旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

サンタの由来と七面鳥を食べる理由は?日本だけのクリスマスの習慣

   

毎年「クリスマス」この時期がやってくると楽しみな人・ひがむ人・なんとも思わない人色々いるかと思います。

何気なくクリスマスを過ごしていたのですが、ふと気になった習慣があります。

クリスマスはキリストの誕生を祝う日だというのは知っているのですが、一体いつからサンタは登場したのか?何故七面鳥を食べる習慣ができたのか?

世界で行われるクリスマスですが意外に知られていない日本だけの習慣があるみたですので紹介していきます。

スポンサードリンク

日本にクリスマスが広まったのはいつから?

クリスマス

1552年で山口県でキリスト教信者と宣教師で降誕祭のミサを行ったのが初めとされています。

そのごキリスト教を禁止され200年以上もの間、隠れキリシタン以外でクリスマスの行事を行うことは無かったみたいです。

日本で本格的にクリスマスが受け入れられたのが、1900年から明治屋というお店が銀座にオープンしたのがきっかけでクリスマス商戦が始まりました。

大正時代には児童・少女向け雑誌で12月の表紙にはクリスマスにまつわる挿絵が使用されるようになりました。

昭和に入るとサンタクロースの存在が子どもに認知されるまでクリスマス行事は普及しました。

日本だけのクリスマスの習慣?

日本だけ

1)クリスマスにチキンを食べる習慣

クリスマスにチキンを食べるようになった由来は、1974年に日本のケンタッキーフライドチキンが始めた習慣だったのです!

海外ではケンタッキーはファストフード扱いな為ごちそうのイメージを持たれないそうです。

キリスト教の間では七面鳥を丸焼きにして食べるのが通常です。

2)恋人や友人と過ごす

日本では一般的にクリスマスは家族より恋人や友人と過ごす方が多いのに対して、ヨーロッパやアメリカではクリスマスは家族と過ごすのが一般的らしいです。
逆にお正月は日本では家族で過ごす方が多いですが、アメリカでは恋人や友人と過ごす方が多いとのことです。

3)クリスマスプレゼントは1人1個

一般的に日本ではサンタさんからクリスマスプレゼントを1個貰うのに対して、アメリカの子どもは複数のプレゼントを貰うのが通常です。

スポンサードリンク

サンタさんの由来は?

クリスマス

サンタクロースの由来ですが、なんととある人物の名前がある地方の英語圏でなまって「サンタクロース」になりました。

その人物が誰かというと、「聖ニコラウス」という司教さんの名前がオランダ人がアメリカへ持ち込んだ際になまって「シンタクラース」→「サンタクロース」になったそうです。

「聖ニコラウス司教」は莫大な財産を持っていて貧しい人に対して金貨を分け与えたり贈り物を与えたとされている人です。

ある貧しい家庭でお金に大変困っていた為、長女を身売りしないといけない状況になったそうです。

それを聞いた、ニコラウスさんは家の煙突に向かって金貨を投げ入れたそうです。

これがきっかけで長女は身売りされずに済み、姉妹みなニコラウスの金貨によって身売りされずに済みました。

その金貨がちょうど暖炉そばにあった靴下の中へ入ったことで現在のサンタクロースが煙突から入り、靴下にプレゼントを入れる習慣が生まれたという由来説があります!

サンタクロースの服が赤い理由は?

アメリカにて人気イラストレーター「トーマス・ナスト氏」によってサンタクロースのイメージを作り上げられました。

この時のサンタは茶色のコートを着た背丈は小さい丸々太ったニコニコ顔のサンタクロースが誕生しました。

赤色の服に変わり私達が知るサンタクロース像が出来たのが1931年の出来事でした。

コカ・コーラ社の依頼を受けた「ハッドン・サンドブロム氏」は赤い服のサンタクロースを描きました。

このサンタクロースが世界的に人気になり現在の赤い服を着たサンタクロースの誕生となります。

クリスマスに七面鳥を食べるようになった由来は?

アメリカ建国時代の苦労をしのび、感謝祭やクリスマスに食べるごちそうとして振舞われていました。

クリスマスに七面鳥を食べる習慣はアメリカからヨーロッパに逆輸入されました。

最後に

七面鳥は高価な物なので日本ではケンタッキーの企業戦略の末チキンが食べられるようになりました。

サンタさんに関しては赤い服のイメージはコカコーラの企業の戦略だったのかと知ると、私達が普段一般的になっている行事のイメージは企業が作り挙げている可能性が高いですね!

スポンサードリンク

 - クリスマス, お出かけ前の豆知識・雑学