色・黄色・白色・黒色のことで、中国の陰陽五行説にちなんだもの。

青色が木・赤色は火・黄色は土・白色は金・黒色は水をあらわし、この5つはこの世に存在するものすべての根源として伝わっています。

糸が短冊に変わったあともこの五色の概念は引き継がれ、青色・赤色・黄色・白色・黒色の短冊を使うのが正式な方法といわれています。

また、赤色は仁青色は礼黄色は信白色は義黒色は智という徳も表しており、それぞれの色の徳にあった願いごとを意識して書くと叶いやすくなるのだとか。

それぞれどんな願いごとを書けば良いのかは、以下にまとめたので参考にしてみてください。

七夕短冊における色別の願い事の例!

赤色(仁)

親愛の情や優しさ、感謝の気持ちをあらわす。

「両親(またはおじいさんおばあさん)が元気に長生きしますように」

「〇〇さんに良いことがありますように」

青色(礼)

社会的秩序、道徳的規範をあらわす。

「人間力を高めて成長できますように」

「人格を認められる人になれますように」

黄色(信)

真実、友情に厚く正直、誠実さをあらわす。

「〇〇さんとずっと仲良くいれますように」

「学校(または職場)の人間関係が良いものになりますように」

白色(義)

正しい行い、正義の心をあらわす。

「いつも真面目な行いができますように」

「禁酒(または禁煙)ができますように」

黒色(智)

知恵、認識力をあらわす。

「勉強(または仕事)の成績が良くなりますように」

「たくさんの物事を知ることができますように」

 

以上のように、短冊には物理的な欲求よりも、自身の成長や周囲の幸福といった精神的なお願いごとを書くほうが良いとされています。

由来となった伝統行事でも、裁縫や文書きの上達をお祈りしていましたよね。

書くことに迷ったら、まずは上達したいものごとは何か考えてみることをおすすめします!

スポンサードリンク

七夕短冊の作り方

七夕用の短冊は市販でも売られていますが、自宅でも簡単に作ることができます。

作り方といってもそれ程のものでもなく、紙を任意の大きさの長方形に切って上の方に穴をあけて紐をとおすだけ。

おりがみを三等分に折ればちょうどよいサイズになるので、その折り目で切りパンチなどで紐をとおす穴を開ければできあがりです。

穴をあける部分にセロテープなどを貼っておけば、ちぎれにくくなるのでおすすめ。

しかしそれではあまりにも質素すぎるということで、こんなアレンジ短冊の作りかたを見つけました!

ハートの模様がかわいい短冊です。

七夕短冊の処分方法は?

みんなの大事な願いごとと想いがこもった短冊、七夕が終わったあとはいつもどうやって処分していますか?

普通に捨ててしまうのには、さすがに少し抵抗がありますよね。

しかし取っておくわけにもいかないですし…。どのような処分方法が正しいのでしょうか?

まず短冊を笹から取りはずすタイミングですが、七夕当日7日の夜にはもう外してしまうのが習わしのようです。

そして肝心の処分方法ですが、いちばんご利益にあやかれそうなのは、神社に持って行ってお焚きあげをしてもらうこと。

実際に短冊の飾られている神社などでは、七夕の夜に儀式として短冊を燃やすお焚きあげが行われます。

短冊を炎で燃やすのには、願いごとを炎で浄化させ天まで届けるという意味があります。

そのようすはとても幻想的。近くにお焚きあげを実施している神社があるなら、一度そのようすを見てみるのも良いかもしれません。

神社まで行くのはちょっと大掛かり過ぎるのではという場合は、自宅で短冊を燃やすのもOK。

火の扱いにさえ気をつければ風習としては問題ありませんし、残った灰は土に混ぜても大丈夫です。

それでも火はあまり使いたくないという方は、白い紙に丁寧に包んで普段の燃えるゴミと同じように捨てることをおすすめします。

白い紙には神を超える存在、包むことには浄化するという意味があるので、これなら燃やすことをしなくても大丈夫です。

これがいちばん手軽で、大事に扱ったという気持ちにもなれるので良いでしょう。

最後に

短冊には色のひとつひとつにまで、ちゃんとした意味があったのですね。

叶いやすいお願いごとも短冊の色によって異なるので、確認しておきましょう!

処分方法も燃やすか白い紙に包めば良いと分かったので、今年からは困らずに済みそうです。

関連記事

七夕笹飾りの由来や意味は?保育園でも使えるおりがみでの作り方!

七夕東京都内イベントお祭り2016カップルデートにおすすめ神社!

日本三大花火大会は昔と今で違うの!画像や動画を紹介!

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 七夕