旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

六義園しだれ桜2017開花状況や見頃情報!夜桜ライトアップの時間

      2017/03/03

日本を代表する花といえば、やっぱり桜。

春にお花見をするのにも、桜の名所が絶大な人気を誇っていますよね。

東京都の駒込にある庭園「六義園」は、大きなしだれ桜を見ることのできるスポットとして有名。

ライトアップも行われるので、幻想的な夜桜を楽しむこともできますよ。

こちらの記事ではそんな六義園での、しだれ桜の開花状況や見頃、夜桜ライトアップの時間や混雑予想といった情報をまとめました!

六義園でお花見する予定を立てるときには、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

東京しだれ桜の名所「六義園」!

東京都の駒込に位置し、江戸の二大庭園のひとつとして名高い「六義園(りくぎえん)」。

徳川五代将軍である徳川綱吉から与えられた土地に、側用人の柳沢吉保が自ら設計したといわれる大名庭園です。

庭園は島のある大きな池を樹林が取り囲む形となっており、紀州和歌に詠まれた名勝の景観が反映されています。

ツツジの花が美しく咲くことでも知られており、ツツジは駒込の地を象徴する存在にもなっているほどです。

そんな六義園はツツジだけでなく、しだれ桜が見事なことでも有名。

内庭大門をくぐった先では、高さ約15メートル幅約20メートルもの立派なしだれ桜の木がお目見えします。

春になると薄紅色の花を垂らした枝いっぱいに咲かせ、そのようすはまるで流れ落ちる滝のよう

その想像を超える美しさと迫力に、見とれてしまうこと間違いなしです!

しだれ桜が見ごろをむかえる時期にはライトアップも行われ、夜桜を楽しむこともできますよ。

基本情報

開園時間:9:00~17:00

入園料金:一般300円、65歳以上150円、小学生以下無料

住所:東京都文京区本駒込六丁目

詳細はこちら

六義園しだれ桜2017年の開花状況や見頃情報!

六義園にお花見に行くにあたって、まずチェックしておきたいのは桜の見ごろの時期。

せっかく来たのに桜がまだ咲いていなかったり、もう枯れてしまっていたりしたらガッカリですよね。

その年の気候や場所によっても異なりますが、東京の桜(ソメイヨシノ)はだいたい3月末あたりに花を咲かせ、4月初旬に満開になります。

六義園でのしだれ桜の見ごろも、3月下旬から4月上旬まであたり。

例年3月25日前後に開花し、30日あたりに満開になっているようです。

今年2017年現在の開花状況は、「庭園へ行こう。」のこちらのページで画像とともに分かりやすく掲載されています。

また全国の桜の開花予想は、毎年日本気象協会ウェザーマップで公開されているので随時チェックしておきましょう!

スポンサードリンク

六義園2017年の夜桜ライトアップの時間は?

六義園では毎年春になると、しだれ桜と大名庭園のライトアップが行われています。

昼間とはまた異なる趣で、灯りに照らされた幻想的な夜桜を楽しむことができますよ。

ライトアップの期間中にはお茶屋さんも出店されるので、抹茶などを頂きながらお花見するのもおすすめです。

今年のライトアップの開催期間は、2017年3月16日(木)から4月2日(日)まで

点灯時間は、日没から午後9時まで(最終入場は8時30分まで)です。

ライトアップの詳細については、こちらのページをご覧ください。

六義園へのアクセス情報!

六義園への交通アクセスは、JR山手線・東京メトロ南北線の「駒込駅」が最寄り駅で、そこから歩いて7分ほどで到着します。

JRは南口、東京メトロは2番出口から出ると近いですよ。

駅を出てからは本郷通りに沿って歩いていくと、左側に六義園の染井門が見えてきます。

ただこの染井門が開いているのは、ライトアップの期間中だけだそうなので注意しましょう。

都営地下鉄三田線の「千石駅」A3出口からも徒歩10分ほどです。

六義園に駐車場はないので、できるだけ公共交通機関を利用することをおすすめします。

六義園しだれ桜ライトアップ2017の混雑予想!

お花見の名所といえば、周辺の混雑具合も気になるところ。

六義園でも桜が見ごろの時期には多くの来訪者が訪れ、人混みでいっぱいになります。

特に土曜日曜のライトアップには、チケット購入に2時間も待たなければならないほど列ができることもあるのだとか。

平日も土日よりはおだやかですが、それでも人は決して少なくないそうです。

そこで混雑を少しでも回避するためにおすすめなのが、まだ人の少ないお昼のうちにチケットを前もって買っておくこと。

そうすればライトアップの時間になってから、長蛇の列に並ぶ必要もありません。

お昼には行けないという場合は、駅から近い染井門より少し距離のある正門のほうが比較的スムーズにチケットを買えるそうなのでそちらを利用しましょう。

またもし可能なら、日没より前午後8時以降という少しは落ち着いている時間帯を狙ってみてもいいかもしれません。

いずれにしても人が少ないということはあまりないかもしれませんが、それほど有名なしだれ桜を見に行くわけですから仕方ないですね。

最後に

まるで滝のようなスケールの大きさのしだれ桜ですか…ぜひ一度はこの目で見てみたいものです。

ライトアップされた夜桜なんて、さぞかし美しいことでしょうね。

そのぶん訪れる人も多く混雑も気になりますが、それでも見に行く価値はありますよ!

スポンサードリンク

 - 関東, 桜・花見