旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

桜の有名な種類・名前と花言葉一覧!早咲きやしだれ桜の開花時期

   

日本を代表する花といえば、やっぱり桜。

春にお花見をするのにも、桜の名所が絶大な人気を誇っていますよね。

そのため桜前線や開花宣言の発表など、日本では桜の開花日の予想も盛んに行われています。

しかし桜前線は主に桜を代表するソメイヨシノという種類のみの開花予想で、桜には他にもたくさんの種類があることをご存知でしょうか?

よく見かけるのは薄いピンク色の花ですが、そういえばたまに白いものや赤いものも見かけますよね。

そのなかでも有名なのは早咲きの桜である寒緋桜河津桜、形が個性的なことで知られるしだれ桜八重桜などでしょうか。

こちらの記事ではそんな、有名な桜の種類の名前や花言葉を一覧にしてまとめました!

メディアではなかなか取り上げられない、早咲きやしだれ桜などの種類の開花時期についても調べてみたので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

桜の有名な種類・名前と花言葉一覧!

ソメイヨシノ(染井吉野)

花言葉:「純潔」「優れた美人」

数ある桜の種類のなかでも、最も広く知られているのがこのソメイヨシノ。

全国で発表される桜前線の基準にもなっており(北海道・沖縄を除く)、日本の桜を代表する種類といえます。

※桜前線についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

花が満開になると、木全体を美しく淡いピンク色に染める姿は馴染み深いですよね。

そんなソメイヨシノは江戸時代末期~明治時代初期から栽培されている園芸品種で、オオシマサクラ(大島桜)とエドヒガン(江戸彼岸)を交配させてできたという説が主流です。

また全国のソメイヨシノは接ぎ木や挿し木で数を増やされたクローンなので、地域ごとに一斉に開花することが特徴でもあります。

シダレザクラ(枝垂桜)

花言葉:「優美」「ごまかし」

枝が柔らかいため、花の重みで枝の垂れている姿が特徴的な種類のシダレザクラ。

ひとことにシダレザクラといっても、花がピンク色のヤエベニシダレ(八重紅枝垂)や真っ白い花のキヨスミシダレ(清澄枝垂)、濃いめの紅色のベニシダレ(紅枝垂)などいろんな種類があります。

特にベニシダレは日本三大桜の一つに数えられていることで有名、樹齢1000年を超えている老木もあるほど寿命の長い桜です。

その見た目の美しさで昔から日本人に親しまれ、桜の名所が多数ある京都を代表する花でもあります。

ヤエザクラ(八重桜)

花言葉:「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」

ヤエザクラというのは、花びらが重なって咲く(八重咲き)桜の総称。

多くの種類の桜は花びらが5枚なのですが、ヤエザクラは多いものだと100枚以上ものたくさんの花びらが重なった状態の花をつけます。

チアガールが手にしているポンポンのような花といえば分かりやすいでしょうか。

花が散ったあとに葉が生えてくるソメイヨシノなどと異なり、花と同時に葉をつけるのも特徴のひとつ。

そのため、ピンク色の花と緑の葉が美しい色のコントラストを見せてくれます。

カンヒザクラ(寒緋桜)

花言葉:「艶やかな美人」

中国南部から台湾にかけてが主な生息地である種類のカンヒザクラ。

日本国内では沖縄で野生化しているものが多く見られ、その一方でソメイヨシノが生息していないので、沖縄での桜といえばこのカンヒザクラを指します

下向きに釣り鐘のような形の花を咲かせるのが特徴で、花の色は白から濃いピンクまで様々。

日本全国の花見スポットで見られる有名なカワヅザクラ(河津桜)は、このカンヒザクラを品種改良して作られたものです。

ヤマザクラ(山桜)

花言葉:「あなたに微笑む」「純潔」「高尚」「淡白」「美麗」

ソメイヨシノが増える前の時代には、お花見する桜の代表だったというヤマザクラ。

そのため当時の和歌などでも、ヤマザクラの名が多く詠まれています。

ヤマザクラもヤエザクラのように花と葉を同時につけ、花びらの色は白や淡いピンクです。

ソメイヨシノのように短期間で一気に咲くことがないので、ゆっくり花見を楽しめるのも特徴のひとつ。

特に奈良県の「吉野の桜」がヤマザクラの名所として広く知られています。

スポンサードリンク

早咲き桜やしだれ桜の開花時期はいつ?

桜は種類によって花の形や色だけでなく、開花する時期も大きく異なってきます

代表的な種類であるソメイヨシノの開花予想は天気予報などで全国的に発表されていますが、他の種類の桜はいつ咲くものなのか気になりますよね。

桜の種類のなかでも1月から3月中旬頃という早めの時期に開花するものを、特に早咲きの桜と総称することが多いです。

具体的にどのような種類があるのか、開花時期はいつ頃なのかは、以下のとおりです。

カンヒザクラ(寒緋桜):1月~3月上旬

カンザクラ(寒桜):1月中旬~3月上旬

オオカンザクラ(大寒桜):3月上旬~3月下旬

カワヅザクラ(河津桜):1月下旬~3月上旬

シュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜):3月中旬~3月下旬

これらの早咲きの桜の見頃が終わるころ、3月下旬になると西日本でソメイヨシノが咲き始め、5月初旬ごろに北海道まで桜前線が北上します。

その他の代表的な種類の開花時期を挙げると、ヤエザクラはソメイヨシノよりもだいたい1週間から2週間ほど遅れた4月中旬から5月上旬にかけて。

またヤエザクラは通常の種類よりも花が長持ちするので、比較的長い期間花を楽しむことができます。

シダレザクラは細かな種類によっても開花時期が異なり、ベニシダレ・キヨスミシダレなど花が一重咲きのものは少し早めの3月下旬、ヤエベニシダレなど八重咲きのものは遅めの4月中旬に咲くことが多いそうです。

ただしこれらはあくまで大まかな開花時期なので、正確な見ごろなどを知りたいときはお花見に出かけるスポットの情報を見るのが確実でしょう。

最後に

たまに見かけるものから初めて名前を耳にするものまで、ひとことに桜といっても様々な種類があるのですね。

せっかくこれだけ種類があるのですから、ソメイヨシノ以外にもいろんな桜を見てみたいものです。

開花する時期も種類によって様々。お花見に出かけるときはどの種類の桜を見に行くのかあらかじめチェックしておきましょう!

関連記事

桜前線や開花宣言の意味・英語は?開花日は気温で予想できる!

お花見お弁当デートで彼氏が喜ぶ手作りおかずメニューのレシピ!

隅田公園花見で東京スカイツリーと桜の写真撮影におすすめ絶景ポイント

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 桜・花見