旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

醍醐寺しだれ桜の開花状況や見ごろは?ライトアップとアクセス情報

      2017/03/03

日本を代表する花といえば、やっぱり桜。

春にお花見をするのにも、桜の名所が絶大な人気を誇っていますよね。

京都は桜の名所が多数あることで知られていますが、そのなかでも人気の高い場所のひとつが醍醐寺

花の醍醐」として有名な醍醐寺では、早咲きの河津桜からソメイヨシノやしだれ桜、遅咲きの八重桜まで様々な種類の桜を見ることができます。

豊臣秀吉が「醍醐の花見」を行った場所ともいわれている、由緒正しいお花見スポットですよ。

こちらの記事ではそんな醍醐寺での、桜の見ごろの時期や開花状況、ライトアップの有無、アクセスや駐車場といった情報をまとめました!

醍醐寺でお花見する予定を立てるときには、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

京都桜の名所「醍醐寺」!

京都の伏見に位置する、真言宗醍醐派の総本山にあたる「醍醐寺」。

世界遺産に登録されており、豊臣秀吉が「醍醐の花見」を行った場所としても知られるお寺です。

醍醐山に上醍醐・下醍醐という200万坪以上にもなる広大な境内を持ち、多くの国宝・重要文化財が所蔵されています。

そんな醍醐寺は桜の名所としても人気があり、「花の醍醐」という異名で呼ばれることもあるほど。

憲深林苑に植えられている早咲きの河津桜から開花し、その後もしだれ桜・ソメイヨシノ・山桜・三宝院の大紅しだれ、そして遅咲きの八重桜金堂わきの大山桜と約3週間にわたって様々な桜が咲きます。

赴く時期によっていろんな種類の桜の花を見ることができるので、何度も訪れたくなっちゃいますね!

参道を歩けば見事な桜のトンネルがお出迎え、境内には樹齢が100年を越える立派なソメイヨシノの木もありますよ。

特に霊宝館にある、樹齢180年の大きなしだれ桜は見ものです。

醍醐寺でお花見をしながら、豊臣秀吉が醍醐の花見を愉しんだ時代に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

基本情報

拝観時間:9:00~17:00(冬季は16:30)

拝観料金:大人1,500円、中高生1,000円、小学生以下無料(春期)

住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

ホームページはこちら

醍醐寺しだれ桜の開花状況や見ごろは?

醍醐寺にお花見に行くにあたって、まずチェックしておきたいのは桜の見ごろの時期。

せっかく来たのに桜がまだ咲いていなかったり、もう枯れてしまっていたりしたらガッカリですよね。

その年の気候や場所によっても異なりますが、京都の桜(ソメイヨシノ)はだいたい3月末あたりに花を咲かせ、4月初旬に満開になります。

醍醐寺での桜の見ごろは種類によって少しずつずれていて、約3週間にわたり何らかの種類の花は見ることができます。

まず憲深林苑に植えられている早咲きの河津桜3月下旬に見ごろをむかえ、次に五重塔周辺のしだれ桜が少し早めの3月末で満開に。

入り口の桜のトンネル霊宝館と三宝院のしだれ桜は、4月初旬あたりという平均的な時期がいちばん華やかです。

それから少し遅れて弁天堂の山桜4月上旬から中旬にかけて咲き誇ります。

桜の種類ごとに開花時期をまとめた記事もあるので、そちらも参考にしてみてください。

ただしこれらはあくまで例年の傾向なので、今年の見ごろも必ずそうなるとは限りません

醍醐寺をはじめ現在の京都における開花状況は、「そうだ京都、行こう。」のホームページでスポットごとに画像つきで分かりやすく紹介されています。

また全国の桜の開花予想は、毎年日本気象協会ウェザーマップで公開されているので随時チェックしておきましょう!

スポンサードリンク

醍醐寺しだれ桜のライトアップはある?

お花見の名所といえば、ライトアップが行われ夜桜を楽しめるところも多いですよね。

しかし残念ながら醍醐寺では、一般向けのライトアップは開催されていません

ただ昨年には、特定のカード会員だけが参加できる観桜会で夜に貸切のライトアップが催されたそうです。

昨年の観桜会の詳細については、こちらのページをご覧ください。

基本的には夜の拝観は行われていないので、予定を立てる際には注意しましょう!

醍醐寺へのアクセス・駐車場情報!

醍醐寺の住所は、京都府京都市伏見区醍醐東大路町22。

最寄り駅は地下鉄東西線の「醍醐駅」で、そこから歩いて10分ほどで到着します。

醍醐駅までの主要な交通アクセスは、以下のとおりです。

「京都駅」→JR東海道本線・湖西線(5分)→「山科駅」→地下鉄東西線(10分)→「醍醐駅」「京都駅」→JR奈良線(18分)→「六地蔵駅」→地下鉄東西線(5分)→「醍醐駅」

また京都駅八条口から8番乗り場の京阪バスに乗り、バス停「醍醐寺」で下車すればすぐそこです。

駐車場は午前9時から午後4時20分まで利用でき、駐車料金は普通車が5時間以内700円以降30分毎に100円です。

ただ収容台数が少なく周辺の道路も狭いので、出来るだけ公共交通機関を利用するようにしましょう

最後に

ソメイヨシノやしだれ桜など、樹齢の長い立派な桜の木が見られる醍醐寺。

さすが古くからお花見の名所として知られているスポットですね!

時期によって違った風景が見られるので、一年に何度も通いたくなっちゃいますよ。

スポンサードリンク

 - 関西, 桜・花見