旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

結婚式の受付を頼む人で適任者は?お礼の封筒の書き方や相場は?

   

引き出物も決まったし、お料理も決まった、お花もドレスもOK…でも、誰に受付をお願いしよう…?

結婚式は幸せなイベントですが、いろいろな準備をしなくてはいけないので、とても大変ですよね!

ある程度はウェディングプランナーの方がアドバイスをくれるので決めやすいですが、受付は出席者の中からお願いしなくてはならないので、プランナーさんには相談できません。

今回は、そんな結婚式の悩みのひとつである『受付をお願いする人の選び方』についてお話していきます。

スポンサードリンク

結婚式で受付はどんな人にお願いするべき?

結婚式受付

◇誰にお願いする?

受付は、出席者の管理と、たくさんのご祝儀を預からなくてはならないので、責任重大ですよね。

しかも、他の人よりも早くに式場に来てもらわなければいけないので、あまり遠方の人には頼みにくいものです…。

仲の良い友人グループにお願いしたくても、受付は基本2人でして頂くものですから、3人で呼んでいる友人には言いにくかったりしますよね。

では、世の中の人は実際にどんな人に受付をお願いしているのか?アンケート結果があるので以下を参考にしてみてください。

やはり、学生時代の友人が圧倒的ですね。

社内結婚でしたら、新郎新婦ともに会社の同僚にお願いするのも良いかもしれませんね。

筆者の場合も、高校時代の友人2人組にお願いしました。

◇お願いしてはいけない人もいるので注意!

・目上の人にはお願いするべきではありません。

・遠方の人も避けた方がよいでしょう。

できれば未婚の人が好ましいですが、既婚者でも小さなお子さんがいる方や妊婦さんなどには、大変なのでお願いしない方が良いでしょう。

受付をお願いするときの頼み方

結婚式受付 頼み方

通常受付をお願いする場合、招待状に『当日受付をお願いしたいので○時までにお越しください』という案内文のようなものを一緒に添付するものです。

しかし、いきなり招待状のタイミングで受付を頼まれてはびっくりしていまいますし、なんだか断りにくいですよね?

受付をお願いする場合は、事前に口頭やメールなどできちんとお伺いをたてるようにしましょう。
その際の言い方にも注意が必要です。

◇受付をお願いするときの言い方

×「当日、受付をお願いすることになったから!」

○「当日、○○さんと一緒に受付をお願いしたいなと思っているんだけど、やってもらえるかな?」

お願いする場合は、きちんと以下のことを伝えましょう。

・強制ではなく好意でやってもらうのだから、相手の都合を優先しましょう。

誰と一緒に受付をしてもらう予定なのかをきちんと伝えましょう

・初めての受付の場合は不安もあるでしょうから、「当日は、スタッフの人がフォローをしてくれるから大丈夫」などと安心させてあげましょう。

『親しき仲にも礼儀あり』です。
いくら友人でも、プレッシャーのかかる大変なお仕事をお願いするのですから、きちんと誠意を持ってお願いすることをお勧めします。

スポンサードリンク

お礼はどうする?必要?いつ渡す?

結婚式 お礼
引用元: http://skina-wedding.jp/sysdata/images/blog/27/img3.jpg

受付をお願いした方には、感謝の気持ちとしてきちんとお礼をするのが一般的です。

受付は高額なご祝儀を大量にお預かりする、プレッシャーのかかるお仕事ですので、そんな大変なお仕事をお願いするのですから謝礼をするのが社会人としてのマナーではないでしょうか?

◇お礼が必要ない人もいる?

しかし例えば、以下のような場合には謝礼は必要ないかもしれませんね。

・社内間で結婚式の度にみんなで受付をやり合っている場合

・以前友人の結婚式で受付をしたので、その代わりに受付をお願いしている場合

・気心が知れた中で、予め「お礼はいらないよ」と言われている場合
→この場合は、「あとでご飯でもご馳走するね!」などとフランクな約束をすればOKかもしれませんね。

謝礼に関しては、あくまで『一般的なマナー』ということであって決まりではありませんし、関係性や状況に応じて必要かどうか判断すれば良いと思います。

上記のような場合、今まで謝礼のやり取りがなかったにも関わらず、急に自分だけ謝礼を渡してしまったら、それこそ逆に相手に気を遣わせてしまうかもしれませんしね。

◇お礼の相場

では、実際に謝礼をする場合についての相場のお話をしていきます。

謝礼金は大体3千円~5千円程度とされていますが、この場合も相手との関係性によって変わりますので、目安として参考にしてみてください。

また、新郎新婦それぞれの受付に渡すわけですが、相談して金額は統一した方が良いでしょう
同じお仕事をお願いしたにも関わらず、新郎は3千円なのに新婦は5千円…では、後味が悪いですしね。

◇渡し方

基本的には結婚式当日に渡すのが良いでしょう。

しかし、結婚式当日の新郎新婦は大忙しで、ゆっくりお礼を言う時間もありませんよね?

ですので、基本的には新郎新婦の両親(もしくは兄弟など)が、受付をしてくれた人に挨拶をし、謝礼を渡すのが良いでしょう

謝礼を入れる封筒などに特に決まりはありません。

最近は、ポチ袋の表書きに『お礼』や『感謝のきもち』などと書かれたものが売っているので、そのようなものだと良いかもしれませんね。
その際、一言お礼のお手紙などを添えておくと、もらった人も嬉しいと思いますよ。

この場合の謝礼は、親が負担してくれる場合もあれば、新郎新婦が負担する場合もあるので、ご両親と相談してみると良いでしょう。

筆者も、両親にお願いして謝礼を渡してもらいました。
私は学生時代の友人にお願いしていたので、両親とも顔見知りだったと言うこともあり、昔の思い出話で盛り上がったとのことでした。
そんな懐かしい話が飛び交うのも、結婚式の良いところですよね。

まとめ

結婚式の受付は、

・友人や同僚にお願いすることが多い
・誠意を持ってお願いする
・3千円~5千円程度の謝礼をきちんとすること
・謝礼は当日両親に渡してもらう

ということでしたね。

結婚式の受付の選出って、本当に悩みどころなのですよね。
でも、式に呼ぶほど親しい友人なのですから、ちゃんとお願いすれば快く引き受けてくれるでしょう。

一生に一度の大切な結婚式、事前準備はばっちりにして、当日は大切な友人たちと一緒に、幸せ溢れる式にしてくださいね。

関連記事

結婚式のホテル手配やお車代の費用相場はどうするべき?

ジューンブライド意味や由来と日本では6月の結婚式は多い?

ハネムーンの意味とは?新婚旅行を日本ではじめに実施した人は?

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学