旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

三重県潮干狩り2017潮見表カレンダー!無料のおすすめ穴場は?

      2017/03/16

ゴールデンウィークにおすすめの、子どもも大人も手軽に楽しめるレジャーのひとつが潮干狩り

ゴールデンウィークの予定がまだ立っていないという方は、家庭やカップル、友達同士で潮干狩りに出かけてみてはいかがでしょうか?

三重県には津市をはじめ潮干狩り場が複数あり、シーズンになると多くの人が貝を採りに訪れます。

御殿場海岸や向井黒の浜海岸などといった、無料で潮干狩りの楽しめるスポットも多いです。

そこでこちらの記事では、2017年の三重県における潮見表カレンダーと、無料の穴場も含めたおすすめ潮干狩りスポットといった情報をまとめました!

潮干狩りに出かける予定を立てる際には、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

 

三重県潮干狩り2017干潮時間・潮見表カレンダーや時期!

潮干狩りをするにあたって、チェックしておきたいのは最適なシーズン。

せっかく潮干狩りに出かけたのに、貝がまったく採れなかったらガッカリですよね。

地域によっても変わってきますが、 一般的には3月中旬から5月初旬までが最適とされています。

採りたい貝の種類によっても採れる時期が少しずつ異なり、例えばアサリだと8月まで採れることもありシーズンが長めです。

ただいちばん美味しい時期はやはり5月頃なので、ゴールデンウィークの休みに潮干狩りへ行くのが丁度良いかもしれませんね。

時期が遅くなると貝が毒を含むおそれもあり、7月には潮干狩り自体ができなくなる場所も多いので注意が必要です。

また潮干狩りをする際には、干潮のタイミングに足を運ぶことが大切。

潮が満ちていると危ないですし、そもそも貝が生息している干潟も海に沈んで行くことができません。

そこで出かける前に見ておきたいのが、満潮と干潮の時間がわかる潮見表

三重県の潮見表は、tide736.netで各スポットごとに詳しく見ることができます。

こちらの表では難しいという場合、満潮・干潮の時間は潮mieYellの潮見表カレンダーで見ると分かりやすいですよ。

潮mieYellはスマホ用のアプリもあるので、気軽にチェックしたいときに利用するとよいでしょう。

こちらは御殿場浜に限りますが、かもめ荘のホームページでは干潮の時間だけがカレンダー式で書かれているので、ひと目でどの時間に行けばいいのかが分かりおすすめです。

スポンサードリンク

三重県潮干狩りスポット紹介!無料のおすすめ穴場は?

御殿場海岸

津市に位置する、ビーチバレーの盛んな御殿場海岸。

三重県でいちばんメジャーな潮干狩りのスポットです。

約12キロにも及ぶ長い海岸では、自然のままのアサリやマテ貝が採れます。

遠浅でおだやかな海なので、お子さまから年配の方まで広い世代の人で賑わっています。

白い砂浜と周囲に植えられた青松の景色が美しいことでも有名です。

料金:無料

住所:三重県津市藤方

交通アクセス:JR・近鉄「津駅」より天白行き・香良洲公園行き・米津行き・高茶屋小森南行きバス「御殿場口」または「米津(ラッツ前)」下車徒歩3分

車アクセス:伊勢自動車道「津IC」より約15分

駐車場:あり 無料300台、有料1,500台

詳細はこちら

香良洲海岸

こちらも津市の南部、伊勢の海県立自然公園南端に位置する海岸。

御殿場海岸と同じく、白砂青松の景色が美しいことで知られています。

とても広い遠浅の海岸なので、人がたくさんいてものびのびと潮干狩りが楽しめるのが魅力。

特にお子様連れの潮干狩り・海水浴客に人気です。

遠方からのアクセスが良いので、京阪神など地元以外からも訪れる人もいます。

料金:無料

住所:三重県津市香良洲町

交通アクセス:JR・近鉄「津駅」より香良洲公園行きバス約35分「北浦」下車

車アクセス:伊勢自動車道「久居IC」より国道165号経由約20分

駐車場:あり 無料 500台

詳細はこちら

松名瀬海岸

松坂市に位置する、伊勢湾に面した海岸。

遠浅で波の静かな海で、砂が細かくやわらかい砂浜なので潮干狩りがしやすいです。

アサリをはじめマテ貝やハマグリにバカ貝など、運が良ければ多彩な種類の貝を採ることができます。

更衣室・休憩所・食堂・トイレと施設も充実しているので安心。

ローカルな雰囲気で落ち着いて潮干狩りのできる穴場スポットです。

料金:大人500円、小人200円(4月~6月の土日祝のみ、それ以外は無料)

住所:三重県松阪市松名瀬町

交通アクセス:各線「松坂駅」より

車アクセス:伊勢自動車道「松坂IC」より約30分

駐車場:あり 無料

詳細はこちら

向井黒の浜海岸

尾鷲市の南側に位置する、天然の浜である向井黒の浜海岸。

無料で自由に潮干狩りのできるスポットとして、地元の人々に親しまれています。

比較的混雑が少なく落ち着いた雰囲気の浜では大きなアサリが採れ、ゆったり潮干狩りを楽しめる穴場です。

また向井黒の浜からは湾内に浮かぶ弁財島を、海食洞の穴までよく見えるほど間近なところで眺めることができます。

周辺には熊野古道センターや海洋深層水のお風呂などといった施設もあり、観光にもぴったりです。

料金:無料

住所:三重県尾鷲市向井

交通アクセス:JR紀勢本線「尾鷲駅」より三重交通バス紀伊松本行きで約11分「向井」下車徒歩5分

車アクセス:紀勢自動車道「尾鷲北IC」より約10分

駐車場:あり 普通車500円 20台

詳細はこちら

最後に

三重県には無料で気軽に潮干狩りを楽しめるスポットが多いのですね!

その代わり自然の浜は貝が採れるときと採れないときがあるので、あまり貝の量には期待しすぎないようにしましょう。

自然の豊かな海岸もあるので、ゆっくり美しい景色を眺めるのもおすすめですよ!

スポンサードリンク

 - 関西, 潮干狩り