旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

伊勢神宮の初詣2018近鉄割引きっぷの購入方法や使い方は?

      2017/10/10

前回は伊勢神宮の初詣で混雑状況やおかげ横丁の営業時間・お参りの作法などを紹介しました。

今回は名古屋や大阪方面から近鉄を使い伊勢神宮で初詣を済ませるという人向けに例年好評の割引きっぷの情報をまとめていきます。

割引きっぷの購入方法や使い方・もし予定が入り伊勢神宮に参拝できなくなったという場合の払い戻し方法などを紹介しています。

スポンサードリンク

※こちらは昨年の情報です。今年の正確な情報は公式サイトをご覧ください。

伊勢神宮の初詣2018近鉄割引きっぷの購入方法と値段一覧

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

販売場所:近鉄の特急券販売駅・近畿日本ツーリスト・JTB・日本旅行各グループ・農協観光の主要支店

ご利用期間:2016年12月30日から2017年1月31日
※上記の期間中に利用開始日から連続3日間利用可能となります。

料金は昨年の物です。

まだ発売期間などの詳細が明らかではないのですが、例年11月の中旬から12月31日までの発売となっています。

名古屋方面の料金

適用区間
近鉄名古屋~賢島

フリー区間
松坂~賢島間の乗降自由

料金
大人 4700円
子ども 2350円
往復特急券つき

大阪方面の料金

適用区間
大阪難波~賢島

フリー区間
松坂~賢島間の乗降自由

料金
大人 5200円
子ども 2600円
往復特急券つき

阪神からの値段

適用区間
阪神線(神戸高速線を除く)
近鉄大阪難波~松坂駅、松坂駅~賢島駅

フリー区間
松坂~賢島間の乗降自由

料金
大人 5700円
子ども 2900円

スポンサードリンク

初詣割引きっぷの使い方!

近鉄の改札を通る時に係の人にハンコを切符に押してもらいその日から3日間フリー区間は電車が乗り放題となります。

使用期間が限られていて例年年末の30日から利用が可能となり、1月31日までが利用可能な期間です。

事前に切符を購入しておいてもこの使用期間内に利用できない場合は無効となりますのでご注意ください。

初詣割引きっぷの払い戻し方法

きっぷの払い戻しですが、必ず手数料が発生します。

払い戻し方法は、乗車券が未使用に限り300円の手数料を払うことで可能です。

ただし、初詣割引きっぷの購入したお店での払い戻しとなるので旅行代理店で購入した場合は近鉄の主要な駅では取り扱いできないのでご注意ください。

初詣割引きっぷの特典

新年を迎えた干支の置物が記念としてもらえます。

添付されているハガキに応募すると抽選でお年玉プレゼントがもらえるチャンスがあります。

観光施設の割引があります。

例年下記観光スポットが割引となります。

  • せんぐう館(伊勢神宮外宮) 大人100円割引
  • 神宮徴古館・農業館、神宮美術館 大人200円割引
  • 伊勢・安土桃山文化村 通行手形:大人390円割引
  • 二見シーパラダイス 大人420円割引
  • 志摩スペイン村パルケエスパーニャ パスポート:大人950円割引
  • ホテル近鉄 アクアヴィラ伊勢志摩 アクアパレス(日帰り) 大人300円割引
  • 志摩マリンランド 大人390円割引
  • 賢島エスパーニャクルーズ 大人100円割引
  • 鳥羽水族館 大人100円割引
  • ミキモト真珠島 大人200円割引
  • 鳥羽湾めぐりとイルカ島 大人100円割引

最後に

電車のアクセスだけでもお得ですが、新年の干支の置物を貰うこともできるので伊勢神宮に初詣に行くという人は割引きっぷの購入をおすすめします。

関連記事

伊勢神宮の初詣の混雑やおかげ横丁の営業時間は?参り方を紹介

スポンサードリンク

 - 旅行