旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

佐川美術館ダンボールアート遊園地の口コミや前売り券とアクセス情報!

   

わたしたちの身近にあって、生活のなかでよく利用しているダンボール。

そんなダンボールを使った驚きの作品たちが展示される「ダンボールアート遊園地」が、滋賀県守山市の佐川美術館で開催されます。

作品は動いたり乗れたり実際に触れて遊べるものばかりで、その名のとおり展示場が遊園地になったよう。

特に子どもたちには大喜びされるイベントとなっています。

そこでこちらの記事では、佐川美術館で開催されるダンボールアート遊園地の口コミ、開催期間・時間や料金、交通アクセスといった情報をまとめました!

前売り券は販売されるかどうかなども調べたので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

佐川美術館でダンボールアート遊園地を開催!

TVチャンピオンのダンボールアート王選手権で準優勝した経歴を持つクリエイターの岡村剛一郎さんが監修し、全国各地で開催されている「ダンボールアート遊園地」。

そんなダンボールアート遊園地が、滋賀県守山市の佐川美術館にもやって来ます!

ダンボールアート遊園地では、わたしたちの身近なところにあるダンボールという素材を使った様々な作品が登場。

オブジェなどの展示物はもちろん、巨大な迷路に動くSLやメリーゴーランド、20人もの子どもが乗ることのできる海賊船まで、実際に触れて体験し遊ぶことのできるものもたくさんあります。

これこそ頑丈な素材であるダンボールだからこそ成せる業。お子さまに大喜びされそうな展覧会ですね!

またダンボールは100パーセントリサイクルができ、環境に優しいのも魅力です。

地球にやさしく子どもにうれしい展覧会、特にお子様連れのファミリーにおすすめのイベントです!

ダンボールアート遊園地の口コミ!

滋賀だけでなくこれまでも全国各地で開催され、特にお子さま連れの方から大好評のダンボールアート遊園地。

口コミもブログなどにたくさん掲載されていたので、その一部をご紹介します。

これ、全部ダンボール製! 大人が見上げるほどの大きさです。思ったより本格的でかなり見ごたえアリでした♪

引用:http://blog.nisimino.com/?p=1275

掲載されている画像を拝見すると、確かに大きくて迫力満点!

まるで自分が小人になったような気分になれそうです。

子供たちは汗びっしょりになりながら、楽しんでいました。ダンボールという身近なものが、遊び道具に変身しており、とても楽しい時間が過ごせました。

引用:http://www.jalan.net/kankou/spt_42201ae3302020825/kuchikomi/0000991303/

やっぱりお子さまにとっては絶好の遊び場のようですね。

子どもが楽しんでいる姿を見ていると、大人の私たちも一緒に遊びたくなちゃいます!

入口からダンボールになっている!

ここを通って中へ入ります。

通るとダンボールの香りがするんです(笑)

引用:http://4travel.jp/travelogue/10920975

普段は何気なく使っているダンボールですが、独特の香りなどもありますよね。

見るだけでなくにおいやさわり心地でも、五感でダンボールという素材を楽しめます。

スポンサードリンク

佐川美術館ダンボールアート遊園地の開催期間と時間は?

佐川美術館ダンボールアート遊園地の開催期間は、2016年12月17日(土)から翌年の2017年2月12日(日)まで

約3ヶ月間という長期にわたって開催されるので、好きなときに見に行けますね。

ただ、毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)は休館日となるので注意しましょう。

開館時間は、午前9時30分から午後5時まで(最終入館は4時30分まで)です。

佐川美術館ダンボールアート遊園地の料金!前売り券はある?

佐川美術館の入館料は、一般が1,000円で高校生・大学生が600円、中学生以下は無料となります。

前売り券などが販売されている情報は、開催期間直前となる現在でも見つかりませんでした。

他の開催地では販売されていたこともありましたが、佐川美術館では取り扱われないみたいですね。

もし新情報があれば佐川美術館のホームページで公開されると思われるので、そちらを随時チェックしておきましょう。

佐川美術館へのアクセス情報!

佐川美術館の住所は、滋賀県守山市水保町北川2891。

交通アクセスはJR琵琶湖線の「守山駅」が最寄り駅で、そこから近江鉄道バスに30分ほど乗り「佐川美術館前」で下車すればすぐです。

JR湖西線の「堅田駅」から出ている江若交通バスでも行くこともできます。

自動車で向かう場合は、名神高速の「瀬田西IC」から湖周道路を経由、または西大津バイパス湖西道路の「真野IC」から琵琶湖大橋を経由するルートが近いです。

駐車場は美術館に完備されており、入館したときは利用料金が無料となります。

最後に

ダンボールでできた乗り物や迷路を見ていると、大人の私も遊びたくなってきてしましました。

それぐらい大人が見ても感動してワクワクさせられるような作品ばかりですよ!

休日や冬休みには、ぜひお子さまを連れて訪れてみてください。

関連記事

関西イルミネーション2016ランキング!クリスマスにおすすめ穴場

USJクリスマス2016混雑予想やチケット情報!イベントやグッズは?

クリスマスホームパーティーこどもの喜ぶ企画やプレゼント紹介!

クリスマスプレゼント子供2歳~4歳幼児女の子男の子別人気ランキング!

スポンサードリンク

 - 期間限定イベント, 美術展, 関西