旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

今年の関西の梅雨入り梅雨明け時期2017いつかを予想してみた

   

今年も少しずつ梅雨の足音が聞こえてきました。

この時期が季節の中で一番憂鬱だと感じてらっしゃる方も多いのではないでしょうか…

なくてもいいんじゃない?とも思ってしまいますが、そこは四季の美しい日本。梅雨も大切な季節の一部です。

今年はいったいいつから梅雨なの?いつあけるの?と疑問に思ってらっしゃるあなたのために、2017年の関西の梅雨入り梅雨明けを予想してみます。

とは言え、私は気象予報士ではないのでまとめと言うのが正解ですね。

スポンサードリンク

関西の梅雨入り梅雨明け時期THE2017

梅雨っていったいなんなのでしょうか?
梅雨 とは?

◇梅雨とは

日本ではだいたい5月から7月、春から夏に移る時期に北海道と小笠原諸島を除く、本州、四国、九州、沖縄地方、日本以外では中国や韓国、台湾など東アジア地域でみられる気象現象で雨期の一種です。そして、この梅雨が始まることを「梅雨入り」、終わることを「梅雨明け」と言います。

◇梅雨のメカニズム

なぜこんな現象が起こるかというと、北からの冷たくて湿った空気と南からの暖かくて湿った空気、そして西からの乾燥した空気がばったりと出会ってしまうんですね。

出会ったときに互いに押し合いさっさと動けない状態になってしまうものですから、付近で「停滞前線」なるものができあがります。

動けないものですからその場所のたくさんの空気が上昇して雲や雨を作り出す「梅雨前線」ができあがります。

この「梅雨前線」がゆっくりと北上していく間、この前線付近ではその影響で雨が多く、この時期が「梅雨」となります。・

◇梅雨の雑学

この「梅雨」という言葉ですが、そもそもは「ばいう」と読み中国から伝わってきた言葉で日本では江戸時代頃から「つゆ」と呼ばれるようになりました。

スポンサードリンク

2017年の梅雨入りはいつ?

梅雨 とは?

気象庁のデータによると、1951年から去年までで一番早い梅雨入りは5月22日ごろで、一番遅い梅雨入りは6月25日ごろです。

そして去年は6月5日ごろでした。

平均で言うと6月4日ごろとなるのですが、その年の気象状態によってかなりかわります。

今年の予想なのですが、平年並みなら6月7日ごろとなるでしょう。

正確な情報や精度の高い予想は、気象庁のホームページをご覧ください。

◇「平年並み」

平均とどう違うの?と思いますよね。

まず、平均は全てのデータの真ん中です。

平年並みとは、現時点2017年では1971年から2000年まで、30年間の平均値です。

30年間をひとくくりに平均をだしているんですね。

これが、2040年の平年並みは2001年から2030年までのデータの平均になるわけです。

2017年梅雨明けは?

一番早い梅雨明けは7月3日ごろで、一番遅い梅雨明けは8月3日ごろとなっています。

全データの平均は7月20日ごろとなります。

梅雨明けも平年並みと言うことは7月21日ごろとなります。

まとめ

さて、書いている本人も梅雨について少し詳しくなったような気がしていますが、この記事を読んでくださったあなたはどうでしょうか?

あちらこちら調べているときに目にとまったのですが、今年は梅雨入りしてすぐに中休みになるかもと書かれてありました。

6月、雨は平年より少なめで、逆に7月は雨が平年よりも多めだそうです。だからって何?って言われればそれまでですが…

子供の頃はあんなに楽しかった雨。濡れても全然不快じゃなく傘をさしたり長靴をはいて出かけるのが楽しくて仕方がなかったような気がします。

いつからか、雨だと出かけるのが億劫になり気分が滅入るようになってしまいましたが、たまには子供の頃のようにレインシューズをはいてあの頃の楽しかった記憶を思い出してみるのも良いかもしれませんね。

関連記事

梅雨の時期に室内干しの洗濯物を早く乾かすコツは?

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学