旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

大阪城ウォーターパークのチケット料金と場所や駐車場情報!

      2017/05/17

昨年の夏に大阪城に期間限定でウォーターアトラクションが、今年2017年も登場します!

その名も「大阪城ウォーターパーク」。手がけるのは長崎のテーマパーク、ハウステンボスです。

大阪城ウォーターパークにはハウステンボスのプールでも大人気のロングスライダーや、ジャンピングスライダーといったスリル満点のアトラクションが充実。

幼児用のプールもあるので、小さな子どものいる家族連れの方にもおすすめです。

そこでこちらの記事では、大阪城ウォーターパークのチケット料金や開催期間、場所やアクセス、駐車場、混雑予想などといった情報をまとめました!

お得な割引情報、レンタルできるグッズ、スライダーの年齢制限についても調べたので、利用する際にはぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

大阪城ウォーターパークが期間限定で登場!

大阪城公園にある太陽の広場に2017年7月15日(土)から8月31日(木)まで、期間限定のウォーターアトラクション「大阪城ウォーターパーク」がオープンします。

長崎のテーマパークであるハウステンボスによってプロデュースされたこの大阪城ウォーターパークには、ハウステンボスでも大人気のスライダーが登場。

関西最長となる120mもの長さを誇り小さいお子さまも楽しめるウォーターロングスライダーをはじめ、急降下したあと空中へ飛び出すスリル満天のジャンピングスライダー、おなじみのウォータースライダーと種類も豊富です。

今年はさらに、ジェットコースターのような急降下と急上昇を楽しめるブーメランスライダーも新登場!

スライダーのほかにも巨大な3つのプールや小さな子どもも安心の幼児プール、マッピング映像が幻想的なナイトプール、本物の雪が積もっていて真夏なのに雪あそびのできるスノーパークもあります。

お子さまから大人まで大満足の、夏のレジャーにぴったりなスポットとなりそうですね!

大阪城ウォーターパークのチケット料金や割引は?

大阪城ウォーターパークの入場料は以下のとおり。

デイチケット

平日:大人2,000円、子ども1,500円

土日:大人2,200円、子ども1,700円

特定日:大人2,300円、子ども1,800円

ナイトチケット

平日:大人2,500円、子ども2,000円

土日:大人2,700円、子ども2,200円

特定日:大人2,800円、子ども2,300円

特定日は8月11日(金)から8月15日(火)まで、子ども料金の対象になるのは3歳~中学生です。

ウォーターロングスライダーは別料金となり、1回200円・終日500円となります。

前日までに購入すると100円安くチケットが手に入れられるので、予定が決まっているなら早めに買っておくのがおすすめです!

早割りチケットは、公式ホームページからハウステンボスのオンラインショップかローソンチケットで購入することができます。

スポンサードリンク

大阪城ウォーターパークにレンタルグッズや年齢制限はある?

大阪城ウォーターパークでは水着やバスタオル、うきわといったプール用グッズのレンタルが行われています。

手ぶらで行きたいときやうっかり忘れてしまったときには嬉しいですね。

レンタル料金は、水着が大人1,000円・子ども500円、バスタオル200円、スライダー用のうきわが1回200円・1日500円となっています。

ロッカーも有料のもの(1回300円)が設置されるそうです。

※こちらは昨年の情報です。今年のレンタルについては公式ホームページをご覧ください。

スライダーには年齢制限が設けられているものがあり、ジャンピングスライダーブーメランスライダー高校生以上でないと利用できません

またナイトプールへ入場する場合、16歳未満の方には保護者の同伴が必要になるので注意しましょう。

大阪城ウォーターパークの場所やアクセスと駐車場情報!

大阪城ウォーターパークの場所は、大阪城公園内にある大阪城ホール横。

交通アクセスは、JR環状線の「大阪城公園駅」が最寄り駅で、そこから歩いて2分ほどですぐ到着します。

自動車で行く場合は特設駐車場などはないので、大阪城周辺の駐車場を利用することになります。

大阪城公園前と森之宮に大阪城専用駐車場があり、駐車料金はどちらも1時間350円です。

詳しくは大阪城のホームページをご覧ください。

大阪城ウォーターパークの混雑予想!

昨年の大阪城ウォーターパークは、このようにオープン初日から大盛況!

アクセスの良い都会の真ん中にこんな素敵なウォーターアトラクションができたのですから、そりゃあ行きたくなりますよね。

画像を見る限りでは初日はまだギュウギュウで動けないというほどではなさそうですが、これから夏休みやお盆に入ると更に混雑する可能性は大いにあります。

人混みをできるだけ避けたい場合は、7月中旬のうちに早めに遊びに行っておきたいところです。

特に平日の早い時間帯が空いていると予想できるのでおすすめですよ。

最後に

昨年は大河ドラマの真田丸で注目されていた大阪城ですが、今度はウォーターアトラクションで人気になりそうですね。

いろんなウォータースライダーまで体験できちゃうなんてすごいです。

子どもから大人まではしゃげる期間限定スポットの大阪城ウォーターパーク、今年の夏のレジャーはここで決まりですね!

スポンサードリンク

 - 期間限定イベント, アトラクション・テーマパーク, 関西