旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

コミックマーケット(冬コミ)一般参加者の持ち物リスト&服装は?

   

コミケ

もうすぐ冬コミの時期となりますね!毎年12月29日・30日・31日の3日間東京ビックサイトで行われる世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット」一大イベントに今年初参戦する初心者の人もいると思います。

夏コミは暑さとの闘いですが、冬コミとなると今度は寒さとの闘いになりますね!

海の近くにで行われる為、待機時間の防寒対策なども考慮しなくてはいけません。

その為、開場するまでの間にあれば便利な持ち物や服装などを一般参加する人におすすめしたいリストをまとめてみました。

スポンサードリンク

コミックマーケットの持ち物リスト

冬コミ 持ち物リスト

冬コミに必須の持ち物は?

  • お金
  • 配置図
  • チェックリスト
  • 紙袋orトートバック
  • タオル
  • 携帯食料
  • カイロ
  • 切符orSuicaなど
  • クリアファイル
  • 筆記用具

順を追って解説していきます。

まずお金です。

個人サークルなら500円玉と100円玉の用意をしておき、企業になると1000円札を用意しておくと会場内であまり時間をかけずにお会計を済ませれます。

小銭用とお札用に分けてお金を準備するといいですね!

 

次に配置図やチェックリストですが、事前に行動計画を立てた物を分かりやすく色を付けたり付箋をしたりして当日時間を有効に活用する為に必須です。

水に濡れて文字が読めなくなった時用に予備を用意しておくことをおすすめします。

 

紙袋やトートバックですが用意しておかないと帰りの電車などで周囲の視線が冷たいというか痛いです。

可能なら雨を防げて耐久性に優れた物を用意した方がいいです。

 

タオルは汗を拭いたり紙袋の持ちて部分に手の負担を軽減する為に使用・雨から守るなど用途は色々なのであって損はないです。

 

食事に関しては会場内でも販売されているのですが、時間が惜しいという人はあらかじめカロリーメイトやウィダーインゼリーなどを用意しておくことをおすすめします。

水も忘れずに用意しておきましょう!

 

カイロに関しては開場までの待機している時に寒い為必須です。

東京の12月末の平均気温が10℃前後で低いと3℃まで下がるのでないと困ります。

開場後は会場内が暑くなるのでその時はいらなくなるかもしれません。

 

コミックマーケットの帰り道は混雑が予想されるのであらかじめ帰りの切符を購入しておくか、Suicaなどにチャージしておくことをおすすめします。

 

せっかく苦労してゲットしたチラシ類や本などが折れるのを防止するためにA4サイズの物を用意しておけばほとんどの物に対応できます。

輪ゴムは配布用のポスターを巻くのに使えたり、バラバラになった雑誌類をまとめたりと使い勝手がいいので場所は取らないので複数個用意しておくといいですよ!

あると便利な持ち物一覧

  • 着替え
  • 救急用具
  • 名刺
  • 差し入れ
  • スケッチブック
  • デジカメ
  • 雨具
  • 折りたたみ椅子
  • 暇つぶしアイテム

差し入れですが冬場なので温かい飲み物等にするか、サークルによってはサイトに好きな物の掲載などをしているのでそれを持っていくのもありですね!

スケブを断るサークルもいるので事前にチェックしておくといいですね!

OKでも無理な注文は避けるようにしましょう!

デジカメにおいてはコスプレイヤーの撮影をする人は持っていっておくといいですね!

その際のマナーとしてレイヤーさんに一声かけてから撮影する・無断撮影はしないようにしましょうね!

 

折りたたみ椅子に関しては開場前の待機中に使用します。

無くても困りませんがあると待機時間の疲労感が全然違いますのでおすすめです。

スポンサードリンク

冬コミの服装でおすすめは?

冬コミ 服装

防寒対策をしっかりしないと待機組はかなりつらいですね!

冬コミでオススメの服装を簡単にまとめると以下のようになります。

  • ヒートテックの長袖(ユニクロのヒートテック9分袖など)
  • ヒートテックのタイツ(ユニクロのヒートテックタイツなど)
  • 暖かい厚手の靴下
  • ダウンジャケット(もしくは”軽い”コートなど)
  • マフラー(もしくはストール)
  • 手袋(スマホ対応)
  • ニットの帽子

わたしは暑がりなのでヒートテックの長袖ではなく半袖を冬場はきますが、同じように暑がりの人は長袖を避けるのも無難です。

最後に

例年冬のコミックマーケットに参戦している人にとっては当たり前の情報かもしれませんが、初心者の一般参加者の人にとってはどうしていいものだろうと悩むところだと思います。

簡単にまとめると、服装は寒さをしのげたら自分のスタイルに合った物を着て、持ち物に関しては荷物になり過ぎず必要最低限におさえておくことが重要です。

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 期間限定イベント