旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

潮干狩り大阪湾の時期とおすすめスポット!無料の穴場はある?

   

ゴールデンウィークにおすすめの、子どもも大人も手軽に楽しめるレジャーのひとつが潮干狩り

ゴールデンウィークの予定がまだ立っていないという方は、家庭やカップル、友達同士で潮干狩りに出かけてみてはいかがでしょうか?

都会からほど近い大阪湾にも潮干狩り場が複数あり、シーズンになると多くの人が貝を採りに訪れます。

二色の浜をはじめとした海や砂浜の美しいスポットが多く、大阪府内にいながらきれいな景色のなかで潮干狩りを楽しむことができますよ!

潮干狩り場では持ち帰り用の安全な貝も用意されているので、貝毒の心配もありません。

そこでこちらの記事では、大阪湾での潮干狩りの時期や潮見表、おすすめスポット、無料の穴場はあるのかといった情報をまとめました!

潮干狩りに出かける予定を立てる際には、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

潮干狩り大阪湾の時期と潮見表!

潮干狩りをするにあたって、チェックしておきたいのは最適なシーズン。

せっかく潮干狩りに出かけたのに、貝がまったく採れなかったらガッカリですよね。

地域によっても変わってきますが、 一般的には3月中旬から5月初旬までが最適とされています。

採りたい貝の種類によっても採れる時期が少しずつ異なり、例えばアサリだと8月まで採れることもありシーズンが長めです。

ただいちばん美味しい時期はやはり5月頃なので、ゴールデンウィークの休みに潮干狩りへ行くのが丁度良いかもしれませんね。

時期が遅くなると貝が毒を含むおそれもあり、7月には潮干狩り自体ができなくなる場所も多いので注意が必要です。

また潮干狩りをする際には、干潮のタイミングに足を運ぶことが大切。

潮が満ちていると危ないですし、そもそも貝が生息している干潟も海に沈んで行くことができません。

そこで出かける前に見ておきたいのが、満潮と干潮の時間がわかる潮見表

大阪湾の潮見表は、tide736.netで各スポットごとに詳しく見ることができます。

こちらの表では難しいという場合、満潮・干潮の時間は潮mieYellの潮見表カレンダーで見ると分かりやすいですよ。

潮mieYellはスマホ用のアプリもあるので、気軽にチェックしたいときに利用するとよいでしょう。

潮干狩り大阪湾のおすすめスポット!

二色の浜公園

貝塚市に位置し、公園内に二色の浜海水浴場がある海浜公園。

松林など自然が豊富で、海水浴はもちろんスポーツやバーベキューなど様々な楽しみかたができます。

「日本の白砂青松100選」にも選ばれるほどの美しい景色が自慢のビーチは、大阪府内で代表的な潮干狩りの人気スポットです。

砂浜は石や岩が少ないのが特徴で、小さな子どもを遊ばせるのにも安心。

毒を持っている可能性があるので採った貝をそのまま持ち帰ることはできませんが、受付で美味しくて安全な貝と交換してもらえますよ。

時期:2017年4月15日(土)~6月4日(日)

料金:大人(中学生以上)1,500円、子ども750円

住所:大阪府貝塚市澤871

交通アクセス:南海本線「二色浜駅」より西へ徒歩約10分

車アクセス:阪神高速4号・湾岸線「貝塚ランプ」より府道29号・大阪臨海線を南へ臨海二色の浜交差点を右折し約100m

駐車場:あり 600円 約1,850台

ホームページはこちら

スポンサードリンク

箱作海水浴場(ぴちぴちビーチ)

阪南市と岬町をまたいだせんなん里海公園内の箱作側にある、「ピチピチビーチ」という愛称で親しまれている海水浴場。

青い海と白い砂浜に豊かな緑が美しい海岸で、大阪府内にいながら水質も良くきれいな海で遊ぶことができるスポットです。

春には潮干狩りを楽しめる場所でもあり、シーズンには多くの家族連れやグループが訪れます。

こちらでも採った貝を持ち帰ることはできいませんが、砂抜きされた安全な貝をおみやげに持ち帰ることができます。

バーベキューの施設や道具が整っており、手ぶらでも浜場でバーベキューができるのも魅力です!

時期:2017年4月15日(土)~6月4日(日)

営業時間:8:00~17:00

料金:大人(中学生以上)1,300円、小人(3歳~小学生)700円(各あさりのおみやげ付)

住所:大阪府阪南市箱作3346先

交通アクセス:南海本線「箱作駅」より歌山市方面に徒歩15分

車アクセス:第二阪和道「箱作ランプ」「箱の浦ランプ」より右折し旧国道26号線へ合流、下荘小学校交差点を海側へ曲がり直進し泉南里海公園駐車場へ

駐車場:あり 620円

ホームページはこちら

淡輪海水浴場(ときめきビーチ)

こちらはせんなん里海公園内の淡輪側にある、「ときめきビーチ」という愛称で親しまれている海水浴場。

こちらも海の水と白い砂浜がきれいで、白砂青松の景色が美しい名所です。

26年の歴史と実績を持ち、大阪を代表する潮干狩り場としても知られています。

必要な道具がセットでレンタルされており、手ぶらでも潮干狩りが可能。

潮干狩り場内では無料でバーベキューができ、バーベキューコーナーでは食材も提供されています。

時期:2017年4月20日(木)~6月4日(日)

営業時間:8:00~17:00

料金:大人1,300円、小人(小学生以下)700円(大人700g小人400gのあさり付)

住所:大阪府阪南市箱作3346先

交通アクセス:南海本線「淡輪駅」より徒歩約12分

車アクセス:阪和高速「泉佐野南IC」「阪南IC」より国道26号線経由約20分

駐車場:あり 620円

ホームページはこちら

潮干狩り大阪に無料の穴場はある?

大阪の潮干狩り場は有料で管理されているところが多いですが、無料で潮干狩りのできるスポットはないのでしょうか?

実際には全くないというわけではなく、海ではありませんが男里川や樫井川といった川の河口で潮干狩りを楽しむ人もいるようです。

しかし大阪で採れた貝には毒の含まれていることが問題になっており、こういった穴場で採った貝を食べた人が中毒を起こしたという例もあるのだとか。

有料の潮干狩り場でも採った貝をそのまま持ち帰ることはできず、安全な貝と交換をしてもらえるのもそのためです。

無料で気軽に潮干狩りをしたい気持ちは分かりますが、管理されていない無料の穴場には貝毒以外にも事故などの危険がつきもの

なによりも安全に楽しく潮干狩りを楽しめることが大事!お金は払ってでも有料のちゃんとした潮干狩り場を利用することをおすすめします

最後に

大阪府内には整備されている安全に楽しめる潮干狩りスポットが多いのですね!

道具や施設も充実しており、バーベキューも一緒にできるのがうれしいポイントです。

自然の貝には毒の含まれている可能性があるので、いくら無料といっても穴場での潮干狩りは危ないのでやめましょう!

スポンサードリンク

 - 関西, 潮干狩り