旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

彦根城へのアクセスと駐車場料金!大阪・名古屋からバス電車での行き方

      2017/02/06

国宝や重要文化財に指定されており、滋賀県を代表する観光地である「彦根城」。

旧彦根藩主の井伊家が築城した35万石で有名な彦根城は、往時の天守が現存している全国で12しかないお城の一つです。

そんな彦根城は今年2017年で築城から410年をむかえるため、「国宝・彦根城築城410年祭」を開催。

彦根城一帯では様々なイベントが行われ、普段よりいっそう賑わいます。

これを機に彦根城へ観光へ行こうという方は多いとおもいますので、ここで彦根城への行き方をチェックしておきましょう!

そこでこちらの記事では、大阪・名古屋から彦根駅への電車でのアクセスと彦根駅から彦根城への徒歩・バスでの行き方、車でのアクセスや駐車場の料金についてまとめました!

彦根城へ行く予定を立てる際には、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

彦根城へのアクセス情報!大阪から電車での行き方

大阪方面から出来るだけ早い時間で彦根城へ向かいたいときは、まずJR「新大阪駅」から新幹線に乗りましょう。

23番線発の新幹線に約40分ほど乗り「米原駅」で下車し、正面の乗り換え用改札から在来線に乗り換え。

JR東海道本線の京都方面に乗れば、スムーズに「彦根駅」まで行くことができます。

時間がかかってもいいから安くで行きたいというときは、在来線のみを利用してもOK。

新大阪駅からの場合(大阪駅からでも乗ることができます)、13番線発のJR東海道本線新快速の長浜行きに乗れば「彦根駅」に着きます。

在来線でも乗り換えなしで行けるのは嬉しいですね。

新幹線を利用したときは所要時間が約50分で料金は4,610円、在来線のみのときは所要時間が約1時間15分で料金は1,940円です。

時間と料金を見比べて、どちらが良いか選んでみてください。

「新大阪駅」→JR新幹線→「米原駅」→JR東海道本線(京都方面)→「彦根駅」(約50分、4,610円)

「新大阪駅」→JR東海道本線(長浜行き)→「彦根駅」(約1時間15分、1,940円)

彦根城へのアクセス情報!名古屋から電車での行き方

名古屋から彦根城へ向かうときも、早さを優先したいなら新幹線料金を優先したいなら在来線を利用しましょう。

新幹線はJR「名古屋駅」からひかりまたはこだまに乗り、「米原駅」で下車。

正面の改札から在来線に乗り換え、JR東海道本線の京都方面に乗れば「彦根駅」に着きます。

在来線のみを利用するときは「名古屋駅」からJR東海道本線の大垣・米原方面の快速電車に乗り、大垣行きの場合は「大垣駅」で米原行きに乗り換え。

米原行きの電車ならそのまま「米原駅」まで乗り換えなしで行けます。

米原駅からは新幹線を利用した場合と同じです。

新幹線を利用したときは所要時間が約35分で料金は3,540円、在来線のみのときは所要時間が約1時間20分で料金は1,490円となります。

「名古屋駅」→JR新幹線ひかり・こだま→「米原駅」→JR東海道本線(京都方面)→「彦根駅」(約35分、3,540円)

「名古屋駅」→JR東海道本線(大垣・米原方面)→(「大垣駅」→)「米原駅」→JR東海道本線(京都方面)→「彦根駅」(約1時間20分、1,490円)

その他遠方からの所要時間は以下のとおりとなるので、予定を立てる際には参考にしてみてください。

東京:新幹線で約2時間10分

金沢:特急で約2時間

岡山:新幹線で約1時間55分

福岡:新幹線で3時間25分

スポンサードリンク

彦根駅から彦根城への徒歩・バスでの行き方

彦根城へは、彦根駅の西出口(改札を出て左側)から向かうのが近いです。

徒歩で向かうときは右手の階段バスやタクシーを使うときは左手の階段を降りましょう。

そこから駅前の大通りを10分ほどまっすぐ進む(突き当たりを少し左折するところはありますが)だけで彦根城に到着!とっても簡単です。

彦根城の住所は滋賀県彦根市金亀町1-1なので、スマートフォンのナビなどにご利用ください。

バスは3番乗り場から彦根ご城下巡回バス(ボンネットバス)が出ているので、それに乗ってバス停「彦根城」で下車。

バスを利用すれば運賃が210円かかりますが、約3分ほどですぐ彦根城へ行くことができます。

また1日券300円で販売されており、何回か利用するときに便利なほか彦根城をはじめとした施設への入場料が割引されたりもします。

彦根駅と彦根城を往復するだけでも元が取れてしまうという、驚きの安さです!

ただ時期によっては、土日のみの運行だったり運行していなかったりもするので注意しましょう。

築城410年祭の開催される2017年の3月25日から、3月31日までのあいだは毎日運行されることが現在決まっているようです。

そのほか彦根ご城下巡回バスの詳細は、近江鉄道グループのホームページをご覧ください。

彦根城への車でのアクセスと駐車場情報!

自動車で彦根城へ向かう場合は、名神高速道路の「彦根IC」が最寄り。

そこから国道306号線を彦根市内方面へ進み、外町交差点を直進して約10分ほどで到着します。

駐車場は入り口付近に二の丸駐車場、入り口から内堀沿いを左に少し進んだところに大手前駐車場、井伊大老銅像の側に桜場駐車場、大手門側に京橋口駐車場があります。

詳細の場所は彦根観光ガイドのホームページに地図で掲載されているので参考にすると良いでしょう。

京橋口駐車場以外はいずれも普通車の駐車料金が1日400円、京橋口駐車場は普通車が2時間まで200円、それ以降は1時間ごとに100円です。

収容台数は京橋口駐車場が160台といちばん多く、桜場駐車場が110台、二の丸駐車場は60台、大手前駐車場は25台と少なめです。

最後に

大阪からも名古屋からも、JRのみの利用で行けるのは嬉しいですね。

彦根駅からはバスも出ておりアクセスが良いので、公共交通機関を利用するのがオススメですよ!

関連記事

彦根城周辺観光やグルメ・ランチ・食べ歩きスポットとホテル紹介!

彦根城桜まつり開花情報や見頃の時期!屋台・ライトアップと交通規制

大阪城公園へ梅田・難波・新大阪駅からのアクセス行き方と安い駐車場!

京都駅から嵐山のアクセス行き方を紹介!電車・バス・タクシー料金一覧

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 関西