旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

大人ニキビの場所で意味がある!原因と治し方や消す方法は?

   

ニキビの原因

大人ニキビを知っていますか?

思春期には誰もが悩んでいたニキビですが、20代からのニキビには意味があります。

食生活や体調の変化、ストレス、毛穴の乾燥など、その原因は皮脂だけではありません。

「昔は皮脂でギトギトしたニキビができていたけど、最近は体調をくずすとできるし、治りにくい気がする。脂っぽくもない。」
それが大人ニキビです。

スポンサードリンク

大人ニキビができる部位別 原因と対処法

大人ニキビの「同じ部位にしつこくでき、なかなか治らない」という特徴は、生活習慣に由来します。

ニキビが発生する部位にあわせてケアをする必要があるのです。

それぞれの部位別に原因と対処法を確認しましょう。

ニキビの原因

◇おでこや髪の生え際にできるニキビ

・原因

もともと皮脂の分泌が多い部位です。

皮脂の過剰分泌もニキビの原因になりますが、すすぎ残しのシャンプーや整髪料、髪そのものが刺激になり発生することがあります。

ストレスやホルモンバランスの乱れが影響することも。

・対処法

○外的要因をなくし、ニキビを刺激しない
シャンプーや整髪料はしっかり洗い流す、ニキビに触れないような髪型にする、できてしまったニキビを触らないなど、刺激をしないように心がけます。

ニキビを隠すためにファンデーションを塗ることもご法度です。

○汚れはしっかりやさしく落とす
いわゆるTゾーンは皮脂分泌がさかんな部位ですのでしっかりと汚れを落としましょう。

ほかの部位のニキビにもいえることですが、ニキビを刺激しないようにやさしく洗ってくださいね。

ただ髪の生え際は洗い残しがある場合があるので、しっかりすすぎましょう。

洗顔後のタオルドライもゴシゴシこすらず、やさしく押さえるように水分を取ってください。

ただし、1日に何度も洗顔すると必要以上に皮脂を洗い流してしまい、お肌が乾燥してしまいますので気をつけましょう。

○保湿をしっかりする
洗顔の後は保湿を心がけましょう。

肌が乾燥していると皮脂や角栓が詰まりやすくなります。

○ストレスはこまめに発散しホルモンバランスを整える
髪の生え際のニキビはストレスが原因で発生することがあります。

たまったストレスを発散することでニキビも解消できるかもしれません。

おでこのニキビはホルモンバランスの崩れが影響している場合もありますので、食事や睡眠などを見直してみることをおすすめします。

◇鼻にできるニキビ

・原因

鼻も皮脂分泌がさかんな部位です。

洗顔の際に皮脂やファンデーションなどの汚れを落とし切れていないとニキビが発生します。

鼻を手で触ることが刺激になりターンオーバーが乱れて毛穴が詰まったり、手についている雑菌が原因でニキビを引き起こすこともあります。

おでこ同様ホルモンバランスの影響を受けやすい部位ですので体調の不調が原因になることも。

・対処法

○しっかり洗顔 でも刺激は避けて
対策としてはきちんと洗顔することが大切です。

しかしゴシゴシ洗うのではなく、泡で包み込むようにやさしく洗いましょう。

定期的にピーリングなどの角栓をケアすることも効果的ですが、無理に角栓を押し出すことが強い刺激になり、ニキビを悪化させてしまうので注意が必要です。

○かならず保湿
皮脂をとりのぞくことはニキビのケアではありません。

肌は乾燥していると、肌を乾燥から守るために、更に皮脂を分泌します。

保湿をしっかりすることで過剰な皮脂分泌を抑えることができるのです。

○なるべくいじらない、触らない
鼻を手で触る癖がある人は、なるべく触らないでください。

毛穴の詰まりが気になって角栓を指や爪で押し出したり、毛抜きで引き抜くことも強い刺激になりますので、控えたほうが賢明です。

紫外線も刺激になりますので対策しましょう。

○体調を整える
ストレスがたまっていたり、脂っこいものを食べすぎていたり、寝不足はありませんか?

