旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

新幹線チケット台風や雪のキャンセル手数料は?払い戻しの場所を紹介

   

夏の終わりごろから秋にかけて厄介なのが台風ですよね!

また、地方によっては冬には大雪で天候が悪くなったなんてこともあります・・・

こうした予期せぬ悪天候で新幹線の運行中止や遅延が発生したりする場合があります。

前もって新幹線のチケットを予約していた場合、払い戻しをしたいけどキャンセル出来る場所がどこなのかわからないという人もいるのではないでしょうか?

今回は新幹線のチケットをすでに予約しているけどキャンセルする場合の手順やルール・手数料・払い戻しの場所などを紹介していきます。

スポンサードリンク

覚えておきたい新幹線のチケットの払い戻しキャンセルのルール

新幹線 払い戻し

払い戻しの場所は?

払い戻せる場所は、新幹線のチケットをどういった経緯で購入したかで違ってきます。

一般的にはキップの払い戻しは駅の清算所でできます。

キップに(契)の文字が入っているものは旅行プランを契約した旅行会社で払い戻しとなります。

※一部の割引チケットやトクトクキップに関しては購入した窓口のみで払い戻しとなる場合があります。

払い戻しの手数料は?

きっぷの種類 払いもどし条件 手数料
普通乗車券、回数乗車券、急行券、自由席特急券、特定特急券、自由席グリーン券 使用開始前で有効期間内
(前売りの乗車券類については有効期間の開始日前を含みます。)
220円
立席特急券 出発時刻まで 220円
指定席特急券、指定席グリーン券、寝台券、指定席券 列車出発日の2日前まで 330円
出発日の前日から出発時刻まで 30%
ただし最低330円

上記の内容で使用開始前のチケットキャンセル手数料となります。

前もって旅行で新幹線で移動を検討していたが、台風が上陸しそうなのでチケットをキャンセルするといっ他場合は手数料が発生します。

しかし、次に述べる当日列車が運転できない場合や遅延による払い戻しの場合は手数料はかかりませんがルールがあるのでそちらを紹介します。

雪や台風なのど悪天で運行中止や遅延が出た場合の払い戻しのルール

新幹線 払い戻し

乗車する新幹線が2時間以上遅れている場合特急券は全額払い戻しとなります。

また、乗り換え駅で1時間以上待たされるといた状態や2時間以上の遅れが発生しているのが分かったときは乗車した駅まで引き返すと手数料無料で全額払い戻しとなります。

途中まで進んでいるので戻るのはもう良いということであれば、乗車していない区間に関して払い戻しとなります。

ちなみに、電車の遅延で指定席の列車に乗り継ぎが出来なかった場合は後続の列車の指定席に振り替えとなりますが、この列車の指定席が満席だった場合は半額の払い戻しとなります。

特殊な例

  • 車両故障で運転中止となった場合は全額払い戻し
  • 指定席の冷暖房の故障したときは全額払い戻し

電車以外の交通手段との乗り継ぎは払い戻しの補償外となります。

もし航空券やフェリーなどに乗り継ぎ出来なかった場合は列車の遅延証明書をもらい交渉するしかありません。

スポンサードリンク

指定席の特急券を持っている人はキャンセル判断はお早めに!

自由席のチケットのキャンセル手数料は乗車券、特急券ともに220円合計440円で済みますが、指定席の新幹線チケットを持っている人はこうはいきません。

上記でもキャンセル手数料に関してはお伝えしましたが、もう少し詳しく指定席のキャンセル手数料を解説していきます。

指定席のチケットを持っている場合は、出発2日前であれば、乗車券220円特急券330円合計550円の手数料となります。

しかし、出発前日と当日だと乗車券の手数料は変わらないのですが、特急券の手数料が30%とかなり高くなります。

シミュレーションですが、仮に東京から広島間の新幹線チケットを予約していました。

指定席の料金が7620円となっていますのでこの30%で2286円が手数料となります。

2286円と乗車券の220円を合わせて2486円がチケットの払い戻し手数料となります。

 

もし台風が上陸する恐れがあるから旅行の計画を中止にしようということで新幹線の指定席を予約しているなら乗車2日以上前にキャンセルの申し出をしてください。

前日以降だと通常よりも高い手数料を取られることになります。

また、旅行代理店で宿泊と移動のセットプランで予約している場合はキャンセルの際は上記に該当しません。

旅行のプラン事キャンセルなので、キャンセル手数料は代理店によって違ってきます。

プランの契約時の詳細に恐れく記載があると思いますのでそちらをご確認ください。

最後に

事前に新幹線のチケットをキャンセルする場合は2日前までに!

また、覚えておきたいのが私事か運行上の都合で手数料が払うか払わないかということになります。

台風や大雪などでこれから新幹線だけでなく特急列車なども遅延や運行中止となる場合が多いにあります。

そんなときに既に購入しているチケットを払い戻そうとしたときに慌てないようにしたいですね!

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学