旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

梅干しやカリカリ梅の作り方簡単レシピと効果効能は?

   

梅干し 栄養効果

ご飯のお供、梅干し。

何を隠そう、この梅干しが子どもの頃からの大好物です。

昔は、朝起きて梅干し→お昼に梅干し→おやつに梅干し→夕ご飯にも梅干し。
と、梅干し三昧と言っても過言ではありませんでした。(笑)

しかしこの梅干し…本来の姿をご存知でしょうか?

実はただのご飯のお供ではないのです!!

今回は、そんな梅干しやカリカリ梅についての効果効能や、意外と簡単に作れる作り方などについてお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

梅干しとカリカリ梅の違い

カリカリ梅

引用元:http://flower777.mimoza.jp/article/112006322.html

『梅干し』と『カリカリ梅』、最も大きな違いは『食感』や『見た目』ですよね?
では、この2つのどこがどう違うのか、以下に比べてみました。

【特徴(見た目)】

・梅干し → 皮が薄く、シワシワ
・カリカリ梅 → 梅本来の形を残した状態

【食感】

・梅干し → 果肉が柔らかく、ぽてっとしている
・カリカリ梅 → カリカリと歯ごたえがある

【収穫時期】

・梅干し → 梅の完熟時期まで待って収穫
・カリカリ梅 → 実が固い、若い内に収穫

『梅干し』と『カリカリ梅』の大きな違いはこのような感じですね。

特徴と食感についてはご想像通りかと思いますが、収穫時期にも違いがあったとは!!意外でしたね。

また、作り方や栄養面でもそれぞれ違いが見られるので、それについては以下で順次ご説明していきます。

それぞれの作り方

梅干しとカリカリ梅

梅干しの作り方

梅干しを作る時期は、6~7月頃と言われています。

梅の完熟時期は短いので、ご自宅で手作りされる場合は適正な時期を逃さないよう注意してくださいね。

【材料と用意するもの】

・梅(完熟梅)…2kg
・粗塩…360~400g
・焼酎(度数35%以上)…少量(消毒用)
・漬物容器…容量6L程度
・落し蓋…1枚
・重石…2kg程度のもの

【作り方】

①梅干作りの大敵「カビ」!!
使う道具類は必ず熱湯や焼酎等をかけて消毒してください。

漬物容器は、焼酎を少し入れて容器を振って全体に行き渡るようにまわしアルコール消毒し、中に残った焼酎は捨てます。

※プラスチック容器を使う場合内側に敷いた漬物用ビニール袋に焼酎を入れ上記同様に消毒します。

②ボウルを使い、流水で梅を洗います。
梅は柔らかいので、手でやさしく丁寧に汚れを落としてください。

清潔な布巾等で水気を拭き取り、タオル等の上に並べてしばらく乾燥させます。

ザルにあけて水切りをしてもOK。完全に乾かす必要はありません。

表面が少し湿っているくらいのほうが塩が付きやすいためです。

※アク抜きの必要はありません完熟梅はアク抜きの必要はありません。

水に浸けると茶色く変色しますのでご注意ください。

※落ち梅(拾い梅)を使う場合の注意点極稀に梅の中に虫が入る場合がありますので、落ち梅を使う場合は水洗いの後に必ず30~45分水に浸けておきます。

30分以上水に浸けるとほぼ虫が出てしまいます。

③奥に残っているヘタ(ホシ)を、竹串や爪楊枝を使って梅にキズがつかないよう注意しながら取り除きます。

④まず容器の底に塩を一掴み振ります。
次に梅を平らに並べ、その上にまた塩を振り、梅と塩を交互に入れていきます。

梅と梅に隙間が無いように塩を入れ、上に行くほど塩の量を増やします。できれば一番上は塩で隠れるようにする。

その上に落し蓋を乗せます。

※梅農家直伝の失敗しないコツ漬けた梅から梅酢を早く上げるために、白梅酢を少し入れると梅酢の上がりがよくなります。
毎年梅干作りをされる方は梅酢を少し残しておくことをおすすめします。

