旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

目黒川の桜並木開花状況や夜桜の時間!川下りとアクセス情報

      2017/03/04

日本を代表する花といえば、やっぱり桜。

春にお花見をするのにも、桜の名所が絶大な人気を誇っていますよね。

東京の世田谷区・目黒区・品川区を流れる目黒川は、美しい桜並木を見ることのできるスポットとして有名。

見ごろの時期には桜祭りが行われ、ライトアップされた夜桜を見ることができます。

お花見クルーズを利用すれば、船で川下りをしながらゆったり景色を楽しめますよ。

こちらの記事ではそんな目黒川での、桜並木の開花状況や見頃の時期、夜桜ライトアップの時間、川下りクルーズ、交通アクセスといった情報をまとめました!

目黒川でお花見する予定を立てるときには、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

東京の桜の名所!目黒川とは

東京都の世田谷区から目黒区、品川区を流れ東京湾に注ぐ河川である目黒川

昔は品物をやりとりする港として使われていたので「品川」と呼ばれ、現在の地名の由来ともいわれています。

一方現在の目黒川は、都内を代表する桜の名所として有名。

池尻大橋から亀の甲橋まで約3.8キロメートルにわたり、川沿いの両岸に約800本ものソメイヨシノが植えられています。

水辺をピンク色に染める桜並木はどこまでも続くようで、とても見ごたえがありますよ。

大きな公園などはないのでシートを敷いたお花見客が騒ぐことも少なく、ゆったり落ち着いて散歩しながら桜の景色を楽しめるのも魅力です。

見ごろの時期には途中にある商店街などで桜祭りが開催され、その付近は賑やかになります。

また日没後にはぼんぼりによるライトアップが施され、灯りに照らされた夜桜を楽しむことも可能。

落ち着いた風情ある桜の咲く景色も賑やかなお祭り気分も、両方楽しめる名所なのですね!

目黒川の桜並木開花状況や見頃の時期は?

目黒川にお花見に行くにあたって、まずチェックしておきたいのは桜の見ごろの時期。

せっかく来たのに桜がまだ咲いていなかったり、もう枯れてしまっていたりしたらガッカリですよね。

その年の気候や場所によっても異なりますが、東京の桜(ソメイヨシノ)はだいたい3月末あたりに花を咲かせ、4月初旬に満開になります。

目黒川での桜の見ごろも、例年3月下旬から4月上旬まであたり。

現在の開花状況は、中目黒の桜並木を写した定点カメラ(こちらのページ)でリアルタイムの映像を見ることができるので、一目で分かってとても便利です。

また全国の桜の開花予想は、毎年日本気象協会ウェザーマップで公開されているので随時チェックしておきましょう!

スポンサードリンク

目黒川夜桜ライトアップの時間や桜祭りの屋台情報!

目黒川では桜が見ごろをむかえる時期に、毎年「中目黒桜まつり」が開催されています。

桜祭りではダンスやコンサートといった、ステージイベントをはじめとした様々な催しが。

中目黒あたりから上流にかけての川沿いの桜並木付近には、屋台も並びます。

昨年には3月末から4月上旬までのあいだ、午前中~午後9時頃まで出店されていたそうです。

また日没後には、桜並木のライトアップも行われます。

ぼんぼりの淡い光に照らされた幻想的な夜桜の姿は、昼間とはまた異なる美しさですよ。

桜祭りの開催される時期は、例年4月の上旬

今年の開催日はまだ分かりませんが、昨年は4月3日の日曜日に行われていました。

夜桜のライトアップされた期間と時間帯は、4月1日から4月10日の午後5時から午後9時まででした。

そのため今年2017年も、4月上旬の午後5時~午後9時にライトアップが行われるのではないでしょうか。

ライトアップの施される場所は、蓬莱橋から天神橋までの間です。

正確な最新の情報は、めぐろ観光まちづくり協会のホームページフェイスブックをご覧ください。

目黒川のお花見川下りクルーズ情報!

目黒川では桜の時期になると、お花見をしながら川下りのできるクルーズが複数運行されます。

川沿いではお花見の宴会は禁止されていますし、歩きながら見るにも見ごろの時期には混雑するのでゆっくり楽しむことができない場合も。

そんなときはお花見クルーズを利用すれば、船の上でゆったり落ち着いて景色を見ることができますよ。

特にZEAL(ジール)のお花見クルーズが、お手軽で利用しやすいのでおすすめ。

ひとりからでも気軽に利用できる、乗り合い制のお花見クルーズです。

夜に船から桜をライトで照らす、夜桜便も運行されます。

ランチやフード、ドリンクを追加することもできますよ。

ジールのお花見クルーズの概要は以下のとおり。

コース:天王洲ヤマツピア桟橋→目黒川水門→荏原神社→大崎→五反田→(目黒雅叙園前)→天王洲ヤマツピア桟橋

料金:大人3,900円、子ども2,900円

ホームページはこちら

またポケカルでは、目黒川だけでなく隅田川や横浜の大岡川でのお花見クルーズまでセットになったコースがあるので、気になる方はこちらから詳細をチェックしてみるとよいでしょう。

目黒川の桜並木へのアクセス情報!

目黒川の住所は、東京都目黒区東山3-1付近から下目黒2-9あたりまで。

上流~下流への交通アクセス・最寄り駅は、以下のとおりです。

上流:東急田園都市腺「池尻大橋駅」より徒歩3分中流:東急東横線・東京メトロ日比谷線「中目黒駅」より徒歩1分

下流:JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線「目黒駅」より徒歩5分

屋台やライトアップは上流から中流のあいだで行われるので、そちらが目当ての場合は「中目黒駅」か「池尻大橋駅」、ゆっくり桜を見たいときは下流の「目黒駅」を利用すると良いでしょう。

お花見客用の駐車場はないので、できるだけ公共交通機関を利用するようにしましょう。

最後に

川沿いをのんびり歩きながら眺める桜並木は、さぞかし美しいでしょうね。

座ってゆっくりお花見を堪能したいときは、クルーズの利用がおすすめですよ!

スポンサードリンク

 - 関東, 祭り, 桜・花見