旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

芦ノ湖紅葉状況や見頃とスポットは?渋滞やロープウェイと遊覧船情報

   

秋の日本らしい風景といえば、やっぱり紅葉!

全国各地にある紅葉の名所は、毎年見ごろの季節になると多くの観光客で賑わいます。

関東を代表するリゾート地として知られる箱根の芦ノ湖も、秋になると美しい紅葉を見ることのできる名所のひとつ。

湖の周辺にある木々が鮮やかに色付き、遊覧船から素晴らしい景色を拝むことができます。

駒ケ岳ロープウェイから見る山々の紅葉や、箱根美術館・恩賜箱根公園といったスポットの紅葉も見逃せません。

そこでこちらの記事では、芦ノ湖での紅葉状況や見頃の時期とおすすめスポット、交通アクセスや渋滞、ロープウェイと遊覧船の情報などをまとめました!

葉狩りに出かける際には、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

紅葉の名所!箱根の芦ノ湖とは

紅葉

芦ノ湖(あしのこ)とは、神奈川県の箱根山にある湖のこと。

県内で最大のおおきさを誇る湖で、湖畔には観光地やリゾート施設が充実しています。

また毎年正月に行われる、箱根駅伝の折り返し地点としてもとても有名です。

芦ノ湖では遊覧船が運航されており、船に乗って湖を優雅に散歩するコースが観光客に人気。

箱根関所跡や箱根神社といった、歴史を感じることのできるパワースポットも多くあります。

そんな芦ノ湖では四季折々の風景を楽しむことができ、秋の紅葉スポットとしても有名。

湖の周辺にあるモミジやドウダンツツジといった木々が、見ごろの時期になると鮮やかに染まります。

紅葉を見ながら船旅やリゾート、パワースポットもまわれるなんて贅沢な名所ですね!

芦ノ湖の紅葉スポット紹介!ロープウェイと遊覧船情報

芦ノ湖周辺には見どころがたくさんあるので、どこから見てまわればよいか分からないという方も多いのではないでしょうか?

そこでこちらでは、紅葉狩りの際に特におすすめのスポットをご紹介します!

紅葉と一緒に楽しむにもぴったりの、ロープウェイと遊覧船についての情報もあわせてまとめました。

恩賜箱根公園

芦ノ湖のほとりにある、旧箱根離宮にひろがる公園。

外輪山と芦ノ湖の紅葉を一望でき、天気が良ければ富士山の峰まで拝めます。

公園内にも手入れされた庭園のような、趣のある自然の風景が広がっています。

場所:足柄下郡箱根町元箱根171

駐車場:1時間310円、62台

ホームページはこちら

箱根美術館

強羅公園の隣にある、東洋美術を中心に取り扱う美術館。

四季折々の自然を楽しめる日本庭園が魅力で、特に紅葉の時期には多くの観

光客で賑わいます。

園内には200本以上ものモミジが植えられており、苔庭の緑と紅葉の赤が織り成すコントラストは美しいです。

営業時間:9:30~16:30(12月から3月は16:00)

休館日:毎週木曜日

料金:大人900円、高大生400円、中学生以下無料、シニア700円

場所:神奈川県足柄下郡強羅1300

駐車場:無料 12台

ホームページはこちら

駒ケ岳ロープウェイ

しらび平から千畳敷カールまでのあいだにかけられた山岳ロープウェイ。

ゴンドラ内からは、富士山をはじめ南アルプス連峰や北アルプスなどを一望できます。

空の散歩を楽しみながら見る視界いっぱいにひろがる紅葉は格別ですよ!

営業時間:8:00~15:00(時期により異なる)

料金:片道大人1,210円小人610円、往復大人2,260円小人1,130円

場所:長野県駒ヶ根市赤穂759-489

駐車場:1回600円 350台

ホームページはこちら

芦ノ湖遊覧船

芦ノ湖といえばやはり、遊覧船での船旅は欠かせません!

