旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

雲仙地獄めぐりの所要時間や入場料金は?アクセスや駐車場を紹介

   

 

引用元:http://img.4travel.jp/img/tcs/t/album/500/10/86/76/500_10867677.jpg?1395226982

 

雲仙地獄めぐりは、長崎県島原半島の雲仙温泉街の中にあります。

歴史は古く、江戸時代末期には英国商館たちが避暑地として訪れ、また日本で初めての国立公園に指定された場所でもあります。

そんな歴史ある雲仙地獄を訪れてみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなあなたのために、雲仙地獄めぐりの所要時間や雲仙地獄の入場料金をご紹介します。

また、雲仙地獄めぐりのアクセスや、駐車場も合わせてご紹介します。

スポンサードリンク

雲仙地獄めぐりの所要時間は?

 

引用元:http://shimaumaclub.sakura.ne.jp/sblo_files/viajar/image/E99BB2E4BB99E59CB0E78D84-thumbnail2.jpg

 

雲仙の地獄めぐりは、西側と東側にわかれており、大小合わせて30ヵ所あまりのポイントがあり、所要時間は50分から1時間くらいを目安にしてください。

観光手段は徒歩のみですが、遊歩道が整備してあるので歩きやすいです。

雲仙地獄は、雲仙温泉のメイン観光地で、噴気孔より毎日大量の水蒸気と地獄温泉がわき出ており、硫黄の強い香りと、グツグツと沸く温泉の音が地獄を連想させます。

雲仙地獄めぐりの入場料は?

引用元:http://tomocchi.nagasaki-tabinet.com/wp-content/uploads/2016/08/IMG_1457.jpg

 

雲仙地獄めぐりは、入場無料です。

入場料が無料なので、雲仙地獄で蒸したあつあつの温泉卵を食べてみてはいかかでしょうか。

地獄めぐりコースの途中にある「雲仙地獄茶屋」で、1個100円、5個で400円購入できます。

地元サイダーの雲仙「レモネード」も販売してあり、こちらは1本200円です。

雲仙地獄めぐりへのアクセスは?

 

引用元:http://img01.yoka-yoka.jp/usr/n/i/s/nishitetsu4/20160508046.jpg

 

交通手段は限られていますが、一本道なので比較的迷うことなくたどり着けます。

◇車で行く場合

・長崎方面より

国道34号線から矢上大橋を通り、国道251号線を「愛野展望台前交差点」から右折し、国道57号線の千々石方面へ進みます。

そのまま国道57号線を進み、雲仙市小浜町の「雲仙西登山入口」の交差点を左折し、雲仙道路を20分ほど走ると、雲仙の温泉街に到着します。

・諫早方面より

国道57号線を道なりに進み、雲仙市小浜町の「雲仙西登山入口」の交差点を左折し、国道57号線の雲仙道路を20分ほど走ると、雲仙の温泉街に到着します。

◇バスで行く場合

・長崎方面から

長崎駅前にある長崎県営バスターミナルより、平日3便、土曜日祝日は4便の直行便が出ています。

長崎県営バス、時刻表・運賃表の詳細はこちら

・諫早方面から

諫早駅前にある諫早バスターミナルより、島鉄バスが1時間に1本のペースで運行しています。

島鉄バス、時刻表・運賃表の詳細はこちら

◇長崎空港から行く場合

長崎空港から雲仙行の直行便はありません。
一度諫早駅前ターミナルまで移動して、そのあとに諫早方面から島鉄バスを利用するルートと同じです。

スポンサードリンク

雲仙地獄めぐりの駐車場は?

引用元:http://www.unzen.org/access/img/tab2_img3.jpg

駐車場は、場所によっては雲仙地獄めぐりのコースから少し離れた所もあるので、足が悪い人や年配の方と一緒の場合は注意が必要です。

◇第一駐車場

国道57号線を小浜町方面から入って一番初めにある駐車場です。

場所は、グリーンテラス雲仙の目の前で、小浜消防署雲仙分駐所の横にあります。

・駐車料金 500円

・収容台数 17台

◇第二駐車場

第一駐車場の先にある駐車場です。

国道57号線を、ゆやど雲仙新湯さん方向へすすみ、左折した先の突き当たりにあります。

・駐車料金 普通車 500円

・収容台数 33台

◇第三駐車場

雲仙地獄のすぐそばにある駐車場です。

国道57号線を雲仙温泉街の中心部方面へ進み、九州ホテルさんの少し先にあります。

・駐車料金 500円

・収容台数 18台

◇雲仙温泉神社駐車場

国道57号線、第三駐車場を通り過ぎ、雲仙富貴屋さんの少し先にあります。

入口に駐車場の看板があるのでわかりやすいです。

・駐車料金 500円

・収容台数 21台

◇第五駐車場

国道57号線を雲仙温泉街の中心部方面へ進むと、左側に島鉄バスの営業所があり、その先が駐車場です。

地獄めぐりの後に、温泉街を散策するのにちょうどいい駐車場です。

・駐車料金 500円

・収容台数 33台

◇第四駐車場

雲仙地獄からかなり離れた場所にあるのでかなり歩きますが、そのぶん駐車場代が割安になっています。

国道57号線を雲仙温泉街の中心部を通り、ホテル東洋館さんの隣にあります。

・駐車料金 300円

・収容台数 95台

・営業時間  9:00から17:00まで

・7/1から11/30は、11:00から9:00まで。

最後に

雲仙地獄めぐりの場所は、長崎県下でも有名な温泉地でもあり、もともとは温泉とかいて「うんぜん」と呼んでいたとされています。

季節により風景がかわり、その景色を楽しみながら温泉目当てにいらっしゃる観光客も多いです。

地獄めぐりだけでもよいですが、せっかくなので日帰り温泉も楽しんでみてはいかがでしょうか。

各ホテルで入浴のみの利用もできますので、雲仙の温泉も堪能してみてください。

関連記事

ハウステンボスの営業時間や最寄り駅のアクセス紹介!入場料金の割引は?

長崎稲佐山【夜景】アクセス行き方!ロープウェイの最終時間や料金は?

グラバー園入場料金や割引クーポンは?駐車場やお土産のおすすめ一覧

長崎バイオパークの営業時間やアクセス紹介!割引クーポンは?

スポンサードリンク

 - 九州