旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

フラワーズバイネイキッド日本橋2017アクセスや混雑状況は?

   

「日本で一番早いお花見を日本橋で」をテーマとして掲げフラワーズバイネイキッドが2017年の2月2日から開催されます。

1年前に開催されたフラワーズバイネイキッドでは約7万を動員して、7月にも開催されたイベントでも大反響を呼び人気のイベントとなっています。

2017年1発目は日本橋にて立春を感じるデジタルアートが展示されます。

今回は、フラワーズバイネイキッドの会場までのアクセス・行き方や混雑状況を紹介していきます。

スポンサードリンク

フラワーズバイネイキッド日本橋2017の概要

開催期間:2017年2月2日(木)から3月20日(月)

場所:日本橋三井ホール COREDO室町1 5F(エントランスは4F)

営業時間:10:00から20:00

料金:高校生以上1400円 中学生未満900円 未就学児は無料

※前売りチケットを購入の場合は当日券よりも200円割引されて購入可能です。

アクセス方法

  • 銀座線・半蔵門線「三越前」駅直結
  • 総武線快速・横須賀線「新日本橋」駅地下道直結
  • 山手線・中央線・京浜東北線「神田」駅東口より徒歩9分
  • 山手線・中央線・東海道線「東京」駅日本橋口より徒歩9分

桜をモチーフにしたアート空間を展開されます。

生花、オブジェ、映像、香り、飲食など五感で楽しむ花の新体験も用意されています。

ちなみに、過去の魅惑の楽園の時に行われた企画では以下のようなことが行われていました。

フラワーショップが協力して花・植物・鳥・魚などが融合した映像が楽しめたり、オリジナルアロマの香りを楽しめたり、ワークショップが用意されていたりもしました。

今回も前回同様に見て楽しんだり、自分で体験してみたりできる企画になりそうですね!

テーマソングには大塚 愛さんの新曲『サクラハラハラ』

スポンサードリンク

フラワーズバイネイキッドの混雑状況は?

当たり前ですが、土日祝日は混雑すると思っておいていいと思いますが、土日祝にしか足を運べないという人もいると思うのでそういった場合はどうしたらいいのかですよね!

わたしの経験談からお伝えすると、土日祝でも朝一と夕方以降は比較的こういったイベントは混雑が緩和していてゆっくり見れます。

平日でも日中は結構人がいるので可能ならば夕方以降に来場するぐらいがいいかもしれません。

だたし気を付けたいのが、学生は春休みに突入していることと昨年のイベントの集客数をみると油断はできないので閉館1時間半まえぐらいになるとほとんど入場する人がいなくなるのでここを狙うのもいいですよ!

最後に

女性を中心として人気となっているイベントですが、男性でも参加してみると感性が磨かれて楽しめると思います。

昨年以上に人出が多いのが予想できますので、混雑を避けたい人は足を運ぶ時間帯を気を付けたいですね!

スポンサードリンク

 - 期間限定イベント, 関東