旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

女性も注意!加齢臭の原因ノネナールの対策や除去はできる?

   

ワキ汗

「ノネナール」という言葉、あまり聞き慣れない言葉かとは思いますが、「加齢臭」という言葉は、すでに多くの人が認知している言葉ですよね。

けれど、このノネナールという物質が、人間の体臭を変化させ強烈な加齢臭にさせる原因なのです。

加齢臭と聞くと中高年の男性をついイメージしがちですが、しかし、男女関係なく訪れるのが老いというもの。

つまり、加齢臭とは男性だけじゃなく、女性にだって発生するものだということを忘れてはいけません。

身体が老いていくのは自然の摂理だとしても、誰も臭いとは思われたくないですよね。

それなら、どうやったら、この「ノネナール」の除去、あるいは増加させないような対策ができるでしょうか?

加齢臭がこれから気になりだす方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

加齢臭の原因、ノネナールとは?

生きている人間の皮膚は、実際に動いている自分たちより実はすごく働き者だということを知っていますか?

皮膚はヒトが休んでいる間にも毛穴から皮脂を分泌し、肌や髪の潤いを保とうとしています。

その皮脂の中にある、パルミトオレイン酸という脂肪酸が酸化して、分解されることで加齢臭の原因となるノネナールが発生するのです。

パルミトオレイン酸は若いころはほとんど作られません。

40歳を過ぎた頃から一気に増えるためにノネナールが発生するので、加齢臭と呼ばれるようになったのだといいます。

体臭

男性と女性の加齢臭の違いは?

加齢臭の原因となるノネナールは男女関係なく発生しますが、女性よりも男性のほうが臭いを感じやすいのも事実です。

それは、男性にはもともと少ない女性ホルモンの働きのおかげだといいます。

女性ホルモンは、加齢臭の発生源ともなる皮脂の分泌を抑えることで、ノネナールの発生を抑制してくれているのです。
しかし、女性が閉経を迎える50代頃になると、女性ホルモンはごくごく少量しか分泌されなくなってしまうため、女性は歳を重ねていくごとに加齢臭がきつくなっていく傾向があります。

一方で、男性は男らしさを保つための男性ホルモンが減っていくことで皮脂量も減少し、ノネナールの発生も少なくなるため、60代頃を境に加齢臭が若干弱まっていくのだそうです。
加齢臭が発生するのは男性の方が早いですが、年を重ねていくことで加齢臭が強くなっていくのは女性の方が多いということになります。

そのため、男性だけではなく女性も十分な加齢臭対策をすることが必要になっていくのです。

スポンサードリンク

加齢臭を悪化させないようにする対策

加齢臭は皮脂を酸化させる活性酸素を減らすことで、ノネナールとなることを防げます。

活性酸素はお酒やタバコを減らすなど、食事や日々の生活に気を付けていれば、それだけで改善することが十分に可能です。

また、女性にとっては皮脂の分泌を抑える女性ホルモンを体内で増やすような対策をとれば、加齢臭が増していくのを食い止めることができます。

(1)食生活の見直し

まずは、飲酒やタバコを必要以上にとらないことを心がけましょう。

タバコは吸うこと自体が身体に害しか与えませんし、お酒も飲みすぎれば万病のもとです。

健康にも加齢臭の改善のためにも思い切ってやめることを決めるか、少しずつでも減らしていくことが大切になります。

また、ストレスや疲労を感じやすい環境にあると、身体の中で疲労物質がうまれ活性酸素が大量に発生します。

ストレスを感じてしまうと、人はタバコやお酒、過食などに甘えてしまい、さらに加齢臭を悪化させてしまうこともあるのです。

食事は野菜や大豆、魚などを中心にしたものに変え、ストレスをため込まないようにするのが加齢臭の対策の一つにもなります。

(2)女性ホルモンを増やす

体内から産生される女性ホルモンは35歳を過ぎた頃からどんどんと減少していきます。

つまり、外部から女性ホルモンを補ってあげることで、減少していく女性ホルモンを活性化し、加齢臭の予防につながるのです。

大豆イソフラボンをとる

豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品に含まれるのが大豆イソフラボンという成分です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た構造をしているため、体内の女性ホルモンを活性化するといわれています。

牛乳を豆乳変える、一食必ず大豆製品を食べるなど、大豆イソフラボンを積極的にとることで加齢臭の増加を防げるのです。

恋のドキドキ感を味わう

恋愛で感じるドキドキ感は、実は本当に女性をキレイにさせる成分を発生させています。

幸せな気持ちであったりすると、その結果エストロゲンという女性ホルモンの分泌を増やしてくれるので、さらに女性らしさが増していくのです。

恋愛をすることが難しい場合は、好きな芸能人を見たり、恋愛映画を観ることでもエストロゲンの増加につながります。

(3)寝不足に気を付ける

睡眠中にホルモンは多く分泌され、ホルモンバランスを整えようとします。

睡眠不足になると脳からの指令が乱れホルモンバランスを崩してしまうので、女性ホルモンであるエストロゲンの産生に影響を及ぼすことになるのです。

出来ればシンデレラタイムといわれる夜の10時頃には就寝できるようにして、十分な睡眠をとることが美しく健康的になり、ついでに加齢臭の予防もできる一石二鳥な対策でしょう。

(4)加齢臭の対策グッズでノネナールを除去

皮脂は毎日毛穴から分泌されるものですから、根本的になくすことは絶対にできません。

しかし、現在販売されている石鹸やボディソープなどは、毛穴に入りこんだ皮脂をキレイにとり、肌の潤いを保つ成分も配合されています。

必要以上に分泌された皮脂を除去できれば、結果的にノネナールの発生を抑えることにつながり、加齢臭がきつくなるのを防いでくれるはずです。

特に皮脂の発生場所となる背中や胸元、頭はしっかりとシャンプーも残らないように洗い流しましょう。

また、浴槽につかって入浴することも毛穴の奥にある皮脂を取り除くのに必要な対策になるので、シャワーだけで済ませてしまうことが多い方はお湯にしっかりとつかることも大切です。

デオドラントや消臭効果の高いケア用品は、加齢臭が気になる場合、とても頼りになりますので、積極的に使ってみてください。

まとめ

加齢臭の対策は「あとでやる」ではなく、「今やる」ことが一番大切であり、有効的なものになります。

ひどくなっていく年齢になる前に、自分の生活を見直し、改善していくことで健康的で清潔を保ったまま年齢を重ねていけるのです。

自分の臭いは自分自身ではなく、周りの人に影響を与えます。

「あのひと、何年たっても素敵ね」と、加齢臭なんて感じさせない人物になるためにも、男女ともに対策をしっかりと行っていきましょう。

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 旅行