旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

龍勢祭り2016駐車場や穴場の場所取りは?あの花も参戦決定!

   

%e9%be%8d%e5%8b%a2%e7%a5%ad%e3%82%8a

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない(あの花)でアニメ10話「花火」にて超平和バスターズが打ち上げ花火を上げました。

そのモデルとなっているお祭りが「龍勢祭り」です。

花火が打ち上げ成功してめんまが成仏するのではと思ったのですが、成仏はしなかったときは少しほっとした自分とじんたんでした。

また、他の人がどうかは知りませんが、わたしはあの花の最終回を見て泣いちゃいました!

余談はさておき、龍勢祭りの2016年度の日程や駐車場情報・観戦する際の穴場の場所取りなどの情報を調べてみました。

あの花のファンは花火が打ち上がる瞬間、アニメの10話のシーンを思い出してみてくださいね!

スポンサードリンク

龍勢祭り2016概要

龍勢祭りは毎年決められた日程で行われます。

毎年10月の第2日曜日これさえ覚えておけば祭りの日程がいつだったか忘れませんね!

ちなみに2016年度は10月9日(日)から開催されます。

時間:8:40から17:00

龍勢祭りで打ち上がる花火は通常の花火と違い、秩父の人たちがロケットの構造をした花火を作っているのです。

歴史も結構深く、関ケ原の戦いまでさかのぼるとのこと・・・

もともとは狼煙として使用されていた農民ロケットを改良して現在の花火の形になったそうです。

また名前の由来ですが、もともとは夜に花火を打ち上げていてその様子が流れ星のようだったことから「流星」へ

そして、ロケットの勢いが空高く昇る龍の様な勢いだったことから「龍勢」という文字に変わったそうです。

現在は27もの花火を作る流派があり、祭り時には30本もの龍勢が打ち上がります。

龍勢祭りとあの花のストーリーが似ている!?

龍勢祭りは伝統ある祭りなのですが、昭和37年から昭和46年までの間祭りが中止となっていました。

理由は職人さんたちが龍勢を作るのが難しくなったからだそうですが、祭りが開催されなくなった期間は地域の活気が無くなっていったと言われています。

そこで、もう一度祭りを行いたいという声が出始めて結果「龍勢保存会」が作られてまた祭りが行われるようになりました。

無理やりかもしれませんが、あの花でも「花火を作ろう」と張り切っていた超平和バスターズでしたが、結局作ることがかなわなかった小学生時代・・・

そして、めんまとの再会をきっかけに超平和バスターズが再結成し、もう一度花火を作るように頑張った姿はどこか似ている様な気がします。

あの花効果で放送後から龍勢祭りの人出が2倍以上に増えました。

聖地巡礼とともにこの祭りを見る人が増えて職人さんたちからしたらよかったのではないでしょうか?

また、あの花のコスプレをする人たちもここ最近見受けられますね!

2016年度もあな花の特別な龍勢が見られます。

毎年あの花の超平和バスターズからゲストとして声優さんたちが駆けつけてくれます。

今年はどの声優さんが駆けつけてくれるのでしょうか?

楽しみですね!

スポンサードリンク

龍勢祭りのアクセスと駐車場情報

椋神社へ向かって行けば会場につきます。

電車の場合

  • 西部鉄道 西部秩父駅から臨時バス「龍勢会館行き」下車徒歩10分
  • 秩父鉄道 皆野駅から臨時バス「龍勢会館行き」下車徒歩10分

※臨時バスは1時間に2本運行されています。

車の場合

秩父みどりが丘工業団地 地区センターをナビで検索してみてください。

駐車場情報

駐車場の記された地図になりますが、例年同じ場所が臨時駐車場として設置されていますので参考にしてみてください。

駐車場マップ

秩父みどりが丘工業団地から無料のシャトルバスが出ています。

車で来ている人は駐車場からシャトルバスに乗って現地に行けます。

ただし、当日人出が10万人以上と言われているので、おすすめの駐車場は

吉田小学校に停めるのがおすすめです。

比較的駐車場が広いことと、会場から近いことがおすすめの理由です。

出来る限り出口に近い場所に停めると祭り終了後に素早く帰れます。

駐車場選びを間違えると帰り際に渋滞に巻き込まれるのでご注意くださいね!

龍勢祭りの穴場はあるの?

穴場を探してみましたが、有力な情報を探しだすことができませんでした。

申し訳ないです。

やはりいい席を確保するには、有料の浅敷席かはたま民間の有料席になりますね!

ちなみに浅敷席は既に完売でキャンセル待ち

浅敷席の問い合わせ先に申し込みが出来ます。

問い合わせ先:0494-77-0333
受付時間:9:00から16:30 火曜日休館日

一応会場からの観戦マップを紹介しておきます。

民間有料席と無料席は当日の先着順で場所取りが可能となります。

例年場所取りは、7時30分頃から埋まっていきます。

無料席は、ずっといる人は少ないので、お昼ぐらいには席が少しづつ空く場合があります。

もし、無料席の確保をしたいということであれば12時以降ぐらいから狙ってみるのも良いかもしれません。

※無料席の場合はレジャーシートや座布団などがあると便利です。

ちなみに、民間有料席は1人1000円で当日販売されています。

指定席ではないので好きな場所に座ることができます。

最後に

あの花のファンも従来の龍勢祭りのファンも一緒になって楽しく盛り上がりたいですね!

遠方からの人は観光もかねてあの花の聖地巡礼をするのもいいかもしれません。

その際は、日帰りよりも宿泊込みで祭りを見るのがいいです。

祭り会場とあの花の聖地が少し離れているのでアクセスに不憫を感じるので・・・

スポンサードリンク

 - 関東