旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

七夕にそうめんを食べるのはなぜ?由来や意味とレシピまとめ!

   

一年の中でも大きな年中行事で、全国各地でお祭りも行われる7月7日の七夕。

七夕といえば短冊にお願いごとを書いて、七夕飾りと一緒に笹に飾る風習がまず思い浮かびます。

では、七夕に食べるものといえば何か、あなたはご存知でしょうか?

それは、そうめん!地域によっては七夕には決まってそうめんを食べるというところもあるそうです(知らなかった…)。

では、なぜ七夕にはそうめんを食べるのか、その理由はいったい何なのでしょうか?

それには、想像していた以上に歴史的ないわれがあったのです。

そこでこの記事では、七夕にそうめんを食べるのはなぜなのか、その由来や意味をまとめました!

そうめんのアレンジレシピもご紹介するので、七夕の日の献立に活用してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

七夕にそうめんを食べるのはなぜ?その由来は?

七夕にそうめんを食べる風習があったのは、なんと平安時代の頃から。その由来はかなり昔の時代にさかのぼります。

そうめんの元になったのは、中国から伝わってきた「索餅(さくべい)」という食べもの。

索餅がどんなものかというと、小麦を縄状に固めたできたお菓子の一種という説がありますが、詳しくは分かっていません。

中国では索餅にまつわる、こんな言い伝えが残されています。

むかしむかし、中国でとある貴族の家の子どもが、7月7日に息を引き取りました。

その子どもは鬼となり、町じゅうに病気を伝染させてしまいます。

子どもは生前に索餅が好物だったということで、町の人たちは鬼に索餅をお供えしてみました。

すると鬼の祟りはすっかり鎮まり、町にはふたたび平和な毎日が訪れたのでした。

この言い伝えが元となり、中国では1年の無病息災を願って、7月7日に索餅を食べる習慣ができたのだそうです。

その習慣が平安時代には日本に伝えられており、宮中の行事として取り入れられています。

そして、やがてその索餅がそうめんへと移り変わってゆき、日本では七夕にそうめんを食べるようになりました。

流しそうめんが天の川に似ているから誰かが流行らせたのかなあと勝手に想像していましたが、こんなに歴史的な由来があったのですね。

七夕にそうめんを食べるのはなぜ?その意味は?

七夕にそうめんを食べる意味のひとつは、由来にもあったように1年の無病息災を願うため。

また、全国乾麺協同組合連合会が7月7日を七夕・そうめんの日と定めており、七夕には全国的にそうめんの販売に力を入れているそうです。

予想はしていましたが、こんな商業的な意味合いもあったのですね。

加えて、七夕は夏バテしがちな季節なので、食欲がなくても食べやすく栄養も豊富なそうめんを食べることで、夏の暑さに負けない体力をつけるためという意味もあります。

これはとても合理的な理由ですね。言い伝えにある無病息災にもつながりそうです。

他にも織姫と彦星の物語から、恋愛運の上昇を期待して食べるという人もいるのだとか。

こんなにいくつもの理由があるなんて、おもしろいですね。

スポンサードリンク

七夕のそうめんレシピまとめ!

由来や意味も分かったところで、七夕の日の献立はもうそうめんで決まりですね。

しかし、いつも通りの何の変哲もないそうめんだと特別感がないので、見た目で天の川を表現した、七夕そうめんのレシピをご紹介します!

可愛いそうめんアレンジレシピ

soumen

引用:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1150009540

材料(2人分)

そうめん:200グラム

卵:2個

ミニトマト:4個

きゅうり:少量

オクラ:2本

ハム:2枚

作り方

1.薄焼き卵を作って、星型で抜く。ハムも同様に星型で抜く。

2.ミニトマトは半分、オクラときゅうりは輪切りにする。

3.そうめんを茹でて冷水で洗い、ひと口大に丸めて盛り付ける。

4.そうめんの上に切った具材を乗せて飾りつければ、できあがり!

盛り付けかたがオシャレで、七夕のパーティーにもぴったりですね。

星型の具材がかわいいです!もともと星型のオクラを使っているのにもセンスを感じます。

織姫&彦星七夕そうめん

soumen2

引用:http://www.recipe-blog.jp/profile/9783/blog/11211707

材料(1人分)

そうめん:50グラム

みょうが:1/2個

かにかまぼこ:1本

大葉:1枚

もろきゅう:1本

かいわれ:少々

うずらの卵:2個

ミニトマト:1個

海苔:少量

卵:少量

作り方

1.卵で薄焼き卵をつくり、うずらの卵は茹でておく。

2.みょうが・大葉・もろきゅうの半分を千切りにする。

3.そうめんを茹でて冷水で洗い、皿に盛り付ける。

4.2の材料と裂いたかにかまぼこ、かいわれを散らす。

5.うずらの卵を頭、もろきゅうの半分とミニトマトを胴体にし、織姫と彦星を作る。

6.海苔で顔を作って、飾りつければできあがり!

卵と野菜でできた、織姫と彦星が可愛いですね!

これならお子さまにも喜ばれること間違いなしです。

最後に

七夕にそうめんを食べる習慣には、こんなに歴史的な由来があったのですね。

夏を健康に過ごすためにも、七夕には是非そうめんを食べましょう!

きれいに飾りつけた七夕アレンジそうめんなら、パーティーにもぴったりですよ。

関連記事

七夕短冊の色に由来や意味は?作り方や願い事の例と処分方法!

仙台七夕祭り2016日程と花火イベントスケジュール!交通規制は?

七夕東京都内イベントお祭り2016カップルデートにおすすめ神社!

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 七夕