旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

鷲ヶ岳スキー場の天気・積雪情報!リフト券の割引クーポンは?

   

初心者の人におすすめしたいスキー場の一つ「鷲ヶ岳スキー場」。

ここは、キッズパークやお子さんの楽しめる施設も充実していのでお子さんと一緒に雪を楽しんだり、お子さんを預けてゲレンデで親御さんが楽しんだりできちゃいます。

今回は、鷲ヶ岳スキー場の当日の天気・積雪情報やリフト券の割引クーポン情報などについて紹介していきます。

スポンサードリンク

鷲ヶ岳スキー場で滑れる時期はいつ頃から?

 

例年11月上旬からオープンし4月上旬でクローズとなります。

11月からすでにゲレンデに積雪があり早期オープンしているスキー場となります。

ナイター営業も行われているので、鷲ヶ岳スキー場を利用するにあたっておすすめの利用の仕方はオールナイト券のリフト券を購入し楽しむことです。

日中は混雑するので土日しかゲレンデに行けないという人でも夜ならゲレンデは混雑しませんし、リフトに乗るのも待ち時間なしで乗れます。

そして、一滑り終えたら温泉に入ってゲレンデを後にするという感じです。

温泉もオールナイト営業が開始されたら深夜営業も行っているので疲れた身体を癒してみてください。

また、小さなお子さんでも楽しめるようにキッズパークもあり、スキーやボードが出来ないお子さんでも楽しめます。

小さなお子さんでも親御さん同伴でスクールを開講しているのでゲレンデデビューさせてみるのも悪くないですね!

最寄りのICからのアクセスも抜群なのでご家族そろって出かけるにも最適です。

 

鷲ヶ岳スキー場の天気・積雪情報を確認しよう!

鷲ヶ岳スキー場周辺の週間天気と・積雪情報が分かるようになっていますので下記リンクから確認してみてください。

ゲレンデに行ったは良いものの悪天候であまり楽しめなかったということが無いようにお出かけ前に週間天気とゲレンデの積雪情報を確認しておきましょう!

ちなみに、ライブカメラの情報を探してみましたが他のスキー場と違いありませんでした。

お出かけの際はゲレンデの情報は分かりませんが、天気予報やツイッターなどで周辺の情報をチェックするようにした方がいいですね!

スポンサードリンク

鷲ヶ岳スキー場のリフト券割引クーポンは?

 

まだ、リフト券の割引クープン券の情報はないですが、マックアース会員になると提携スキー場のクーポンやシーズン券の情報がゲットできます。

また、リフト券が抽選で当たる可能性もあるので会員登録しておいて損はないですよ!

マックアースの詳細についてはこちら

また、鷲ヶ岳単独のシーズン券を購入した場合は全日券の場合10回以上行く予定のある人ならお得です。

もし色々なゲレンデに滑りに行く予定のある人はマックアースの提携しているスキー場共通のシーズン券を購入した方が良い場合もあります。

下記ゲレンデにも足を運ぶよという人は共通券の購入も考えてもいいかもしれませんね!

・スノークルーズオーンズ【北海道】

・ ピリカスキー場【北海道】

・ 猪苗代スキー場【福島県】

・ 箕輪スキー場【福島県】

・ 沼尻スキー場【福島県】

・ 会津高原高畑スキー場【福島県】

・ 会津高原南郷スキー場【福島県】

・ 神立高原スキー場【新潟県】

・ 黒姫高原スノーパーク【長野県】

・ 斑尾高原スキー場【長野県】

・ Mt.KOSHA X−JAM高井富士【長野県】

・ Mt.KOSHAよませ温泉スキー場【長野県】

・ 信州菅平高原パインビーク【長野県】

・ 白馬さのさかスキー場【長野県】

・ ヤナバスノーパーク【長野県】

・ Mt.乗鞍スノーリゾート【長野県】

・ エコーバレースキー場【長野県】

・ 信州松本 野麦峠スキー場【長野県】

・ おんたけ2240【長野県】

・ チャオ御岳スノーリゾート【岐阜県】

・ ダイナランド【岐阜県】

・ 高鷲スノーパーク【岐阜県】

・ ひるがの高原スキー場【岐阜県】

・ 箱館山スキー場【滋賀県】

・ 国境高原スノーパーク【滋賀県】

・ ばんしゅう戸倉スノーパーク【兵庫県】

・ ちくさ高原スキー場【兵庫県】

・ 氷ノ山国際スキー場【兵庫県】

・ おじろスキー場【兵庫県】

・ 神鍋高原万場スキー場【兵庫県】

・ 奥神鍋スキー場【兵庫県】

・ ユートピアサイオト【広島県】

・ 芸北国際【広島県】

・井川スキー場腕山【徳島県】

最後に

鷲ヶ岳スキー場の天気・積雪情報・リフト券の割引クーポンに関してまとめてみました。

ゲレンデの最大滑走距離が長くコース幅も広いので初心者の人にも安心して滑ることが出来るのではないでしょうか?

キッズパークや子ども用の施設も充実しているのでお子さんを預けて楽しむことも出来る上に、お子さんと一緒に雪で遊ぶことも可能となっています。

スポンサードリンク

 - スキー・スノーボード, 東海