旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

潮干狩り福岡2017室見川の潮見表・カレンダー!マテ貝は?

   

ゴールデンウィークにおすすめの、子どもも大人も手軽に楽しめるレジャーのひとつが潮干狩り

ゴールデンウィークの予定がまだ立っていないという方は、家庭やカップル、友達同士で潮干狩りに出かけてみてはいかがでしょうか?

福岡県福岡市にはそんな潮干狩り場が複数あり、シーズンになると多くの人が貝を採りに訪れます。

室見川や和白干潟といった、無料で潮干狩りの楽しめる穴場もありますよ。

特に福岡の海岸は、マテ貝堀りのできることが特徴です。

そこでこちらの記事では、2017年の福岡における潮干狩りの穴場スポットや、潮見表・カレンダーといった情報をまとめました!

潮干狩りに出かける予定を立てる際には、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

潮干狩り福岡市2017室見川や和白の潮見表・カレンダー!

潮干狩りをするにあたって、チェックしておきたいのは最適なシーズン。

せっかく潮干狩りに出かけたのに、貝がまったく採れなかったらガッカリですよね。

地域によっても変わってきますが、 一般的には3月中旬から5月初旬までが最適とされています。

採りたい貝の種類によっても採れる時期が少しずつ異なり、例えばアサリだと8月まで採れることもありシーズンが長めです。

ただいちばん美味しい時期はやはり5月頃なので、ゴールデンウィークの休みに潮干狩りへ行くのが丁度良いかもしれませんね。

時期が遅くなると貝が毒を含むおそれもあり、7月には潮干狩り自体ができなくなる場所も多いので注意が必要です。

また潮干狩りをする際には、干潮のタイミングに足を運ぶことが大切。

潮が満ちていると危ないですし、そもそも貝が生息している干潟も海に沈んで行くことができません。

そこで出かける前に見ておきたいのが、満潮と干潮の時間がわかる潮見表

福岡県の潮見表は、tide736.netで各スポットごとに詳しく見ることができます。

満潮・干潮の時間は、潮mieYellの潮見表カレンダーで見ると分かりやすいですよ。

潮mieYellはスマホ用のアプリもあるので、気軽にチェックしたいときに利用するとよいでしょう。

スポンサードリンク

潮干狩り福岡市の穴場!無料・マテ貝の採れるスポットは?

室見川

福岡市を流れシーサイドももち海浜公園と西福岡マリナタウンの間から博多湾に注ぐ二級河川。

河口にあたる愛宕大橋付近では、アサリやマテ貝が採れます。

そのため毎年春になると、潮干狩りをする人で賑わう場所。

しかし潮干狩り用の施設ではないので、駐車場やトイレなどの設備はありません。

また周辺は住宅街となっているので、利用する際にはマナーを守りましょう。

料金:無料

住所:福岡県福岡市早良区百道3丁目

アクセス:地下鉄「室見川駅」より車で10分

駐車場:なし

詳細はこちら

和白干潟

博多湾の北東端に位置し、渡り鳥が多くバードウォッチングのポイントとして知られる干潟。

アサリなどの貝も豊富で潮干狩りにも最適。まさに生物の宝庫です。

ただこちらも潮干狩り用の施設ではないので、駐車場やトイレなどは設置されていないので注意。

電車でのアクセスが便利なので、できるだけ公共交通機関を利用するようにしましょう。

料金:無料

住所:福岡県福岡市東区和白

アクセス:JR香椎線「和白駅」より徒歩約5分

駐車場:なし

詳細はこちら

行橋市海岸線

福岡県東部、漁業の盛んな行橋市に位置する海岸線。

350mにわたって砂浜が続く、遠浅で長い海岸線です。

マテ貝が採れるため、こちらにも春先から初夏にかけて潮干狩りをする人が多く訪れます。

付近には行橋総合公園があり、お子様連れの方にもおすすめです。

料金:大人500円、小学生以下300円

住所:福岡県行橋市行橋市海岸線

交通アクセス:JR「行橋駅」より太陽交通バス長井線「長井浜バス停」下車徒歩すぐ

車アクセス:東九州「今川PA」より県道25号経由15分

駐車場:あり 200台

詳細・潮見表はこちら

白石海岸

開発された海岸の多い苅田町で、唯一残っている自然の海岸である白石海岸。

アサリやマテ貝の採れる、潮干狩りの穴場スポットでもあります。

小さめの海岸ですが、そのぶん混雑も少なく落ち着いた雰囲気でゆったり潮干狩りを楽しむことができますよ。

また海岸からの景色はとても美しく、近くには蓑島も見えます。

料金:無料

住所:福岡県京都郡苅田町

交通アクセス:JR日豊本線「小波瀬西工大前駅」より車で約10分

駐車場:なし

詳細はこちら

最後に

福岡ではマテ貝の採れる潮干狩りスポットが多いのですね。

潮干狩りといえばアサリ採りのイメージがありますが、マテ貝掘りも楽しいですよ!

設備が整っていない場所も多いので、穴場を利用する際には準備をしっかりし、駐車などマナーをしっかり守りましょう!

スポンサードリンク

 - 九州, 潮干狩り