旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

ナゴヤドームの最寄り駅や駐車場は?ライブ・コンサートの座席表一覧

   

引用元:http://blog-imgs-53.fc2.com/y/u/r/yuri8chami/fc2blog_20121214125659ace.jpg

 

プロ野球がシーズンオフの間も、イベントなどで年間を通してたくさんの人が訪れるナゴヤドーム。

名古屋のことはよく知らなくてもドームツアーなどが開催される一都市としてご存知のかたも多いでしょう。

かつては自分の住んでいる街に大好きなアーティストが来ると知るとなんとかチケットを取って会いに行こうと必死になったものですが、今ではツアーが行われるなら全国どこでも会いに行く!!という熱狂的なファンもたくさんいますね。

県外から来る人も多い場所なので車をどこに停めたらいいのかなど分からないこともたくさんあると思います。

また、チケットは取れたけどどのあたりなんだろう?という方のために、ナゴヤドームの席配置や過去にあったステージのパターンをご紹介します。

ぜひ自分の席を探すヒントにして下さい。

スポンサードリンク

ナゴヤドームの最寄り駅

引用元:http://www.nagoya-dome.co.jp/enjoy/images/access_railway.gif

 

◇ナゴヤドーム前矢田駅(地下鉄名城線・ゆとりーとライン)

その名の通り、ナゴヤドームから一番近い駅です。

駅からは連絡通路が通っており、出口を出るともうナゴヤドームはどーんと目の前にそびえ立っています。

イベント前後は駅周辺が混雑しますが、初めて来る場合やあまり歩かないほうがいいという人にはこちらを利用するのが便利。

◇大曽根駅

JR・名鉄を利用する場合は大曽根駅が最寄りになります。

地下鉄に乗り換えてナゴヤドーム前矢田に行くこともできますが一駅なので歩いても15分程度。

イベント時ナゴヤドーム前矢田駅よりは混雑しないため、体力に余裕があり交通費を浮かせたい人には大曽根駅から歩いて行くのがおすすめ。

◇名古屋駅からの行き方

1・地下鉄を利用してナゴヤドーム前矢田駅まで

・東山線経由の場合

名古屋駅から東山線(藤が丘行)に乗り2駅・栄で降りる。

栄から名城線(右回り)に乗り換え8駅・ナゴヤドーム前矢田で下車。

・桜通線経由の場合

名古屋駅から桜通線(徳重行)に乗り3駅・久屋大通で降りる。

久屋大通から名城線(右回り)に乗り換え7駅・ナゴヤドーム前矢田まで。

※新幹線で名古屋に来る場合、改札から近い桜通線経由が便利です。

※右回り方面のホームからは市役所・平安通・大曽根方面と大曽根行きがありますが、大曽根行きに乗ってしまうとナゴヤドーム前矢田までは行かないので注意。

2・JR, 名鉄を利用して大曽根駅まで

・JR中央本線または名鉄瀬戸線を利用して名古屋から大曽根まで一本で行くことができます。

ナゴヤドーム周辺の駐車場

◇メッツ大曽根立体駐車場

1・収容台数:平面・立体駐車場あわせて544台

2・営業時間:7:00〜23:00

3・利用料金:30分250円

4・最大料金 屋上 平日 500円 土日祝 700円
3,4F 平日 800円 土日祝 1,000円

5・ナゴヤドームまでの所要時間:徒歩15分

◇名古屋市大曽根駐車場

1・収容台数:146台

2・営業時間:6:30〜25:00(25:00〜翌6:30は夜間料金)

3・利用料金:普通料金 20分100円 夜間料金 1回500円

4・最大料金:1日1,200円

5・ナゴヤドームまでの所要時間:徒歩20分

◇タイムズ砂田橋ショッピングセンター

1・収容台数:320台(入庫可能サイズ 高さ2.1m×長さ5.0m×幅1.9m)

2・営業時間:24時間営業(入出庫可能時間 5:30〜22:00)

