旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

京都お花見・夜桜の名所ランキング!開花状況やライトアップ時期は?

   

日本を代表する花といえば、やっぱり桜。

春にお花見をするのにも、桜の名所が絶大な人気を誇っていますよね。

国内でも京都は特に、お花見スポットがたくさんあることで有名な地域。

季節を問わず観光客で賑わう京都ですが、ソメイヨシノやしだれ桜が見ごろをむかえる時期になると、美しい景色を見ようといっそう多くの観光客が訪れます。

ライトアップの行われるスポットもいくつかあり、幻想的な夜桜を楽しむこともできますよ。

そこでこちらの記事では、京都にある夜桜の見られるお花見の名所を、個人的なランキング形式でご紹介します!

京都での桜の見頃や開花状況、ライトアップの開催時期といった情報もまとめたので、お花見の予定を立てるときにはぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

京都桜の開花状況や見頃の時期は?

お花見に行くにあたって、まずチェックしておきたいのは桜の見ごろの時期。

せっかく来たのに桜がまだ咲いていなかったり、もう枯れてしまっていたりしたらガッカリですよね。

京都の桜(ソメイヨシノ)はだいたい3月末あたりに花を咲かせ、4月初旬に満開になります。

しかしその年の気候や場所によっても異なってくるので、開花予想や開花状況を前もって調べておくのがおすすめ。

現在の京都における開花状況は、「そうだ京都、行こう。」のページでスポットごとに画像つきで分かりやすく紹介されていますよ。

また全国の桜の開花予想は、毎年日本気象協会ウェザーマップで公開されているので随時チェックしておきましょう!

京都夜桜の名所ランキング!ライトアップ時期は?

5.嵐山

国の史跡および名勝に指定されている、京都を代表する観光スポット。

嵐山の象徴である桂川にかかる渡月橋と桜の花が織り成す、見事な風景は一見の価値ありです!

渡月橋を渡りながら眺めることのできる、山の全体も桜の薄紅色で染まります。

天龍寺大覚寺など周辺にある寺社の多くでも、美しい桜の花を見ることができますよ。

中ノ島公園にあるしだれ桜は、夜になるとライトアップが行われます。

ライトアップ時期:3月中旬~4月中旬

点灯時間:日没~22:00

住所:京都市右京区嵯峨

アクセス:阪急・京福「嵐山駅」またはJR「嵯峨嵐山駅」より

駐車場:あり 105台 1,000円

詳細→嵐山桜の開花状況や見頃は?花見の名所とライトアップ情報!

4.平安神宮

「日本文化の祖神さま」として、京都をはじめ全国で広い崇敬を集めている神社。

神宮道には大きな朱塗りの鳥居があり、その鮮やかさで多くの観光客の目を引きます。

春の神苑では、頭上を覆うほどの圧倒的な数の桜の花が出迎えてくれますよ。

谷崎潤一郎の「細雪」にも書かれた、有名なベニシダレザクラが見どころです。

平安神宮 紅しだれコンサート」ではプロミュージシャンの楽器の演奏が聴けるほか、神苑の紅しだれ桜にライトアップが施されます。

ライトアップ時期:2017年4月6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)

点灯時間:18:15~21:00

ライトアップ料金:当日2,000円、前売り券1,700円

昼の拝観時間:8:30~17:00

拝観料金:大人600円、小人300円

住所:京都府京都市左京区岡崎西天王町97

アクセス:地下鉄東西線「東山駅」・京阪鴨東線「三条駅」「神宮丸太町駅」より徒歩15分

駐車場:なし(京都市営岡崎公園・みやこめっせのものを使用)

詳細→平安神宮桜ライトアップ・コンサートの期間は?開花状況と見ごろ情報

スポンサードリンク

3.清水寺

「清水の舞台」で広く知られている寺院の清水寺。

観光地として人気の高い京都のなかでも代表的なスポットで、季節を問わず多くの参拝客や修学旅行生が訪れます。

特に桜の時期は見どころが多く、奥の院から見える本堂を取り囲む桜の花や、清水の舞台から臨む桜の咲いた山々の景観は息を呑む美しさです。

日没後にはライトアップも行われるほか、清水寺から放たれる、「観音さまの慈悲の光」という一筋の青い光も名物ですよ。

ライトアップ時期:2017年3月25日(土)~4月9日(日)

点灯時間:18:00~21:00

開門時間:6:00~18:00(時期により異なる)

