旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

志賀高原スキー場の宿泊情報!ホテルランキングや口コミ紹介!

   

前回はスキー場の天気や積雪情報・リフトの割引クーポン券のお話を記事にしました。

今回は志賀高原スキー場に宿泊込みで計画を立てている人に参考になればとスキー場周辺の宿泊情報を紹介していきます。

実際に宿泊した人たちの口コミや評価が高いところを選んでランキング形式でまとめていきます。

志賀高原にこの冬出かけるという人は是非是非参考にしてみてください!

スポンサードリンク

志賀高原スキー場のホテル・温泉宿泊情報!

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%80%80%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85

志賀高原は四季折々の楽しみ方が出来る場所で、春には緑や春スキー・夏には避暑地として・秋には紅葉・そして冬にはスキーなどウインタースポーツを楽しめます。

また、高い山々が連なるだけではなく、温泉も良質な物でスキーやスノーボードを楽しんだあとに体のしんから疲れをいやしてくれます。

あくまで、独断と偏見でわたしがランキング付けしていますが、少しでも参考にしてもらえたらと思います。

1位 奥志賀高原ホテル

愛犬と共に宿泊が出来る宿です。

夕食や朝食の食事に関して評価が高く、昨年は総支配人自らお客さんを楽しませようとマジックを披露したり、クリスマスの時期はサンタクロースの恰好をして登場するなどして楽しませてくれました。

朝食に出てくるパンは絶品との口コミが多いので是非食べてみてください。

大浴場では雪の景観を楽しむことが出来ます。

新館より本館だとスキー目的で連泊する人にとっては安く宿泊が出来ますが、建物の作りが昭和感があるので、そちらはご注意を!

また、スキー場オープン時にはスタッフもあたふたしているので若干対応に追われているなと感じる点はありますが値段もお手軽で本格的なフレンチが楽しめるのでおすすめです。

奥志賀高原ホテルの宿泊の詳細はこちら

2位 硯川ホテル

ウインタースポーツとセットで考えるとかなりコスパが良い宿です。

スキー場オープン後は昨年志賀高原全山共通のリフト券とセットで2食付きの格安プランがありました。

良質な温泉に入れて、ゲレンデも近く食事も美味しいし連泊しても安くで泊まれるという口コミが少なくはなかったのでとにかく安くで宿泊したいという人は宿泊を考えても良いです。

外装などは本当に大丈夫かと思うかもしれませんが、館内は掃除が行き届いていてキレイで泊まって良かったという声が多いですよ!

スキー旅行の為にある旅館と言っても過言ではないぐらいのコスパを誇るので検討する余地ありです!

硯川ホテルの宿泊の詳細はこちら

スポンサードリンク

3位 志賀パークホテル

宿泊客以外の来館がほとんどないのでのんびりと過ごせます。

建物や設備等は古いですが、その分館内のスタッフさんたちの接客が凄いです。

時期にもよりますが、スタッフさんたちが頻繁に声をかけてくれたり、こちらからの依頼を迅速に対応してくれるので人とのふれあいを重視している人はここの宿がおすすめです。

志賀パークホテルの宿泊の詳細はこちら

4位 志賀高原オリンピックホテル

どのスキー場に行くにもアクセスが良いホテルです。

道具のレンタルショップもすぐ近くにあるので、かなり便利です。

食事に関しては一般的なバイキング形式ですが、例年その場で調理をしてくれるコーナーがあり夜と朝で作ってくれるメニューあ違います。

焼きたてを食べれるのはうれしい限りです。

また、ここもスタッフさんたちの応対が丁寧で時期にもよると思いますが予約時に要望を伝えると出来る限り要望を汲んでくれます。

志賀高原オリンピックホテルの宿泊の詳細はこちら

5位 志賀高原プリンスホテル

南館に宿泊した際はロッカーとリフトが直結しています。

南館は家族連れが多い印象はありますが西館に関しては特に注意が必要で、コスト削減のせいで宿泊に値しない状態です。

ここの館によってサービス体系が全く違うので宿泊するなら南館がおすすめですよ!

志賀高原プリンスホテルの宿泊施設の詳細はこちら

志賀高原スキー場で車中泊する場合!

志賀高原に車でゲレンデまで行った人で車中泊を検討している人におすすめなな場所は「北信州やまうち」です。

道の駅になりますが、大きな駐車場と近くに温泉もあり、食事も以外に美味しいので一度下山することをおすすめします。

最後に

今回は、志賀高原のスキー場周辺の宿泊情報についてまとめました。

シーズン中は外国人観光客も多くなるので、ある程度のマナーには目をつむりましょう!

せっかくスキーを楽しむなら連泊して足がパンパンになるまで楽しみたいですね!

スポンサードリンク

 - 温泉, スキー・スノーボード, 甲信越