⑤落し蓋の上に重石(約2kg)を乗せます(梅の量と同量程度)。
漬物袋を使う場合は重石ごと包み込むように縛ります(※重石も予め消毒しておきます)。

3~5日して梅干が隠れるくらいまで梅酢が上がってきたら重石の量を半分以下に減らします。

⑥ホコリ等が入らないよう上からビニール袋をかぶせて日陰の涼しい場所で保管します。

3~5日すると梅酢が、落し蓋付近まで上がって来ますので、重石の重さを半分以下に減らします。

梅は常に梅酢に完全に浸かっている状態にしてください。

ときどきカビが発生していないか確認しましょう。

※失敗しないコツ梅酢を早く上げることが重要です。

梅酢が上がるまで日数がかかってしまうと、梅が傷んでしまう可能性が高くなります。

漬けて2日ほどで梅酢の上がりをチェックして、上がりはじめていればそのままにし、少ない場合は重石を追加します。

何度も容器を開け閉めするとカビの原因にもなりますので注意してください。

※カビが発生した場合梅酢の表面に白いカビが発生した場合はすくって捨ててください。

梅の表面の一部にカビが発生していた場合は、その梅をすぐに取り除きます。

梅や梅酢全体にカビが広がっている場合は取り返しがつかない場合もありますので、道具の消毒や保管場所、容器内を綺麗にしておく事を心掛けましょう。

⑦漬け始めて一ヶ月程度が経ち、梅雨明け頃に晴天が4日間続きそうな日を選びます。
ザルを用意し、ブロックなど土台の上にザルを乗せ風通しを良くします。

■ 1日目ザルに梅を間隔を開けて平らに並べ日光に当て干します。
日中一回は梅を裏返しましょう。

皮が破れやすいため裏返し作業はやさしく行ってください。

夕方になる前に屋内に取り込み、梅酢の入った容器に梅を漬け戻します。

■ 2日目・3日目日中は1日目と同様に干し、今度は夕方前に取り込まず、そのまま夜も干したままにして夜露にあてます。
万一の雨に備えて夜間は屋内か屋根のある場所に移動させておきます。

■ 4日目自分の好みの乾燥具合になったところで取り込みます。
しっとりめが良ければ朝に、乾きめが良ければ夕方に取り込みます。

※土用干し中に、天候が雨や曇りになった場合湿気はカビの原因にもなりますので、外に出さず屋内で保管して晴れた日に続きを再開してください。

⑧その後、ガラスや陶器、プラスチックなどの密閉できる保存容器に入れて冷暗所、または冷蔵庫にて保管します。
干し上がり後はすぐに食べることもできますが、3ヶ月~半年ほどで塩分の角がとれて次第にまろやかな味になった頃がおすすめです。

参考サイト

カリカリ梅の作り方

梅に含まれる『ペクチン』という成分が、梅を柔らかくするのですが、卵の殻を一緒に漬け込むことによって、殻に含まれる『カルシウム』が作用してあのカリカリ食感が持続します!

【材料と用意するもの】

・青梅…1kg
・塩…150g(15%)
・焼酎…200ml
・卵の殻…5〜6個分
・殻を包むガーゼ
・大きめの保存容器…3〜4Lのタッパーや桶など
・竹串
・重し…2kg程度のもの

【作り方】

☆下準備☆
卵の殻は薄皮をとって洗い、電子レンジで約2分加熱し、乾燥させる。ガーゼで包んでおく。

①青梅をボウルに入れ、流水でよく洗い、ざるにあげて水けをきる。
※傷が深くついている実は、傷みやすいので取り除く。

②梅に傷をつけないようにして、竹串またはつま楊子でなり口を取り、清潔な布巾で充分に水気を拭き取る。
取った部分も拭き取る。

③焼酎をボウルに入れて梅を入れ、梅全体がつかるように丁寧に絡める。

④梅をおさえながらボウルに溜まった焼酎を保存容器に移し、濡れている状態の梅に塩をまぶす。
約5分間、手のひらでかなり強めに押し付けるようにもみ込む。

※鮮やかな緑色になるまでよくもみ込みます。

⑤4の保存容器に半量の梅を並べ、ガーゼで包んだ卵の殻をのせる。
さらに残りの梅をきっちりと敷き詰め、梅の2倍の重さの重石をのせる。

梅酢が上がってきたら(最低3日かかります)、全体に梅酢がまわるように、1日に1〜2回くらい容器をゆすってください。

冷暗所で保存し、1カ月くらいたったら食べ頃です。
重石をはずして冷蔵室で保存し、3カ月を目安に食べきりましょう。

参考サイト

梅干しとカリカリ梅の効能

スポンサードリンク

では、梅には実際どのような効能があるのでしょうか?
栄養素・効果効能について以下にまとめてみました。

※基本的には、梅干しとカリカリ梅の効能に大きな違いはありませんので、共通項として記載しています。

【梅干し・カリカリ梅に共通して見られる効能】

(1)クエン酸が豊富!!