拝観料金:大人400円、中学生以下200円

住所:京都府京都市東山区清水一丁目294

アクセス:JR「京都駅」より市バス206系統または100系統に乗りバス停「五条坂」下車徒歩10分

駐車場:なし

ホームページはこちら

詳細→清水寺の桜ライトアップ時間や混雑は?開花情報と見頃の時期

2.円山公園

京都でもっとも古い歴史を持つ大型公園。

公園の北は知恩院、西は八坂神社、南は高台寺の境内に隣接しており、清水寺も近くにある観光名所の密集したところにあります。

園内のちょうど真ん中にある立派なしだれ桜の木は「祇園の夜桜」として広く知られており、お花見の名所としても人気。

立派な大木から繊細な枝が四方に広がり帯のように垂れ、その枝に無数の薄ピンク色の花が美しく咲き誇るようすは圧巻ですよ。

見ごろをむかえる時期にはしだれ桜のライトアップが行われ、異名のとおりの昼間とはまた違った夜桜の姿を一目見ようと深夜でも花見に訪れる人も多くいます。

ライトアップ時期:3月下旬~4月上旬

点灯時間:日没~深夜1:00

住所:京都府京都市東山区円山町

アクセス:京阪「祇園四条駅」より徒歩約10分

駐車場:あり 30分250円 約130台

詳細→京都円山公園しだれ桜の開花情報!夜桜ライトアップの時間は?

1.平野神社

国の重要文化財にも指定されている格式のある神社。

神紋が桜なこともあり、境内は桜の名所としても古くから知られています。

境内には約60品種400本もの桜の木が植えられており、珍しい品種が豊富。

特に平野神社発祥の早咲き桜「魁(さきがけ)」が有名で、この桜が咲き出すと都のお花見が始まるという謂れもあります。

日没後にはライトアップも施され、昼間とはまた趣の異なる幻想的な「平野の夜桜」を見ることができます。

ライトアップ時期:3月下旬~4月中旬

点灯時間:日没後~

拝観時間:6:00~17:00

拝観料金:無料

住所:京都市北区平野宮本町1番地

アクセス:京福電鉄北野線「北野白梅町駅」より徒歩10分

ホームページはこちら

詳細→平野神社花見の予約方法は?桜の見頃・開花状況やライトアップ情報

京都お花見の名所まとめ!(夜桜なし)

仁和寺

世界遺産に登録されている、「旧御室御所」と呼ばれる皇室とゆかりの深いお寺。

御室桜」という遅咲きの桜の林が、境内の西側一帯にあることで有名です。

大ぶりで華やかな花が目の高さでいっせいに咲くようすは圧巻ですよ。

御室桜の他にも金堂前ではソメイヨシノ、鐘楼前ではしだれ桜が見ごろをむかえると次々と咲き誇ります。

拝観時間:8:30~17:30(受付は17:00)

拝観料金:大人・高校生500円、中学生・小学生200円

住所:京都府京都市右京区御室大内33

ホームページはこちら

詳細→仁和寺御室桜の見ごろの時期や開花予想情報!ライトアップと混雑は?

醍醐寺

世界遺産に登録されており、豊臣秀吉が「醍醐の花見」を行った場所としても知られるお寺。

桜の名所として人気があり、「花の醍醐」という異名で呼ばれることもあります。

憲深林苑に植えられている早咲きの河津桜から開花し、その後もしだれ桜・ソメイヨシノ・山桜・三宝院の大紅しだれ、そして遅咲きの八重桜や金堂わきの大山桜と約3週間にわたって様々な桜が咲きます。

参道を歩けば見事な桜のトンネルがお出迎え、境内には樹齢が100年を越える立派なソメイヨシノの木もありますよ。

拝観時間:9:00~17:00(冬季は16:30)

拝観料金:大人1,500円、中高生1,000円、小学生以下無料(春期)

住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22

アクセス:地下鉄東西線「醍醐駅」より徒歩10分

ホームページはこちら

詳細→醍醐寺しだれ桜の開花状況や見ごろは?ライトアップとアクセス情報

最後に

さすが日本を代表する観光地なだけあって、京都は桜の名所が多いですね。

昼間の青空の下で鮮やかに咲く桜の花も、ライトアップされた幻想的な夜桜も素晴らしいですよ。

せっかくこれだけ多くの名所があるのですから、お花見スポットをはしごするのも楽しいかもしれません。

関連記事

桜前線や開花宣言の意味・英語は?開花日は気温で予想できる!

桜の有名な種類・名前と花言葉一覧!早咲きやしだれ桜の開花時期

お花見お弁当デートで彼氏が喜ぶ手作りおかずメニューのレシピ!

スポンサードリンク

 - 関西, 桜・花見