旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

筑波山梅まつり開花状況や時間は?アクセス・駐車場と渋滞混雑情報

   

毎日寒くて、春の訪れが待ち遠しい季節になりましたね。

春の訪れを告げる花といえば、代表的なのは梅。

毎年寒さのピークを越える2月頃になると、見ごろの季節を迎えた梅の花が可憐に美しく咲き始めます。

関東を代表する梅の名所である筑波山の梅林でも、たくさんの梅の花が赤や白に美しく咲き誇る見事な梅林を見ることができますよ。

梅が見ごろをむかえる時期には梅まつりが開催され、梅林はいっそう賑やかに。

また筑波山は梅の花が綺麗なだけでなく、富士山を見渡せる関東富士見百景のひとつとしても人気が高いです。

こちらの記事ではそんな筑波山梅まつりの、開花状況や開催時間、アクセスや駐車場、渋滞や混雑といった情報をまとめました!

お花見に行こうと考えている際には、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

筑波山の梅まつりとは?

筑波山は茨城県つくば市に位置する、女体山と男体山のふたつを指す総称。

朝日や夕日に照らされて山肌の色を変えることから「紫峰」とも呼ばれる、茨城のシンボルのひとつです。

多種多彩な植物が群生している自然豊かな山で、年間を通して子どもからお年寄りまで気軽に登山やハイキングを楽しめます。

そんな筑波山の中腹には、4.5万平方メートルにもなる広大な梅園が。

園内には紅梅・白梅・緑がく梅などといった様々な梅の木が約30種、約1000本植えられています。

いたるところに筑波石の巨岩もそびえ立ち、可憐な梅と迫力のある巨岩とのコントラストが素晴らしいです。

梅林の最上部には展望台があり梅林全体を見渡せるほか、天気の良い日には東京の街並みや富士山まで拝むことができます。

特に関東富士見百景のひとつにも選ばれている、富士山の絶景は見ておきたいところですね!

また梅が見ごろをむかえる時期には、梅まつりが毎年開催されています。

がまの油売り口上や梅茶のサービス野点茶会などの催しが行われ、多くの来訪者で梅園内が賑わいますよ。

梅を使用した美味しい料理やスイーツを頂ける、期間限定のグルメイベント「梅食」も要チェックです!

筑波山梅まつりの開花状況や開催時間は?

筑波山に梅林を見に行くにあたって、まずチェックしておきたいのは見ごろの時期。

せっかく来たのに梅がまだ咲いていなかったり、もう枯れてしまっていたりしたらガッカリですよね。

梅はそれぞれの地域で寒さがピークを越えたころに咲き始めるので、春の訪れを知らせる花として有名。

関東・東海・近畿といった主要な都市では冬の終盤の2月頃になると、花を咲かせ本格的な見ごろの時期を迎えます。

これらの地域での梅の花の寿命は、だいたい2月下旬から3月上旬あたりまで

それに比べて筑波山の梅林の見ごろは、例年2月下旬から3月下旬までと少し遅めになっています。

というのは筑波山には紅梅より白梅の数のほうが多く、遅めに咲く白梅の開花にあわせたほうが見栄えが良いからだとか。

現在の開花状況は筑波山梅まつりのホームページで見ることができるので、出かける前にはチェックしておきましょう!

梅林まつりの今年の開催期間は、梅の見ごろにあわせた2017年2月25日(土)から3月20日(月祝)まで

開催時間はまだ決定していませんが、昨年は午後4時までお店などは営業していたそうです。

スポンサードリンク

筑波山梅まつりへのアクセス・駐車場情報!

筑波山梅林の住所は、茨城県つくば市沼田1688。

交通アクセスは、つくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道)の「つくば駅」が最寄り駅です。

つくばエクスプレスは、東京都内なら秋葉原浅草などから利用することができます。

運賃は秋葉原-つくば間で、おとな1,190円・こども1,183円。

つくば駅からは筑波山シャトルバスに約40分乗り、「筑波山神社入口」で下車し歩いて5分ほどで到着です!

東京駅からつくばセンター行きの高速バスも出ており、こちらからでもシャトルバスで梅林へ向かうことができますよ。

高速バスの片道の運賃は1,180円、高速・シャトルバスの時刻表など詳細については関東鉄道のホームページをご覧ください。

自動車で向かう場合は、以下のいずれかのルートがスムーズです。

常磐自動車道→「土浦北IC(下妻・つくば方面)」→国道125号線を下妻・筑波山方面へ約20km

北関東自動車道→「桜川筑西IC(つくば方面)」→国道50号線→県道41号線を筑波山方面へ約20km

駐車場は市営第1~4駐車場と県営つつじヶ丘駐車場が梅林の周辺にあり、収容台数は500台、駐車料金は普通車が1回500円となっています。

筑波山梅まつりの渋滞・混雑情報!

有名なお花見スポットといえば、気になるのは人混みがどのくらいあるのかですよね。

筑波山も梅の咲く時期になると毎年多くの観光客が訪れ、園内をはじめ駐車場や周辺の道路も混雑します。

特に土日祝日は混雑がひどく、駐車場が満車になるのはもちろん周辺道路では渋滞が起こり梅林まで行くのも大変。

平日でも梅が見ごろのあいだはずっと混雑している状態です。

そのためできるだけ公共交通機関を利用するか、やむおえず自動車で向かう場合は平日の朝早くに行くことをおすすめします!

最後に

可憐な梅林と荒々しい巨岩、そして雄大な富士山の姿まで拝めるなんて贅沢なお花見スポットですね!

梅を使ったおいしいグルメもぜひ頂いてみたいものです。

都心からのアクセスも良いので、今年の梅は筑波山まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

越生梅林梅まつりの開花状況・見頃やアクセスとハイキング情報!

熱海梅園の見頃や開花状況は?バスでのアクセス・駐車場情報

小田原・曽我梅林まつりの開花状況やアクセスと駐車場情報!

湯河原梅林まつりの開花状況や見ごろは?バスでのアクセスと混雑予想

梅の英語・別名や花言葉の意味は?見ごろの季節や桜・桃との種類の違い

スポンサードリンク

 - 季節の花, 関東