・疲労回復効果+老廃物を排出!
・唾液の分泌を促進させて腸を活性化=食欲増進!
・抗酸化+殺菌作用=食中毒予防に!
・女性に嬉しい美肌効果抜群!

梅や柑橘類に共通している『すっぱさ』の正体、それがクエン酸です!

そのすっぱいクエン酸が上記のような効果をもたらして、身体の中も外もキレイにしてくれるというわけなのです。
元気

(2)身体に必要なミネラルが豊富!!

・タンパク質、カルシウム、カリウム、リン、鉄全てが豊富!
・カルシウムはリンゴの4倍!?
・鉄はリンゴの6倍!?
・ビタミンA、B1、B2、Cも豊富に含まれている!!

なんと!これだけの栄養素があったのですね!?

しかも、梅に含まれる有機酸(クエン酸やリンゴ酸などの栄養素)はカルシウムや鉄の吸収を助ける働きまであるのだとか!

カルシウム成分と一緒に梅を摂取することで、吸収率がアップして強く健康的な身体を維持することができます。

(3)肝機能強化+血液サラサラ効果あり!!

・ピルビン酸という成分が肝機能を強化!
・糖+クエン酸=ムメフラール→血液をサラサラに!

この2つの効果のおかげで、生活習慣病の予防に繋がると言うわけです。

梅はもちろん薬ではありませんが、昔から薬用として使われることがあったくらいですものね。

昔の方々の知恵を取り入れて、身体の内側からサラサラで健康的になりましょう。

梅干しとカリカリ梅を使ったアレンジレシピ

梅干しやカリカリ梅は、もちろんそのまま食べても美味しいですが…。

そのまま食べるだけでは勿体ない!!!

梅の塩分と酸味は、食材の旨みを引き立てるのです!

そんな梅の簡単でキレイになれちゃうアレンジレシピをご紹介しちゃいます。

梅干しのアレンジレシピ

・ツナ梅パスタ

パスタを茹でて材料を和えるだけと、とっても簡単!ツナ+梅+ゴマ油の香りが食欲をそそります…。

・大葉と梅干を挟んだ☆さっぱり♪チキンカツ

カツなのにさっぱりと言うのが良いですね。梅と大葉の組み合わせは最強ですからね!

・しゃきしゃきれんこんの梅しそマヨサラダ

レンコンの歯ごたえってクセになりますよね。ポン酢でさっぱり食べられるのも、これからの季節には嬉しいですね。

カリカリ梅のアレンジレシピ

・梅ご飯でサッパリ!焼肉のおにぎらず

今話題のおにぎらずにも、カリカリ梅は大活躍♪

これなら朝・昼・晩どのシーンでも大満足の一品になりますね。もちろん、お弁当でも◎

・ツナとアボカドの和風カリカリ梅コブサラダ

サラダなのにボリューム満点!栄養も満点!!色んな食材が織り成すハーモニーがたまりませんね。

・ご飯がすすむ☆カリカリ梅ひじき

これなら子どもでもパクパク食べてくれそうですね。ご飯のおかわりが止まりませんね…!!

混ぜ込んでもいいし、お弁当にも良さそう♪

まとめ

筆者は昔から梅干しが大好きなのですが、実は結婚してから少し食べる機会が減ってしまったんですよね。

主人が梅干しが苦手なので、梅干しそのものは食卓に並べることがなくなってしまったのですが、実はこっそり料理に入れちゃったりしています☆(笑)

筆者の主人のように酸っぱいのが苦手…という方も、たくさんいらっしゃると思います。

そんな方は、前項でご紹介したように料理にアレンジして積極的に梅干を取り入れてみてはいかがでしょうか?他の食材と程よく調和されて、梅干し特有の酸味も気にならなくなりますよ!

これだけの栄養が詰まった梅干しですから、無理なく取り入れて、中も外もキレイに健康的な身体を作っていきたいものですね。

関連記事

紀州南高梅や梅酒の通販お取り寄せランキングまとめ!

梅シロップの作り方やレシピと効果効能とは?冷凍保存は出来るの?

スポンサードリンク

 - レシピ