旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

浴衣女性の着付けで最低限必要なものは?おすすめ小物セット一覧

   

浴衣女性

もうすぐお祭りや花火大会がたくさんありますね。

今年、浴衣デビューされる方もいらっしゃることと思います。

最新柄、レトロ、古典と今は可愛いものから綺麗なものまでいろいろな浴衣や帶がありますね。

そろそろ準備しておかないと夏本番はもうすぐです。

そこで今回は浴衣の着付けに最低限必要なものをまとめました。

セットでの販売もされているので便利ですし、一度購入しておけば壊れたり破けたりしないかぎり使うことができます。

ご参考になればと思います。

着付けで必要な物とおすすめの小物セット

浴衣の着付けで最低限必要なもの

◇必要なもの

・浴衣
・帶
・和装ブラジャー
あまりバストが出ないようにおさえる下着です。バストのふくよかな方は必要ですがDカップくらいまでなら普通の下着で大丈夫です。

・浴衣下
浴衣用の下着や肌着です。スリップタイプなどいろいろありますが、浴衣の色が白などで下着が透けてしまうような場合は必要です。それ以外ならキャミソールと短パンなどでも代用できます。タンクトップは襟から見えてしまうかもしれないので避けてくださいね。

・補正用タオル
ウエストのくびれた方は必要です。くびれ具合によってバスタオルかタオルをくびれた部分に巻いて腰紐で結びます。

・衿芯
襟が柔らかい浴衣にはつけた方がしっかりします。襟がしっかりしている浴衣にはつけなくても大丈夫です。

・腰紐 2本(補正用タオルを使う場合は前部で3本)
着物全般に使う普通の紐でももちろん良いのですが、着付けの動画をいろいろ見ていたらゴムタイプのものがあり使いやすそうでしたよ。

・着物ベルト(コーリンベルト)
これはぜひ使ってください。私は去年、ベルトを使わなくて大変でした。着くずれがかなりましになりますし、襟元が綺麗です。

・伊達締め
布のものが一般的なのですが、マジックテープのものが巻いてはるだけなので簡単でおすすめです。

・帯板
動画には載ってないのですが帶がシワにならないように入れるものです。厚紙などでも代用できるのですが、夏に着る浴衣の場合、汗でよれたりするので既製品をおすすめします。

以上が着付けに必要な物になります。

スポンサードリンク

おすすめの小物セット


楽天市場で販売されている小物セットです。

・浴衣用肌着
・前板(帯板)
・着付けベルト(コーリンベルト)
・マジックベルト(伊達締め)
・腰紐2本

以上のものがセットされています。

和装ブラジャーはありませんが、これだけあれば浴衣が着られますよ。
小物セットの詳細はこちら

最後に

いかがでしたでしょうか?

ご参考になりましたか?

初めての方は「難しそう」と感じるかもしれませんが、そんなに難しくないんですよ。

必要な物もだいたい決まっていますし、着方も基本があるので慣れてしまえば何も見なくても着ることができます。

本番当日にあわててしまわないように、事前に練習しておくのも良いですね。

浴衣を着る時の注意点?なのですが、お部屋を寒いくらいに冷やしておいた方が良いですよ!

自分で着る場合も着せてもらう場合も、あっち向いてこっち向いてとちょこちょこ動くんですよ。

結構、暑くなります。

せっかく綺麗に着られても、汗でお化粧が落ちてしまっては、またやり直しで疲れてしまいます。

お気をつけください。

それでは素敵な浴衣美人になれますように。

関連記事

関連記事
浴衣に似合う女性のロングの髪型!簡単ヘアアレンジを動画で解説

浴衣に似合う女性のショートの髪型!簡単ヘアアレンジを動画で解説

浴衣に似合うかわいい簡単メイクの仕方!これであたなも浴衣美人!

浴衣女性の着付け!一人でも簡単かわいい帯の結び方を動画で紹介

日本三大花火大会は昔と今で違う!画像や動画を紹介!

花火大会の来場者数日本一はどこ?人気ランキングトップ10

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 祭り, 花火