ホルモンバランスが崩れると皮脂が過剰に分泌されてニキビが治りにくくなります。

ニキビそのもののケアも必要ですが、あなた自身のケアも大切です。

体調をしっかり整えましょう。

◇口まわりのニキビ

・原因

暴飲暴食、胃腸の荒れ、便秘、冷え性などが原因でニキビが発生することが多い部位です。

ホルモンバランスの影響も受けやすいので、生理不順や子宮内膜症などの婦人科系の病気がある方や妊婦さんも口まわりにニキビができる場合があります。

普段の服薬で胃が荒れることがニキビの原因になることも。

・対処法

○食生活の見直し
暴飲暴食やビタミン不足、嗜好品のとりすぎなどが考えられるなら改善しましょう。

香辛料の刺激がニキビを引き起こす場合もあります。

なるべく温かいものを食べて体を温めると胃腸の働きも向上していきます。

胃腸を労わったり便秘を解消するような食事をするなど、食生活を見直すことはニキビの発生を抑えることにつながります。

○体を冷やさない
冷たい食べ物や体を冷やす食材を摂りすぎない、冷房対策をする、入浴の際はしっかり湯船に浸かるなど、体を冷やさない工夫をしましょう。

「冷えは万病のもと」という言葉があります。

体を冷やさないことは婦人科症状の緩和や便秘解消のほかに、ニキビの解消にもなるのです。

○保湿も忘れずに
体調が悪いとき、口まわりがカサつくことはありませんか?

しっかり保湿ケアをして、ニキビを増やさないように心がけましょう。

スポンサードリンク

◇あご・フェイスラインのニキビ

・原因

一番の原因としてはホルモンバランスの乱れや代謝の低下、精神的なストレスが原因で特にニキビができやすい部位です。

体の中に原因があり、複数の原因が複雑に絡み合ってニキビが発生するので、治りにくくお肌のケアだけではなかなか解消されません。

頬杖をつく癖がある場合は手についていた雑菌がニキビを悪化させることがあります。

男性の場合は髭剃りによるカミソリ負けが原因でニキビができることも。

・対処法

ニキビの原因
○ストレスをためない
ストレスがたまっているのなら解消しましょう。
ストレスを解消することを後回しにしないで、楽しいことを探してみましょう。

ニキビができるほどストレスがたまっているのなら、それだけあなたは頑張っているということです。

思い切りストレス発散してください。

○生活習慣を改める
寝不足があるならば寝る時間を作りましょう。

糖質・脂質の摂りすぎやビタミン不足など考えられるなら食生活を改善しましょう。

少しずつでも自分を労わることでニキビを繰り返さない生活習慣を手に入れることができます。

また、過度なダイエットはあごやフェイスラインにニキビができることもありますので、その場合は体の負担にならないダイエットを探しましょう。

○刺激を与えない
もしあなたに頬杖をつく癖があるなら、他の癖にすり替えることでニキビへの刺激を減らすことができます。

例えば、ガムを噛む、姿勢を正す、足首を回すなど。

習慣として洗顔後にシャンプーをする場合は、順序を逆にしてみましょう。

洗顔を最後に行うことで流し残したシャンプー・コンディショナーを洗い落とすことができます。

髭剃りによるカミソリ負けは、シェービングクリームを試したり、自分に合うシェーバーを探してみましょう。

○やっはり保湿
ほかの部位のニキビ同様、皮脂の過剰分泌を防ぐためにかならず保湿しましょう。

まとめ

大人のニキビには複数の原因があります。
◇ストレス
◇ホルモンバランスの乱れ
◇生活習慣
◇手・髪・紫外線など外部刺激
◇乾燥

部位によって詳細な原因は違いますが以上5点がおおまかな原因です。

ニキビができる部位は人によりさまざまですが、どんなニキビにも根深い原因があることがうかがえますね。

大人のニキビは治るまで時間がかかるものですが、必ず良くなります。

◎ストレスを解消する
◎生活習慣を改善する
◎睡眠を十分にとる
◎ニキビを刺激しない
◎しっかり洗顔し保湿する

ニキビができる部位にあった対処をすることも必要ですが、何より大切なのはあなたがあなた自身を「労わること」です。
悩ましい大人のニキビを治し、輝くような笑顔をぜひ取り戻しましょう。

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 旅行