旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

髪の毛の静電気の発生原因は?対策や対処方法・グッズを紹介

   

パチッ!パチッ!と嫌な季節がやってまいりました。
そう…「静電気」です。

冬になると何を触ってもパチッ!
誰かと腕が触れただけでパチッ!
愛犬を撫でようとしただけでパチッ!

火花で燃えちゃうんじゃないかって思うほどパチパチして痛いこと痛いこと。

特に髪の毛です。
ボワ~とふくらんでまとまりづらくありませんか?

まとまらない上に、私はこの季節になると、後頭部の生え際に毛玉ができます(涙)

そこで今回は、その困った髪の毛の静電気について調べてみました。

そう言えば愛犬も毛むくじゃら…
愛くるしい毛むくじゃらたちとの静電気も何とかなるかもしれません。

スポンサードリンク

髪の毛の静電気の発生原因とその対策

髪の毛の静電気の発生原因

私たちが困っている静電気、その大きな原因は「摩擦」です。

小学校の頃に下敷きと下敷きをこすり合わせて、その間のモワ~とした感覚を楽しんだりしませんでしたか?

そのモワ~とした感覚が「摩擦電気」と呼ばれるもので、静電気です。

髪の毛は、一日中24時間、それこそ寝ている時も摩擦のおきている場所です。
その上、ブラシでとかしたりしなくちゃいけないので、ますます摩擦がおきてしまします。

そのため、髪の毛には静電気が常におこり、またため込んでしまう場所と言うことになります。

もう一つの原因は「乾燥」です。

乾燥すると静電気がおこりやすくなります。
逆に言えば静電気がひどい場合は、髪の毛が傷んで乾燥しているかもしれないと言うことです。

静電気の予防と対処

◇ブラシを変える

プラスチックのものを使ってらっしゃる方も多いと思いますが、プラスチックだと静電気がおきやすくなります。

なるべく天然素材のもの、木のくしや、柄が木製で獣毛のものなどを使うと、かなり静電気をおさえることができます。

◇乾燥を防ぐ

乾燥すると静電気がおきやすくなります。

部屋は加湿器などを使い、湿度を40%~60%を保つように心がけましょう。

体の内からも大切です。

冬場は夏と違いあまり水分を摂りません。
そのため、体自体が乾燥しがちです。
適度な水分補給を心がけてください。

◇髪のケアも大切

髪の毛が乾燥しないように、また傷まないためにも、洗い流さないトリートメントやオイルなどがお勧めです。

どちらも、濡れた髪の毛にしか使えないものがありますが、乾いた髪の毛にも使えるものをひとつ用意しておけば、出かける前にも使えて便利です。

スポンサードリンク

静電気がおきてしまったら

予防に、乾いた髪の毛にも使えるトリートメントやオイルを塗ると書きましたが、パチパチするのを感じた時でも効果的です。

乾燥させないことが大切です。

あとひとつ、冬場にハンドクリームを持ち歩いている方も多いと思います。

手を洗った後や乾燥が気になった時などに、ハンドクリームを塗りますよね。その手で髪の毛を軽くとかします。

それだけで乾燥をおさえることができます。

この時、乾燥がひどいからと言って、ハンドクリームをたっぷり塗った手で念入りにとかすと、ベタベタとして重い感じになってしまうのでお気をつけください。

最後に

いかがでしたか?

冬場に起こる静電気は本当に嫌なもの。
何をしてもパチパチしてしまいます。

それを完全に予防することは難しいかもしれませんが、予防することである程度はおさえることができます。

日々の水分補給を忘れずに体の乾燥を防いだり、加湿器で部屋の湿度を保つ。

髪の毛が乾燥しないように、洗い流さないトリートメントやオイルなどを塗ってケアする。

外出時のケアとして、トリートメントやオイルを小さなボトルに移し替えて持ち歩くのも良いですね。

ハンドクリームも忘れずに。

まだ冬は始まったばかりです。
しっかり予防をして快適に過ごしたいものですね。

関連記事

静電気体質の原因や改善方法を紹介!霊感やスピリチュアルと関係ある?

静電気除去グッズ100均の効果は?おすすめや口コミを紹介

静電気除去グッズ効果大のおすすめ人気ランキングを紹介!

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学