旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

長崎稲佐山【夜景】アクセス行き方!ロープウェイの最終時間や料金は?

   

%e7%a8%b2%e4%bd%90%e5%b1%b1%e3%80%80%e5%a4%9c%e6%99%af

長崎の観光名所の1つに稲佐山があります。

ここから見る景色は、世界新三大夜景にえらばれた長崎の美しい夜景を眺望できます。

稲佐山からの夜景が見たい!と思っていても、山頂の展望台はどうやって行けばいいの?きれいに見える時間帯はいつ?と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたのために、稲佐山の展望台への行き方、美しい夜景を見るベストな時間帯、ロープウェイへのアクセス方法から時刻表&料金までご紹介します。

スポンサードリンク

稲佐山展望台へのアクセス方法は?

引用元:http://ms-cache.walkerplus.com/walkertouch/wtd/images/l/25342.jpg

◇自家用車の場合

稲佐山の展望台付近には30分100円の有料駐車場がありますが、駐車スペースが約40台と限られております。

満車の場合は、中腹の無料駐車場へと誘導され、そこから20分おきに出る無料のシャトルバスを利用しなければなりません。

土日と連休中は有料駐車場の利用制限がかかり、夕方6時から夜の10時30分までタクシーとマイクロバスしか利用できません。

◇路線バスの場合

長崎バスの「稲佐山」と書いてあるバスに乗り、稲佐山停留所で下車します。

バス停から展望台までは徒歩で行くか、近くの無料シャトルバスのり場まで歩いて乗りに行くかのどちらです。

◇タクシーの場合

稲佐山展望台の近くの駐車場まで乗せて行ってもらえます。

交渉次第では、帰りも迎えに来てくれるかもしれません。

◇ロープウェイの場合

稲佐山のふもとにある淵神社前に乗り場がありますので、そこから展望台の近くの停留所で下りて徒歩で展望台へと向かいます。

稲佐山展望台で夜景が見られる時間、ベストな時間は?

引用元:http://img01.noramba.net/usr/n/i/w/niwakajigemon/LR-3908-3.jpg

◇夜景が見られる時間は?

夕方6時30分から夜が明けるまで見ることができます。

ただし、ロープウェイや路線バスの最終便が行ってしまった後は、タクシーや自家用車と限られてしまいます。

◇きれいな夜景が見られる時間帯は?

季節によって日没の時間が変わりますが、夕方6時半ごろから夜の9時頃までに展望台へ着くときれいな夜景が見られます。

なぜその時間かというと、暗くなったときのビルや店舗のイルミネーションや家の明かりがあってこその夜景です。

あまり遅い時間に行っても、明かりが付いていなければきれいな夜景とは言えません。
混雑回避のためにも、早めの到着をおすすめします。

スポンサードリンク

稲佐山ロープウェイへのアクセス、時刻表&料金は?

引用元:http://www.at-nagasaki.jp/image.php?w=628&h=406&f=/db_img/cl_img/115/BDE816D8CEEC26022BBBBA1B4DC3280F.jpg

◇稲佐山ロープウェイ乗り場へ行くには

(1)自家用車で行く

・ロープウェイの乗客の専用駐車場がありますが、駐車スペースが10台と大変少ないです。
・近隣に有料駐車場がありますが、数が限られています。

時間次第では満車になるので空いている駐車場を探し回ることになりますよと、親切なロープウェイの管理事務所の方が教えてくれました。

(2)路線バスで行く

・長崎バスの3、4番系の下大橋、小江原ニュータウン、相川行きのいずれかに乗り、ロープウェイ前のバス停で下車します。

(3)無料の循環バスを使う

長崎市内の主要観光ホテル経由で、夜の7時から一日4本、無料の循環バスが出ています。

このバスは長崎駅前でも停車しますので、宿泊しているホテルが停車対象外だった場合はぜひ活用してください。
だだし、無料の循環バスは、事前に整理券を入手して予約をしておかないと乗車できないので注意しましょう。
長崎駅前で乗車したい方は、JR長崎駅の改札口ひだり側にある「長崎市総合観光案内所」で入手できます。

◇ロープウェイの時刻表&料金は?

(1)ロープウェイの時刻表

ロープウェイにはなんと!時刻表がありません。

そのかわり朝9時から夕方6時までは20分間隔で、夕方6時から夜10時までは15分間隔で運行しています。
時間を気にしなくても、タイミングがよかったらすんなり乗れますし、利用者が多い時間帯にあたると30分待ちになることもあります。
ランタンフェスティバルや長崎くんち期間中は特に混雑するので、1時間待ちになることもあります。
下山の最終便が夜の10時なので、往復券を購入した方は乗り遅れにご注意ください。

(2)ロープウェイの利用料金

  • 大人     (往復)1,230円、(片道)720円
  • 中高生    (往復) 920円、(片道)510円
  • 中学生・幼児 (往復) 610円、(片道)410円

行きも帰りも利用したい方は、往復券がお得です。

(3)もっとお得に利用できる方法はないの?

JR長崎の改札口ひだりにある「長崎市総合観光案内所」で前売り乗車券を購入すると、2割引の価格で入手できます。

長崎駅前の無料シャトルバスを利用する方は、あわせて購入しましょう。

(4)ロープウェイを利用するときに注意することは?

乗車するときの注意は特にありませんが、毎年12月の上旬ごろに定期点検があります。
この期間は、無料の循環バスのサービスも中止となるのでご注意ください。
12月に展望台へ行こうと計画している方は、事前にロープウェイ管理事務所へお問い合わせください。

  • 一般財団法人長崎ロープウェイ・水族館
  • 電話:095-861-6321
  • ホームページの新着情報でも確認できます。

公式サイトはこちら

最後に

稲佐山展望所へ行く方法は、たくさんあるようで意外と限られています。
今回ご紹介したのとは別に、長崎バスが主催する夜景見学ツアーもあります。

こちらは期間限定なので、旅行を計画されたときに一緒に予約することをおすすめします。
地元の人だけが知っている、裏稲佐山の話です。

夜景はもちろんきれいなのですが、日没ごろの市街地の反対を見てみてください。

晴れた日の夕方は、夜景に負けないくらい、美しい風景が望めます。

市街地の夜景が人工的な美しさなら、裏稲佐山は自然の美しさを感じることができます。
混雑に巻き込まれないためにも、早めの行動をおすすめします。

スポンサードリンク

 - 九州