旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

狭山市入間川七夕まつり2017の日程と駐車場や交通規制は?

      2017/03/15

織姫と彦星が1年に1度、この日だけ会うことができるという謂われのある行事である七夕。

七夕は一年の中でも大きな伝統行事で、七夕の時期には全国各地で様々なお祭りやイベントが行われます。

特に埼玉県狭山市で毎年行われる入間川七夕まつりは、日本の中でも有数の規模を誇る代表的な七夕のお祭り。

関東三大七夕祭りのうちのひとつにも数えられており、その歴史はあの仙台七夕祭りの次に古いといわれています。

入間川七夕まつりでは大規模な七夕飾りをたくさん見られるのはもちろん、様々なイベントが開催されます。

特に納涼花火大会は七夕まつりの一大イベント。場所取りの争奪戦も行われるほど人気です。

参加してみると、きっといつもとは違った特別な七夕の雰囲気を味わうことができますよ。

そこでこの記事では、2017年の狭山市入間川七夕まつりの日程や駐車場、アクセス、交通規制といった情報をまとめました!

スポンサードリンク

狭山市入間川七夕まつりとは?

狭山市入間川七夕まつりは、埼玉県狭山市で毎年七夕から一ヶ月遅れた8月上旬に行われる、全国的にも有名な七夕のお祭り。

茂原七夕まつりや湘南ひらつか七夕まつりとともに、関東三大七夕祭りのひとつに数えられています。

その歴史の長さは、七夕祭りの規模としては全国でトップクラスである仙台七夕祭りの次に古いといわれるほど。

期間中には毎年40万人の来訪者が訪れ、地元の人々でも観光客でも狭山市がおおいに盛り上がります。

まず見ものなのは、入間川七夕まつりの行われているあいだ狭山市駅の西口にある市民広場から七夕通り商店街にわたって並ぶ、約140本にも及ぶたくさんの七夕飾り。

この一帯の地域は2014年に都市景観大賞都市空間部門で優秀賞を受賞した実績を持っているので、七夕飾りだけでなくその美しい町並みにも注目です。

また、昼間だけでなく夜に幻想的な雰囲気のひと味違う七夕飾りを見るのが、通の楽しみかただとか。

入間川七夕まつりには、納涼花火大会も欠かせません。

約1,500発もの花火が打ち上げられ、会場は熱気に包まれます。

七夕祭りで花火大会を見ることができるなんて、贅沢ですね!

場所取りも大変な人気イベントなので、見逃さないようはやめに会場に到着しておきましょう。

入間川七夕まつりの納涼花火大会の詳細については、こちらの記事をご覧ください。↓

狭山入間川七夕まつり2016納涼花火大会の打ち上げ場所と穴場は?

スポンサードリンク

狭山市入間川七夕まつり2017の日程と時間は?

今年2017年の狭山市入間川七夕まつりの開催日程はまだ発表されていませんが、8月5日(土曜日)、8月6日(日曜日)の2日間と予想されます。

というのも過去には毎年8月6日・7日と日程が定められていたようですが、現在はより多くの観光客に来てもらえるように8月の第1土曜日と日曜日に行われるようになったためです。

今年の開催時間もまだ発表されていませんが、昨年は1日目の土曜日が午前11時から午後9時30分まで、2日目の日曜日が午前11時から午後9時まででした。

納涼花火大会は、1日目土曜日の午後7時30分から、天候のわるい場合は例年2日目日曜日に延期されています。

狭山市入間川七夕まつり2017の駐車場や交通規制とアクセスは?

狭山市入間川七夕まつりへの交通アクセスは、西武新宿線の「狭山市駅」が最寄り駅。

自動車で行かれる場合は、関越自動車道の「川越インターチェンジ」または圏央道「狭山日高インターチェンジ」から近いです。

駐車場は、昨年は昭代橋の近くと市役所の2箇所に臨時のものが用意されていました。

しかし、七夕まつり当日には会場近くの道路は歩行者天国になるので、開催時間中に交通規制が行われます。

そのためスムーズに会場に着きたい場合は、交通機関を利用するのがおすすめです。

また、路線バスや茶の花号もまつり会場を迂回する臨時便の運行となり、普段と停留所の異なる場合があるので注意しましょう。

昨年の交通規制と駐車場の場所は、こちらの地図をご参考ください。

入間川七夕まつり交通規制

引用:https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/mainevent/tanabata/

交通規制や路線バスについての詳細は公式ホームページに載っているので、そちらを確認しておくと良いです。

最後に

七夕飾りも花火大会も見ることができる入間川七夕まつり、七夕がいっそう特別な日になりそうですね。

毎年自宅で短冊を書いて吊るすだけという方も、今年は思い切って出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

 - 関東, 祭り, 七夕