旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

忘年会幹事の挨拶例文と進行の順番は?ご厚志と寸志の違いを紹介!

   

幹事さんは忘年会が無事終わるまで心中穏やかではないという人も少なくは無いと思います。

何かと忘年会の準備に追われる日々を過ごす人もいるかもしれませんが、当日の挨拶や進行に関してここにも気配りが出来るか出来ないかで、幹事役を任せた人の印象もガラッと変わってしまいます。

そこで、挨拶に関して進行役の人は順番を知っておくことでこいつ出来るなと社内評価も良くなるかもしれませんので最低限のマナーを事前に勉強しておきましょう!

また、飲み会の場でよくあるご厚志と寸志の違いも紹介していきます。

スポンサードリンク

忘年会の基本的な流れと挨拶の順番を知っておこう!

%e5%bf%98%e5%b9%b4%e4%bc%9a

  1. )幹事もしくは司会進行役の挨拶・開宴の挨拶
  2. )はじめの挨拶
  3. )乾杯の音頭
  4. )締めの挨拶

1)幹事もしくは司会進行役の挨拶・開宴の挨拶

ここでのポイントは簡潔に話すのが良いです。

軽い自己紹介と短めの挨拶が無難です。

参加者の全員一致する思いは「早く乾杯して飲みたい。」これに尽きると思います。

そのため、長々と話す必要はないです。

例文)

時間となりましたのでこれより、〇年度の忘年会をはじめます。

本日司会進行を勤めさせて頂く幹事の◯◯と申します。

どうぞよろしくお願いします。

今年もさまざまなことがありましたが、この忘年会で楽しく飲んで食べて今年の苦労を忘れたいと思います。

それでは、まずはじめに〇〇社長(当日参加する一番上役の名前)、ひとことご挨拶をいただきます。

〇〇社長よろしくお願いいたします。

※幹事は表に出続ける必要はないのであらかじめお願いしていた人にバトンタッチしましょう。

2)はじめの挨拶

幹事の挨拶が終わったら次に参加者の中で一番上役にお願いしましょう。

ここでも可能な限り話が長くならないように工夫が必要です。

社長や部長にお願いするので話が長くならないように短めにしてもらうように依頼しましょう。

事前にお願いするのがマナーですが、依頼する際に「5分ぐらいでお願いします。」とお願いしておくと尚良いですね。

※挨拶をしてくれた人に感謝の言葉を言うのを忘れずに!

例文)

〇〇社長、ありがとうございました。

皆様お待ちかねの乾杯に移りたいと思います。

皆さんグラスの準備はよろしいでしょうか?

乾杯の音頭は〇〇長お願いします。

と言って乾杯の音頭に移ると自然ですね!

3)乾杯の音頭

乾杯の音頭を依頼するのは三番目に役職の高い人へお願いしましょう。

社員一同を労う言葉や新年に向けての言葉を添えてもらうようにお願いするとその後の飲み会の雰囲気が違ってきますの。

※乾杯の挨拶をお願いする人は会社の雰囲気を察して選ぶ必要ありますが、あえて威勢の良い若手社員にお願いしたり、2)のはじめの挨拶の流れで社長や部長にそのままお願いしてもいいです。

余興が始まり、楽しい会食の時間は過ぎていき宴会の締めへと進んでいきます。

会食のスタートの前に一声発することもお忘れなく。

例文)

ありがとうございました。

それではご歓談と食事の時間です。

本日は、皆様に楽しんでもらえるように余興も準備しております。

後ほど紹介させていただきますが、まずはお食事とお酒をお楽しみください。

少し時間を置いて余興をはじめるさいの一声。

例文)

皆様お楽しみのところですがこれより余興に移りたいと思います。

毎年恒例の○○を行いたと思います。

それでは始めさせていただきます。

余興締めの際の一声。

例文)

ありがとうございました。

以上で余興を締めさせていただきます。

楽しんでいただけたでしょうか?ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

まだまだ料理もお酒もありますので時間いっぱいまでおくつろぎください。

4)締めの挨拶

最後は二番目に役職の高い人に締めてもらいましょう。

はじめの挨拶同様に長くならないようにお願いしておく必要があります。

それと合わせて手締めの音頭(一本締めや三本締め)もお任せするようにしておきましょう。

例文)

皆さん楽しんでまいりました今年度の忘年会も残念ながらお開きの時間となりました。

最後は、一本締めでお開きさせていただきます。

皆様、どうぞご起立ください。

締めの音頭は〇〇さんにお願いいたします。

(締めの音頭が終わったら)以上で忘年会をお開きとさせていただきます。

皆様ありがとうございました。

お忘れ物に注意してお帰りください。

尚、二次会を○○で予約しておりますので余力のある方はぜひご参加ください。

スポンサードリンク

ご厚志と寸志の違いは?

%e3%81%94%e5%8e%9a%e5%bf%97

ちなみに読み方は「ご厚志(ごこうし)」となります。

意味は全く同じものになります。

ただ、言葉を使う人に違いがあります。

寸志は主賓が使用する言葉です。

逆に幹事がご厚志を受け取った場合に参加者に紹介する場合は「寸志」という言葉を使うのはNGです。

「〇〇さんからご厚志をいただきました」と紹介するのがマナーです。

受け取った側がご厚志を寸志と言ってはいけないです。

ご厚志披露のタイミングは?

タイミングはどこでも問題ないのですが、自然と言えるタイミングがあるのが幹事の挨拶の時ですね!

複数人いる場合は位の高い人から紹介しましょう。

例文)

本日はお忙しい中、忘年会に参加いただきましてありがとうございます。

宴会に先立ちまして、頂いているご厚志を披露させていただきます。

◯◯様、◯◯様・・ありがとうございました。

それでは忘年会を開始したいと思います。

最後に

当日の幹事の進行役によってその後の評価も大きく変わってくる可能性もあります。

幹事を任された限りは出来る限りスマートに出来るやつと思われるように努力してみてください。

関連記事

忘年会・新年会の盛り上がる余興や出し物・ゲーム一覧

忘年会・新年会の案内状文例!社内メールで出欠確認のテンプレート

スポンサードリンク

 - 忘年会・新年会, お出かけ前の豆知識・雑学