旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

クリスマスソング定番の邦楽・洋楽ランキング!歌詞やピアノ楽譜

   

秋も終盤に近付き、テレビではクリスマスソングの流れるような季節になりましたね。

今年のクリスマスには自宅や会場で、xmasパーティーをしようと考えている方もいらっしゃるかと思います。

そんなときにクリスマスソングをBGMで流せば、パーティー気分は倍増!

パーティーの催しの一貫で、みんなで歌ったりピアノの演奏で披露したりするのも良いですね。

でも、どんなクリスマスソングを選ぼうか迷っちゃう…という方も多いのでは。

そこでこちらの記事では、クリスマスソング定番の邦楽・洋楽を個人的なランキング形式でご紹介します!

英語・和訳の歌詞やピアノ楽譜の情報も一緒にまとめたので、パーティーをする際にはぜひ活用してください。

スポンサードリンク

クリスマスソング定番の洋楽ランキング!

1.マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」

軽快なリズムと明るいメロディーラインで、パーティーを盛り上げるのにぴったりのクリスマスソング。

街角やお店で流れていることも多く、この曲が聞こえてくるとそろそろクリスマスだなーと実感しますよね。

こちらは元々ドラマ「29才のクリスマス」の主題歌として発表された曲で、『プレゼントはいらない、サンタクロースに運んできて欲しいのは恋人だけ』という想いを歌っています。

当時はこの切ない歌詞が特に若い女性達の心に響き、大ヒットしたそうです。

軽快な楽曲そのもののイメージとはちょっとギャップがありますね。

英語・和訳の歌詞はこちら

「恋人たちのクリスマス」の掲載されたピアノ楽譜はこちら

2.ワム「ラストクリスマス」

クリスマスが近付くと、テレビのCMなどでよく耳にするようになるワムの「ラストクリスマス」。

この曲はタイトルの通り「去年のクリスマス」の、失恋について歌っているしんみりとした内容と曲調です。

それにも関わらず明るいイメージのクリスマスを象徴した歌として定着しているのは、それほど人気があるということなのでしょうね。

テンションの上がる曲の多いクリスマスソングですが、たまには落ち着いた曲でしっとりした気分に浸ってみてはいかがでしょうか。

英語・和訳の歌詞はこちら

「ラストクリスマス」を収録したピアノ楽譜はこちら

3.ジミー・ボイド「ママがサンタにキッスした」

こちらも時期になると街角でよく聴くクリスマスソングですね。

オリジナルはジミー・ボイドが歌っていますが、現在はたくさんのアーティストによってカバーされています。

特にジャクソン5によるボーイソプラノがまぶしい歌声は、馴染みがあるのではないでしょうか。

お母さんがサンタクロースにキスをしたところを子供が目撃するという歌詞の内容もかわいらしくて、子供のクリスマスパーティーなどには特にぴったりです。

英語・和訳の歌詞はこちら

「ママがサンタにキッスした」を収録したピアノ楽譜はこちら

4.ジョン・レノン「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」

発売当時に起こっていた、ベトナム戦争に対する反戦のメッセージが込められたクリスマスソング。

この特別な意味の込められたクリスマスソングは、発売から1年遅れてイギリスで大ヒットし、ジョンがこの世を去ったあとも広く知られ続けることとなりました。

優しいメロディーやコーラスは、神聖なクリスマスの雰囲気にぴったり。

この曲を聴きながらクリスマスを楽しむだけでなく、平和な世界を願うのも意義がありますね。

英語・和訳の歌詞はこちら

「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」ピアノ楽譜はこちら

5.ビング・クロスビー「ホワイト・クリスマス」

古くから歌われてきた、歴史ある有名なクリスマスソング。

ミュージカル映画「ホワイト・クリスマス」の主題歌にもなっています。

ゆったりしたメロディーは、その場をしんみりと落ち着いた雰囲気にしてくれます。

大人なクリスマスパーティーにも合いそうな曲ですね。

英語・和訳の歌詞はこちら

「ホワイト・クリスマス」ピアノ楽譜はこちら

スポンサードリンク

クリスマスソング定番の邦楽ランキング!

1.山下達郎「クリスマス・イブ」

クリスマスソングといえば、多くの人がまずこの曲を思い浮かべるのではないでしょうか。

伸びやかなメロディラインに乗せられた切ない歌詞は、今でも人々の心を動かしています。

しかし意外と発売当初はそこまで有名にはならず、CMに起用されてから知名度が一気に広まったそうです。

クリスマスのイベントではこれを流しておけば、まず間違いはなさそうですね。

歌詞はこちら

「クリスマス・イブ」を収録したピアノ楽譜はこちら

2.松任谷由実「恋人がサンタクロース」

「クリスマス・イブ」と同じくらい、邦楽のクリスマスソングとして定着しているのが「恋人がサンタクロース」。

松任谷由実さんの代表曲のなかでも、最も有名なもののひとつとしても知られています。

内容は乙女チックな歌詞にキュンときてしまう、クリスマスのラブソング。

この曲の影響で、クリスマスがカップルのイベントとして定着したとすら言われるほどです。

歌詞はこちら

「恋人がサンタクロース」を収録したピアノ楽譜はこちら

3.稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」

こちらもクリスマスソングとして、馴染みの深い方が多いのではないでしょうか。

しかし歌詞は倦怠期の恋人同士がクリスマスまで距離を置くという、意外とシビアな内容です。

発売当時はテレビドラマ「ホームワーク」の主題歌として起用されていました。

稲垣潤一さんの最大ヒット曲としても知られる、有名なクリスマスソングです。

歌詞はこちら

「クリスマスキャロルの頃には」を収録したピアノ楽譜はこちら

4.B'z「いつかのメリークリスマス」

B'zには珍しい、しんみりとした曲調が特徴的なクリスマスソング。

広く知られていますが、実はミニアルバムに収録されている曲でシングルカットはされていないのだそうです。

それなのにクリスマスソングの代表として、B'zファン以外にも人気があるのはすごいことですよね。

歌詞はこちら

「いつかのメリークリスマス」を収録したピアノ楽譜はこちら

5.広瀬香美「Dear..again」

冬の女王という異名を持つことで有名な、広瀬香美さんによるクリスマスソング。

スポーツ用品のコマーシャルソングとして使われ、クリスマスだけでなく冬をイメージした曲として有名になりました。

冬をイメージしたものがたくさんある広瀬香美さんの曲の中でも、クリスマスという単語が歌詞に入っているため、特にクリスマスソングとして定着したそうです。

歌詞はこちら

「Dear..again」を収録したピアノ伴奏楽譜はこちら

最後に

どれもクリスマスの時期に1回は耳にするような、有名な曲ばかりですね。

クリスマスソングを聴いているだけで、気分もすっかりクリスマスに染まってきちゃいました!

意外なメッセージの込められたクリスマスソングも多いので、この機会にじっくり聴いてみてはいかがでしょうか?

関連記事

クリスマスホームパーティーこどもの喜ぶ企画やプレゼント紹介!

クリスマスツリーとオーナメント飾りの手作りアイデアや折り紙まとめ!

クリスマスメニューに人気の定番料理は?簡単手作りレシピ紹介!

クリスマスの手作りお菓子やクッキー・デザート簡単レシピ紹介!

スポンサードリンク

 - クリスマス, お出かけ前の豆知識・雑学