旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

ジューンブライド意味や由来と日本では6月の結婚式は多い?

   

何月に結婚式を挙げるか考える時、女性なら誰でも6月のジューンブライドを意識するでしょう。

日本では6月=梅雨。ちょっと雨続きの季節を想像してしまいますが、国によっては、雨も結婚にラッキーなことと考えられているんですよ。

結婚準備を始めると、昔から伝わる言い伝えが目に入ってきますね。

「ジューンブライド」は伝統的なジンクスの一つですが、意味や由来を知っていますか?

実際に日本で「6月の結婚式」を行う人は多いのでしょうか。

ヨーロッパやアメリカに伝わる話を元にしながら、「ジューンブライド」についてまとめていきます。

スポンサードリンク

ジューンブライドの意味と由来

ジューンブライド

ジューンは英語のJuneで6月のこと、ブライドはBrideで花嫁を指しますね。

「ジューンブライド」=「6月の花嫁は幸せになる」という意味ですが、その由来をご紹介しましょう。

結婚の女神に守られた6月

昔ヨーロッパで付けられた毎月の名前には、全部由来があります。

6月のJune(ジューン)は、ローマ神話のJuno(ジュノー)から付けられました。

ジュノーという名前を聞いたことがありますか?

ギリシャ神話時代にはヘラという名前で呼ばれていましたが、ローマ時代にラテン語でユノと呼ばれ、英語読みではジュノーと言います。

ジュノーは「結婚や家族、誕生」など女性の人生に大切なことを担当している女神様なのです。

ジュノーの名前にちなんだ6月に結婚式をすれば、確かに女神様に見守られて幸せな結婚生活をおくることができそうですよね。

そこで、ヨーロッパでジュノーの6月に結婚式を行うのが好まれるようになりました。

昔のヨーロッパは5月までは超多忙だった

農作業が中心だった昔のヨーロッパでは、3月頃から5月頃まではとても忙しい時期だったのです。

結婚式どころではなく、みんな朝から晩まで働いていたのでしょうね。

早く結婚したいカップルも、6月になってからの結婚を楽しみにしていたのではないでしょうか。

6月には夏がやってくる

結婚式 マナー

ヨーロッパでは、6月には夏の気配になります。

5月まで繁忙期だった人にとっては開放感と同時に「夏がきた!」と気持ちもウキウキだったでしょう。

実りたての食べ物やフルーツを囲んで、みんなでワイワイしていたはずです。

青い空や満開の花も結婚式にピッタリ。

6月は人の気持ちも自然も、結婚する二人への祝福モードになっていたことが想像できます。

ヨーロッパ旅行へのベストシーズン表によると、イギリス、スイス、フランス、イタリアと、どこを見ても6月はベストシーズンになります。

海外ウエディングを考えている方は、6月のヨーロッパへ行き「ジューンブライド」になるのも最高ですね!

お風呂で綺麗になった説

この説はアメリカで語られているので、ゴールドラッシュ時代にできた説かもしれません。

砂漠では水も少なかったからでしょうか。昔「お風呂は一年に一回!」6月に入っていたのですって。

そこから「6月の花嫁は綺麗」ということにつながったそうです。

この説はちょっとロマンティックではないのですが、「清楚な花嫁」のイメージということで、納得できます。

スポンサードリンク

日本で6月の結婚式は多いのか?

オリコン調べによると、既婚者の式を挙げた月も、未婚者の理想の挙式月も12か月の中で、6月は2位です。

「梅雨の季節なのに?」と驚かれる人もいるでしょうか。以前は6月の結婚式は少なかったのです。

結婚式業界の方が「ジューンブライド」を紹介するようになって、グングン人気が高まってきました

雨の日の結婚式で幸せになる
ジューンブライド

 

フランスでは「雨の日の結婚は幸せになる」、イタリアでも「雨に濡れた花嫁は幸せになる」なんていう言い伝えがあるのをご存知ですか。

「雨がこれからの涙を全部流してくれる」という理由から言われています。

雨で新緑が濡れている様子を想像してみてください。しっとりして落ち着いた風景ですよね。

ちょっと見方を変えると雨も素敵な演出になるのです。

海外ウエディングをする

ヨーロッパでは6月からは旅行ベストシーズンです。

「ジューンブライド」のジンクスの生まれた国で、祝福に包まれるのもいいでしょう。

海外各地の天候事情はさまざま。6月に天気の良いところを探して結婚式をするのも素敵なこだわりですね。

「ジューンブライド」は何より響きが綺麗!幸せになる魔法がかかっているようです。

まとめ

意味や由来を調べてみると、女神様のご加護があったり、ずっと人々の受け継がれた伝統があるものだったりして、守ってみたくなりませんか。

日本で6月に結婚式をあげようか迷っているならば、サンルームのようなガラス張りの挙式場を選ぶのもいい方法です。

わたし自身は、ホテルのお庭で挙式しました。ガーデンではあるのですが、ガラス張りのチャペルなので雨が降っても、肌寒くなっても安心なのが良かったです。

外が見えるようになっている式場では、雨の日も美しく見えるような工夫がされているものです。

「ジューンブライドがいいな」と思う方は、梅雨だからと思わず、場所や方法を探してみてください。

きっと「最高に幸せな花嫁」になって、一生幸せな結婚生活を送ることができるでしょう。

関連記事

結婚式のホテル手配やお車代の費用相場はどうするべき?

結婚式の受付を頼む人で適任者は?お礼の封筒の書き方や相場は?

結婚式のエンドロールにおすすめの曲!明るい人気な曲まとめ!

ハネムーンの意味とは?新婚旅行を日本ではじめに実施した人は?

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学