旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

夏バテ防止におすすめな食事は?予防に酢や梅は効果的?

   

夏バテ防止には、酢や梅は効果的です。

本格的な夏を迎える前に、夏バテを予防する酢や梅を使った食事をご紹介します。

近年日本の夏は、エアコンなしで過ごせないような、命に関わるほどの猛暑が続いています。

暑いからとエアコンに頼りっぱなしの生活では、自律神経の乱れや免疫力の低下など身体に深刻な影響を及ぼし、夏バテに追い打ちをかけます。

エアコンの設定温度をほどほどにし、夏バテしない体づくりには食事内容が大切です。

スポンサードリンク

夏バテを防止する食事とは?

夏は食欲が落ちて、どうしても冷たいそうめんやそば、冷やし中華などの炭水化物を多くとりがちです。

体力が落ちている夏、炭水化物はエネルギー源ですから、有効なように思いがちですが、ただ食べるだけではエネルギーには変わってくれません。

それどころか、疲労物質を増やしてしまうことになります。

炭水化物を消化するには、ビタミンB1・ビタミンB2、クエン酸が必要なのです。

体にたまった疲労の元の乳酸などを、どんどん消費しエネルギーに変えることで、夏バテを解消することができるのですね。

今年の夏は、食事内容も意識して、夏バテしないようにしたいものです。
ビタミンB1やB2、クエン酸は、どんなものに含まれているのでしょうか。

◇夏バテ解消に有効な食材

夏バテに限らず食事で大切なことは、バランスです。

一度の食事でバランスの良い食事をとるのが難しい方は、一日の中でなるべく意識して摂取するようにしましょう。

(1)ビタミンB1・B2を多く含む食材

・豚肉・レバー
・枝豆・納豆・豆腐
・うなぎ・いわし・ゆず・玄米など

枝豆・納豆・豆腐は手軽なので、夏は意識的に冷蔵庫にストックしておくと良いでしょう。

ニンニクやねぎを加えると、ビタミンB1の吸収が良くなるので、豚肉メニューなどに積極的に取り入れましょう。
(2)クエン酸を含む食材

1・酢
2・梅干
3・ゆず・グレープフルーツ・レモンなど

クエン酸は酸っぱいものですが、疲労回復や食欲促進以外にも、驚くほど多くの効能があります。

酢は夏バテを予防できるの?

酢はクエン酸ですから、夏バテ予防に効果があります。

また、夏に限らず年間を通して食事に取り入れたほうが良いです。

クエン酸の特徴である、体の老廃物を排出する働きがあり、疲労回復効果を期待できます。
それ以外にも、カルシウムの吸収率を良くするという裏技を持っています。

カルシウムは骨や歯だけでなく、筋肉や神経の働きをサポートしていることはご存じですか?

夏は汗と一緒にカルシウムが失われてしまうので、カルシウムを含む食品と食べると、吸収が良いので効果的です。

◇酢の種類と特徴を知っておこう

(1)醸造酢の種類

・米酢

米を1000mlにつき、40g使用して製造された酢で、米が40g以下なら穀物酢になります。

ベースの酒と米だけで作られた酢は純米酢を呼ばれ、1000mlに120gの米が使われています。

・黒酢米
米または米+小麦か米+大麦が原料で、1000mlに180gの米が使用されています。

発酵・熟成や原料によって、米黒酢・大麦黒酢などがあります。

・穀物酢・果実酢
穀物酢・・・米酢・米黒酢・大麦黒酢以外の酢(原材料は米・麦・とうもろこし)