芦ノ湖の周辺には紅葉が広がっており、きれいな湖と赤や黄色に染まった紅葉の風景を一緒に楽しめますよ。

箱根関所跡港・元箱根港・箱根園港・湖尻港の4つの港から発着しており、行き先を決めて乗る定期航路と箱根関所跡港・元箱根港・箱根園港間を一周して戻ってくる周遊コースがあります。

営業時間:定期航路9:00~16:30(12月からは9:20~16:00)
周遊9:40~15:35(12月からは10:10~15:35)
※発着駅によって異なります

料金(往復):大人1,370円~1,840円、子ども690円~920円

場所:箱根関所跡港)神奈川県足柄下郡箱根町箱根10
元箱根港)神奈川県足柄下郡箱根町元箱根45-3
箱根園港)神奈川県足柄下郡箱根町元箱根138
湖尻港)神奈川県足柄下郡箱根町湖尻110

駐車場:各港にあり

ホームページはこちら

スポンサードリンク

芦ノ湖紅葉の状況や見頃の時期は?

紅葉の名所といえば、気になるのが見ごろの時期。

せっかく紅葉を見に行っても、葉がまだ緑色だったりすでに落ちてしまったりしていたらガッカリですよね。

そうならないように、芦ノ湖での見ごろがいつなのかチェックしておきましょう!

芦ノ湖での紅葉の見ごろの時期は、例年11月上旬から11月中旬までのあいだ。

全国的には少しだけ早めの時期、箱根では最初に芦ノ湖から葉が色付きはじめます。

紅葉スポットによっても微妙に見ごろの時期は異なり、遅めに色付くモミジがメインの箱根美術館では11月中旬から11月下旬にかけて見ごろを迎えます。

またその年の気候によっても見ごろの時期は変わってくるので、随時天気予報などで状況をチェックしておきましょう。

芦ノ湖なびをはじめ、各スポットのホームページでも現在の紅葉の状況が公開されていますよ。

芦ノ湖へのアクセスや紅葉時期の渋滞情報!

芦ノ湖への公共交通機関でのアクセスは、電車と路線バスを使用するかたちになります。

まず東海道新幹線の「小田原駅」から箱根登山鉄道に乗り換えるか、小田急ロマンスカーで最寄駅である「箱根湯本駅」へ向かいましょう。

そこから箱根登山バスや伊豆箱根バスに乗れば、芦ノ湖周辺の各スポットまで行くことができます。

自動車で向かう場合は、東名高速道路の「厚木IC」から小田原厚木道路の「箱根口IC」、箱根新道の「芦ノ湖大観IC」、国道1号線を経由するコースが最速。

関西・東海方面からは東名高速道路の「御殿場IC」または「沼津IC」で降りてから約1時間弱で到着します。

また、紅葉シーズンに名所へ車で向かう際に気になるのは渋滞。

芦ノ湖までのルートも、見ごろの時期には大渋滞に見舞われます。

特に混雑するのは国道1号線で、帰る時間にあたる夕方には、小田原まで2時間以上はかかってしまうそうです。

そのため、渋滞が心配なときはできるだけ国道1号線を避ける迂回ルートを使用すること。

特におすすめなのは、西湘バイパスからTOYOターンパイクを通過していくルートです。

芦ノ湖なびでも複数のルートが紹介されているので、参考にしてみるとよいでしょう。

公共交通機関も紅葉の時期は観光客で混雑するので、少しでも人混みを避けたい場合は平日や朝早くに出かけることをおすすめします。

最後に

リゾート地として名高い箱根の芦ノ湖ですが、紅葉の名所でもあるのですね!

大きな湖と鮮やかな紅葉の織り成す秋の風景は、さぞかし美しいでしょうね。

温泉地でもあるので、紅葉を楽しんだあとには温泉に浸かってゆっくり癒されることもできますよ。

関連記事

那須高原紅葉狩りスポットや見頃の時期は?ロープウェイと渋滞情報

修善寺虹の郷紅葉の見頃やライトアップの時期は?渋滞情報

紅葉狩りの意味や由来とは?紅葉前線2016予想や見頃の時期!

スポンサードリンク

 - 紅葉, 関東