旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

スノーボード初心者へ!滑り方を動画で解説!持ち物や服装は?

   

スノーボードを今年こそは始めたいと言う人もいるのではないでえしょうか?

テレビなどでかっこよく滑る姿は憧れるなんて人もいるかもしれませんが、いざ始めると滑り方はどうしたら?となる人もいると思います。

今回はスノーボード初心者の方へゲレンデに行ったあとリフトに乗ったり、簡単なコースを滑る為のコツや注意事項をまとめてみました。

また、どんな服装や持ち物を最低限準備をしないといけないかも紹介していきます!

スポンサードリンク

スノーボードの滑り方で注意した点!

スノーボード

基本姿勢を身につける!

簡単に言えば、膝を曲げて上半身は直立したまま!

中腰になるイメージをもってもらうと分かりやすいです。

自宅での滑り方の練習も出来ますので膝だけ曲げるを意識してみてください。

ポイント

  • 目線はまっすぐ
  • 膝を曲げて腰は曲げない(中腰)
  • 両足に均等に体重を乗せる

バランスの取り方を身につける!

前方に体重をかけるか、後方に体重をかけるかでターンの方向が変わったり、停止する際にも必要なのでまずは重心移動のコツをつかみましょう!

このコツさえつかめば簡単に滑れるようになります。

ポイント
つま先に体重を乗せる・かかとに体重を乗せるの両方を覚えよう!

ボードを付けていきなり練習は感覚をつかみにくいので、自宅で感覚をつかむ練習をしておくと尚いいですよ!

転び方を覚える!

転ぶのかっこ悪いと思わずに、たくさん転んで滑り方を覚えていきましょう!

また、変な転び方は怪我をしやすいので転び方を学ぶのは自身の為となるので必ずマスターしておきましょう。

背中から転ぶ場合

おへそを見ながらしゃがみおしりから倒れます。

間違っても手をつかないようにしましょう!

ひどい場合は骨折・軽症でねん挫になる場合があります。

おなかから転ぶ場合


しゃがみこみ、前方に少し飛びます。

ここでも手をつかないようにしましょう!

また、膝もつかないように軽く曲げます。

ポイント

転ぶときは手の状態を「グー」の状態にしておきましょう!

上級者ほど転び方が上手です。

スケーティングをマスターしよう!

いきなり両足をボードに付けた状態で滑るより片足だけボードに着けた状態の基本動作を覚えましょう!

遠くを見て(目標となる物があればそれを見続ける)、ボードをまっすぐにして少しづつこぎましょう!

ボードにつけていない方の足はボードに着けている足より少し前から少し後ろにこぐイメージです。

ボードを付けている足側の手は進方向へ伸ばしてください。

※リフトの乗り降りの際、移動などに使う基本動作なので覚えておきましょう!

練習する場所は斜度が無く、凹凸が出来るだけ無い平な場所を選んでください。

慣れてきたら、ボードに足を付けていない方をボードに乗せて少し滑ってみてください。

フロントサイドターン・バックサイドターンをマスターしよう!

先ほどの注意点でも述べましたが、ここで重心移動が活きてきます。

つま先に体重をかけるのがフロントサイド

かかとに体重をかけるのがバックサイド

ポイント

  • 曲がる際は頭から曲がるのを意識しましょう!
  • 目線の方向に曲がります。

初心者におすすめの滑り方!

  • サイドスリップ
  • 木の葉おとし

この2つは基本動作となるのでこの2つをマスターするとスキー場のコースほとんどのコースで滑れるようになります。

サイドスリップ

横滑りとも言われている滑り方です。

傾斜が20°ぐらいのところで凸凹があまりない所が最適です。

まずは、滑ることと止まるを意識して自然とコントロール出来るようにしていきます。

後ろを向いて滑るときは、膝とつま先・スネの部分をを意識します。

後ろ向きに滑る場合は、障害物や人がいないかを注意しながら滑るようにしましょう!

ポイント

  • 両足に均等に体重を乗せる。
  • 膝が伸びないように(膝を曲げすぎかなというぐらいまげておく)
  • 目線は遠くに!

木の葉おとし

サイドスリップが出来るようになったら重心移動を加えるだけです。

フロント・バックサイドのところでお話したようにかかととつま先に重心を乗せて曲がる方法です。

ポイント

  • 進みたい方向に目線をやる
  • 進みたい方向に体重を乗せる
  • 進みたい方向の肩を大きく下げる
スポンサードリンク

リフトの乗り方降り方

木の葉おとしまで出来るようになったら初級用のコースで滑るようにしたらどんどん上達していきます。

そこで、今度はリフトの乗り方や降り方についてです。

乗り方ですが、スケーティングで乗車位置まで進みます。

※スケーティングに自信が無い人はスタッフに事前に相談しておくとリフトのスピードを緩めてくれる場合もあります。

次にボードはリフトに対して縦にしたまま待ちます。

ハイバックは折りたたんできリフトには深く腰掛けて、座ったらボードを持ちあげましょう!

降り方は、リフトを押す反動で立ち上がりそのまま進みましょう!

仮にリフトがぶつかっても進行方向へ押してくれるので焦る必要はないです。

後ろ足をボードに乗せて進んでいきましょう!

斜度がついているリフト降り場がほとんどなので無理にスケーティングしないようにしましょうね!

必要な持ち物は?

最低限用意しておきたい持ち物は以下をおすすめします。

  • リフト券入れ
  • インナーウェア上下
  • トレーナーやセーター
  • 長ズボン
  • ネックウォーマー
  • ベルト(レンタル時に大きいサイズの場合必要)
  • 身分証明(レンタル時に必要)
  • ゴーグル(天気が良い日は斜面の照り返しがハンパないのであった方がいいです)
  • 日焼け止め
  • リップクリーム
  • ハンドクリーム
  • ポケットティッシュ
  • 帽子(耳が痛くなるので可能であれば耳が隠れる物)
  • 手袋
  • おしりや膝のパット

服装は?

重ね着でゲレンデの気温に合わせ調節します。

上半身:Tシャツ+長袖Tシャツ+フリース・トレーナー
下半身:パンツ(ショーツ)+レギンス+ジャージなどの動き易いズボン

最初は寒いのですが、滑っている内にかなり汗をかきます。

その為、速乾性のあるインナーを選ぶ必要があります。

また、着替えを何枚か用意しておくといいですね!

最後に

簡単に滑り方を紹介しましたが、どうしても文章だけでは伝わらないので、ゲレンデに行って体験してみるのが一番ですね!

あとは、初心者ばかりでスキー場に出向くよりも経験者が数人いた方が上達も早いです。

自宅でも重心移動の練習は出来るのでつま先とかかとに体重を乗せるやり方のコツをつかんでおくといいですね!

スポンサードリンク

 - スキー・スノーボード, お出かけ前の豆知識・雑学