旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

西沢渓谷紅葉の見頃の時期とハイキングコース!服装や混雑情報

      2017/08/06

秋の日本らしい風景といえば、やっぱり紅葉!

全国各地にある紅葉の名所は、毎年見ごろの季節になると多くの観光客で賑わいます。

山梨県にある「西沢渓谷」は、有名な観光地として知られるだけでなく、山梨を代表する人気の紅葉狩りスポットでもあります。

七ツ釜五段の滝をはじめとした数々の滝と紅葉の織り成す風景は絵に描いたように素晴らしいです。

遊歩道が整備されているので、ハイキングをするにもおすすめですよ。

そこでこちらの記事では、西沢渓谷での紅葉の見頃の時期とハイキングに最適なコースや服装、交通アクセスや駐車場、混雑といった情報をまとめました!

紅葉狩りに出かける際には、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

紅葉の名所!西沢渓谷とは

引用:http://www.city.yamanashi.yamanashi.jp/sight/attract/nature/flower/autumn_tint02.html

 

西沢渓谷は山梨県北部にある広瀬ダムの上流、秩父多摩甲斐国立公園内に位置する渓谷。

国内でも有数の渓谷美を誇る景勝地で、首都圏にあり都心からでも気軽に訪れることのできるのが魅力です。

七ツ釜五段の滝をはじめとしたいくつもの滝があり、その風景は日本の自然100選や平成の名水百選などに認定されるほどの美しさ。

ほどんど自然のままの原生林でありながら渓谷に沿って遊歩道も整備されているので、ハイキングをするにもおすすめのスポットです。

そんな西沢渓谷は紅葉の名所としても有名で、秋になるとカエデやミズナラなどといった15種類もの木々が色付くようすを見ることができます。

数々の滝と鮮やかに染まった紅葉が織り成す風流な景色は、まるで絵に描いたよう。一見の価値ありです!

また清流に侵食され荒々しい姿を見せる巨大な花崗岩と紅葉も、またよく合い見事ですよ。

西沢渓谷紅葉狩りにおすすめのハイキングコース!

西沢渓谷にある笛吹川源流に沿って伸びる遊歩道は、紅葉と数々の滝を一緒に楽しむハイキングコースとしてもおすすめ。

こちらではそんなハイキングコースの具体的なルートをご紹介します。

簡単なルートは以下のとおり。所要時間は約4時間ほどです。

西沢渓谷入口バス停→ ネトリ橋分岐→三枝の滝→七ツ釜五段の滝→渓谷歩道終点→大展望台→西沢渓谷入口バス停

まず西沢渓谷入口バス停から平坦な道を歩き、ナレイの滝を右手に見送ると、公衆トイレなどの設備があるネトリ橋分岐地点に着きます。

このネトリ橋を左手に歩き西沢山荘の前に出て更に進んでいくと、吊り橋が見えてきます。

その吊り橋を渡ったところが登山道のはじまり。「西沢渓谷」と書かれた看板が目印です。

そこからしばらく高低のある山道を歩いていき階段を登ったところには滝見台があり、そこからは見どころのひとつである三重の滝の姿が。

名前のとおり三重になっている滝は、小ぶりでありながらとても清らかで風流な景色を見せてくれます。

引用:http://emoken.net/blog2/item_4331.html

 

更に渓谷の道を進んでいくと、人面洞・竜神の滝・貞泉の滝・母胎淵などといった名所が次々と登場。

方丈橋を渡り急な坂を上れば、とうとういちばんの目玉七ツ釜五段の滝に到着です!

5つの滝と7つの滝壺でできていることからその名がついた七ツ釜五段の滝。

とても大きく一望することは難しいので、上流部と下流部それぞれを違う位置から眺める形となります。

雄大な滝を、赤や黄色に染まった多種にわたるカエデの葉が彩る景色は圧巻です。

そのあと長い階段を登れば渓谷道の終点。ここからは尾根道を下っていくことになります。

しばらく下ったところには展望台があり、奥秩父の山々をのぞむ広大な風景を眺めることができます。

そこから更に下れば、ゴール地点の西沢渓谷入口バス停に戻ってきます。

スポンサードリンク

西沢渓谷紅葉の見頃の時期は?

紅葉の名所といえば、気になるのが見ごろの時期。

せっかく紅葉を見に行っても、葉がまだ緑色だったりすでに落ちてしまったりしていたらガッカリですよね。

そうならないように、西沢渓谷での見ごろがいつなのかチェックしておきましょう!

西沢渓谷での紅葉の見ごろの時期は、例年10月中旬から11月上旬までのあいだ。

都心よりも涼しいので、少し早めの時期に葉が色付きはじめます。

都心と同じような感覚で11月の終わりごろに行っても、もう葉が落ちてしまっているかもしれませんね。

また12月1日から4月28日まであたりの冬季は、入山することは禁止されているので注意しましょう。

その年の気候によっても見ごろの時期は微妙にずれるので、随時天気予報などでチェックしておくことをおすすめします。

西沢渓谷紅葉の時期に最適な服装は?

西沢渓谷は遊歩道が整備されていますが、砂利道や岩場などといった凹凸があり、高低差も激しいです。

そのため登山用の服装と靴を着用するのがベストですが、最低でも運動靴またはトレッキングシューズを履くようにしましょう。

また、渓谷の気温は平地より5度から6度ほど低めになります。

普段より温かめの服装を心がけ、温度調節のできる上着を持っていくことをおすすめします。

西沢渓谷へのアクセスや駐車場情報!

西沢渓谷の所在地は、山梨県山梨市三富川浦。

西沢渓谷への公共交通機関でのアクセスは、JR中央本線の「山梨市駅」が最寄り駅で、そこからは西沢渓谷線のバスに乗って行くことになります。

バスの所要時間は約1時間ほど、「西沢渓谷入口」のバス停で下車すればすぐそこです。

1日に4本ほどしか運行していないので、山梨市営バスのホームページで時刻表を確認しておきましょう。

自動車で向かう場合は、中央自動車道の「勝沼IC」で降りてから県道36・213号線を経由して国道140号線に入り、約50分ほどで到着します。

または関越自動車道の「花園IC」で降りてから国道140号線を走るルートもあります。

駐車場は市営のものがあり駐車料金は無料、収容台数は60台です。

山梨市観光協会のホームページにガイドマップが載っているので、参考にすると良いでしょう。

西沢渓谷紅葉の混雑状況!

毎年秋になると観光客がたくさん押し寄せる紅葉の名所。

西沢渓谷でも見ごろの時期である11月、特に連休には遊歩道が大変混雑します。

ハイキングコースには長蛇の列が…。前の人について順番に歩くかたちになるので人混みでギュウギュウになる心配はなさそうですが、歩行者の渋滞が発生してしまいます。

駐車場もいっぱいになり、車を泊められなくなる可能性も。

そこで人混みを避けるためには、朝早い時間帯にでかけるのがおすすめ!

10時あたりにはもう駐車場が満車になってしまうので、9時頃かそれ以前には着いておくほうが良いでしょう。

それでも駐車できるか心配なときは、なるべく公共交通機関を使用するのもひとつの手です。予定に融通が利くなら、もちろん土日祝日よりも平日のほうが人が少なく落ち着いています。

最後に

立派な滝の周辺を紅葉が鮮やかに彩るようすは、まさしく絶景!

混雑していても、一度は行っておく価値ありです。

ハイキング用の服装、バスの時刻表の確認など準備はしっかりしておきましょう!

スポンサードリンク

 - アウトドア, 紅葉, 甲信越