果実酢・・・果実の搾り汁が1000mlに300g以上のもの
りんご酢・ぶどう酢(ワインビネガー)以外は単に果実酢と呼びます。

(2)それぞれの効果

1・米酢

まろやかな風味が特徴で、お寿司や酢の物に使われます。

中には酸味の強いタイプがあり、醸造用のアルコールを混ぜて作ったものは、酸度が強くツンととがった風味です。

2・黒酢

黒酢が健康によいと言われるのは、アミノ酸を豊富に含んでいるからです。

穀物酢に比べ、アミノ酸の含有量が圧倒的に多いのです。

3・穀物酢・果実酢

穀物酢は、安くてポピュラーな酢です。

果実酢では、リンゴ酢はカリウム、赤ぶどう酢にはポリフェノールが豊富で、使われている果実によって、健康に良い栄養素が含まれています。

酢の中でもクセがなく、ドレッシングやマリネのほか、飲む酢としても手軽に摂取できます。

スポンサードリンク

梅の薬効は?

梅には「三毒を断ち、その日の難を逃れる」と昔から言われていますが梅はクエン酸の働きのほか抗菌・整腸・老化防止までいろいろな効能があります。

またクエン酸以外にもリンゴ酸(クエン酸の働きを活発にする)・コハク酸(貝類に豊富)などが含まれています。

お弁当箱の真ん中に梅干しと言えば、昔ながらの日の丸弁当です。

日本には昔からお弁当には梅干しを入れる習慣があります。

傷みやすい季節の抗菌効果だけでなく、体力勝負の仕事が多かった昔には塩分補給という重要な役目も果たしてくれていました。

湿気の多い日本に、もし梅干しがなかったら…想像できません。
日本人のソウルフードとも言える梅干しは先人の知恵なのですね。

◇梅のいろいろな食べ方・使い方

(1)梅のバリエーション
・優秀な保存食として、いろいろなものに応用できる
・クエン酸やベンズアルデヒドは微生物の繁殖を抑える食の防腐剤
・調味料としても万能で、かずかずの料理に使える

(2)

1・保存食~梅干し・梅酒・梅サワー漬け・梅シロップなど手軽に作れて長く保存することができます。
※未熟な生梅には有毒な青酸化合物が含まれているので生食は厳禁です

2・お弁当には梅干しが必須です。食中毒対策に力を発揮します。

3・梅干しは魚料理の臭みを消してくれたり、梅肉エキスにしてパスタやサラダの梅マヨドレッシングなど、調味料として使い道が多いです。

梅も酢も夏バテには効果抜群な、すごい食品なのですね。

動画「【簡単レシピ】梅おこわの作り方、クエン酸で夏バテ予防!!」

今年の夏も猛暑の予報です。

ビタミンB1、B2、クエン酸で夏バテを防止するために、今からでも食事に取り入れていくと良いですね。

※酸っぱいものの制限がある方へ
中にはどうしても酸っぱいものが苦手という方や、食欲を増進するはずの酢や梅干がダメな、逆流性食道炎などの方もいらっしゃいます。

苦手な方や、食事ができないほどバテている方は、ビタミンB1、B2、クエン酸のサプリメントなどを利用してみるのも良いでしょう。

また、今はマイルドな酢が売られていますから、工夫次第で酢の刺激を感じないメニューを作ることができます。

ツーンと来ないマイルドな酢は、少しお値段が高いものが多いです。

確かにスーパーで買うと小瓶なのに高価だったりしますが、意外にネット通販のAmazonなどで、送料を入れても一升瓶で買ったほうがずっと安い場合も。

ぜひ確認してみてください。
また今話題の氷酢たまねぎも、料理に入れてしまうと酢の味が全くしませんよ。

簡単なので、どうぞお試しください。

まとめ

たくさん食べるのが無理でも量より質なので、少しずつでも取り入れることが大事です。

梅は塩分が多いですから、高血圧の方は減塩のものを使うなど、配慮が必要ですね。

ネット上で、クックパッドやオレンジページなどにたくさんのレシピが掲載されています。

メニューが偏らないよう、いろいろなレシピを参考にしてみてくださいね。

猛暑の夏を、食事の内容を心がけ元気に乗り切りましょう。

スポンサードリンク

 - 旅行