旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

ボジョレーヌーボーの値段の違いが出来る理由!賞味期限はいつまで?

   

ボジョレーヌーボーの解禁日近くになるとそわそわしちゃう人もいるのではないでしょうか?

11月の解禁日が迫ってきていますが、ボジョレーヌーボーでもピンキリの値段で店頭に並んでいるのをご存知だと思います。

何故、ボジョレーヌーボーは値段の違いが出てるくるのでしょうか?

また、解禁日以降はボジョレーヌーボーをいつまでに飲むと美味しく飲めるのかも気になりませんか?

今回は、ボジョレーヌーボーに関する値段や賞味期限などの雑学について調べてみましたので紹介していきます。

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーの解禁日はいつ?

%e3%83%9c%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc

ボジョレーヌーボーの解禁日は毎年実は決まっているんんですよね!

そう!11月の第3木曜日です。

毎年解禁日はいつだったかなと確認しなくてもいいように覚えておくといいですね!

また、ボジョレーヌーボーの解禁日付近になるとメディアで味の出来栄えや評価・キャッチコピーなどが嫌でも目にします。

日本でも解禁日は一種のお祭り騒ぎですが、ここから美味しく飲む為の賞味期限の目安をお伝えしていきます。

ボジョレーヌーボーの賞味期限はいつまで?

%e3%83%9c%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%bc

通常のワインとは違い早く飲むのがおすすめとされているのがボジョレーヌーボーです。

保存状態などにもよりますが、どんなに遅くても3月頃までがピークと言われています。

また、一番良いとされているのは年内に飲み切るのが理想です。

何故通常のワインと比べて賞味期限が短く設定されているのかについてご紹介します。

簡単に言えば、通常のワインと製造工程がちがうからです。

マセラシオン・カルボニック(炭酸ガス浸潤法)でボジョレーヌーボーは作られています。

通常は収穫したぶどうを砕いてブレスしますが、ボジョレーヌーボーでは砕かずに縦型の大きなステンレスタンクに上からどんどん入れていきます。

その為、下のぶどうは重さでつぶれて果汁が出てきて自然に発酵が進みます。

発酵が進むと炭酸ガスが生成されタンク内にガスが充満します。

そして、つぶれていないぶどうの皮からもうまみ成分が出てきます。

この方法で作ったワインは通常よりタンニンが少なく苦味や渋みが少ない円やかなフレッシュな味わいに仕上がります。

通常のワインでは熟成させてから飲むのを推奨していますが、製造方法が違うので新鮮なうちに飲んだ方がおいしいワインなのです。

※ボジョレーヌーボーが毎年騒がれるのは旬があるからだと思っておいてください!

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーの保存方法は?

暗くて涼しい場所に保存することをまず心に止めておいてください。

ワインの保存というのはかなり難しくてとてもじゃないですが、一般的な家庭では完璧な保存が出来ない物と思っておくほうがいいです。

ワインを保存する場所の温度は15℃からプラスマイナス2℃

湿度は70%前後が理想と言われています。

他にも、臭いが強いものと一緒にしないことや可能な限りワインに振動を与えないことなどがあります。

ちなみに冷蔵庫に入れることはあまりおすすめしません。

冷蔵庫の中の物の臭いが移ったり、開閉時の温度変化でワインの状態を悪化させてしまうので気を付けましょう!

どうしてもという場合は、野菜室に飲む直前に時間前に冷やしてから飲んだらおいしくのめますよ。

1回で飲み切れなかった場合は、空気に触れないように密閉することが重要です。

フタ付きの密閉容器や小さな瓶に移し替えて出来るだけ空気にふれさせないようにしましょう!

ボジョレーヌーボーの値段の違いはなぜ起きるのか?

生産者や生産地区・ぶどうの木・畑などの違いによりボジョレーヌーボー自体に味の違いが出てきます。

AOC(原産地呼称統制ワイン)というワインの分類方法によってボジョレーヌーボーは4種類に分類されます。

  • 地方名:ボジョレー
  • 地区名:ボジョレーシュペリュール
  • 村名:ボジョレーヴィラージュ
  • 畑名:クリュボジョレー

以上の4種類の分類分けされ、地方名・地区名・村名・畑名の順番に基準が厳しくなっていき生産地の単位が小さいほど価値あるワインとされています。

また、日本にやってくるまでの輸送コストも関わってきます。

良く言われているのが、ワイン自体よりも入れ物の方が輸送コストが高くワインの値段の半分以上を占めるとも言われています。

その為最近ではペットボトルに入ったボジョレーヌーボーを見かけるようになりました。

あれもワイン自体のコストを下げる為の一つの方法なんでうすよ!

ちなみに、ボジョレーヌーボーを飲んでみたいけどそこまで高価でなくても安くでいいと言う人向けに下記で紹介するお店ならボジョレーヌーボーの種類が安くで購入できます。

  • ドン・キホーテ
  • 西友
  • イオン
  • ローソン
  • ファミリーマート

これらの会社は生産者と直接契約してボジョレーヌーボーを作成してもらっているので値段が安くで販売されています。

ちなみに、高級のボジョレーヌーボーを飲んでみたいと言う人には「ボジョレーヴィラージュ」「クリュボジョレー」をおすすめします。

最後に

簡単にボジョレーヌーボーの値段の違いや賞味期限に関してお伝えしていきました。

通常のワインと違い旬があること!海外からの輸送コストやワインの品質などから値段の差が生まれるんだなと思っておけば大丈夫です!

スポンサードリンク

 - グルメ