3・利用料金:30分250円

4・最大料金:1日600円 ※特定日は最大料金適用なし

5・ナゴヤドームまでの所要時間:徒歩15分

スポンサードリンク

ライブ・コンサートの座席表一覧

◇ナゴヤドームの席配置

引用元:http://lovevnt.com/wp-content/uploads/2016/08/nagoyahl_stand_zaseki_02.jpg

 

ナゴヤドームは野球場のため、スタンド席はホームから外野方向に向かって左が三塁側(レフト、R)・右が一塁側(ライト、L)となっています。

ステージは大型スクリーンのある外野方向に設置されることが多いです。

試合が行われるグラウンド上に椅子が置かれた席がアリーナ席、観客席がスタンド席と呼ばれ、スタンド席は1階から5階まであります。

アリーナはアルファベットと数字でブロック分けされ、スタンドは列・席番号で席の位置を表示しています。

◇一般的なステージ構成

引用元:http://zasekihyou-arena.com/wp-content/uploads/2014/05/nagoyadome2.gif

 

1・アリーナ席

外野側にステージがあり、最前列左側からA1,A2と表記され縦6ブロック(A〜F)・横16ブロックで構成されるのが基本となります。

1つのブロックは横に1~12席、縦に15列の計180席からなるのが一般的です。

アリーナ席のチケットには、「○ゲート アリーナ ○ブロック ○番」というように座席番号がふられているため、これを知っておくと自分の席をすぐに見つけられると思います。

アリーナ席は平面のため後ろに行けば行くほどアーティストからは遠くなり見えづらくなります。

一般的にはA〜Cぐらいまでが良い席で、D以降はメインステージが見えづらいと言われています。

2・スタンド席

スタンド席のチケットには「○ゲート or ○塁側 ○通路 ○列 ○番」という座席番号が書かれています。

ゲートは1〜8まであり、自分の席から1番近いゲートの番号が書かれています。

通路番号は1塁側スタンド(R側)が、ホーム側から外野に向けて11〜28通路(1F〜3F)・5階はホーム側から51〜61通路となっています。

3塁側スタンド(L側)はホーム側から31〜48通路(1F〜3F)・5階はホーム側から71〜81通路と番号が振られています。

列数は1階スタンド:1~24列、2階スタンド:25~34列、3階スタンド:35~47列、5階スタンド:51~61列となります。

座席番号は1塁側・3塁側ともにホーム側から1番〜100番〜200番と続き、20席ごとに通路を挟みます。

◇さまざまな形のステージ構成

ナゴヤドーム コンサート・ライブ座席表

 

 

ステージ構成はアーティストによって変わる場合があります。

1・花道やバックステージがあるパターン

メインステージ中央(または両端)から花道が出ていたり、メインステージの反対側にもバックステージがある配置です。

これによりアリーナの両端や後方の席でもアーティストを間近で見ることができます。

最近のコンサートでは嵐やSMAP、関ジャニ∞やBIG BANGなどがこの形でしたね。

後方ブロックや端になってしまったけどいざライブに行ったら、自分の席の近くに花道やバックステージがあってラッキー!なんてこともあるかもしません。

2・中央にセンターステージがあるパターン

アリーナ席中央にステージがある配置です。

アーティストを360度の角度から見ることができるので、アリーナのどのブロックからでも同じ距離で見られます。

この形はダンスやパフォーマンスを行うアーティストのコンサートに多く、EXILEや三代目J Soul Brothersなどのライブではセンターステージの外周にさらに花道があるパターンが使われたことも。

通路が増える分席数は減りますが、参加できたファンにとってはありがたい良席の多いライブになりますね。

最後に

いかがでしたか?

約4万人収容のナゴヤドームで自分の席を見つけるのは至難の技。

ましてイベントの時は人も多く移動も大変なので、事前にしっかりチェックしておきたいですね。

ステージの構成・座席は各アーティストやその年によってかなり変わることがあります。

ご紹介したパターンは過去の一例になりますが、チケット販売時にその詳細も掲載されることが多いのでそちらも確認してください。

また前方の席でないとアーティストを肉眼で見ることは難しいので、双眼鏡は忘れずに持っていくことをおすすめします。

関連記事

名古屋駅からナゴヤドームへのアクセス行き方!所要時間や料金一覧

スポンサードリンク

 - 東海