旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

筋トレダイエットで女性らしいボディラインに!食事やメニューは?

   

筋トレダイエット

「今度こそ痩せる!」そう言いつつも長続きしなかった・・・そんな経験ありませんか?

「ダイエットはしたいけどハードな運動や厳しい食事制限は長続きしない」「簡単に続けられる方法があれば・・・」このような悩みを持っている女性は多いはず。

今回は、そんな悩みを抱える女性に朗報です♪
筋トレをして「しなやかな身体」をつくり、健康的に痩せるダイエット方法をご紹介します。

きつ〜い食事制限はありません。
美味しく・ヘルシーに続けて、理想のボディラインを作りましょう♡

スポンサードリンク

痩せるためにはなぜ「運動」が必要?

◇ダイエットといえば「運動」

まるでセットのように使われる言葉ですが、そもそもなぜ運動が必要なのでしょうか?

・「体脂肪を消費させるため」「筋肉量を維持するため」

体脂肪の消費は、簡単に言えば「その日に食べた分以上のカロリーを消費」することです。

一番大事なのは、「筋肉量を落とさない」ことです。落ちてしまうとリバウンドをしやすくなってしまうのです。

◇「運動」は大きく分けて2種類ある

単に運動といってもたくさん種類があります。
より効率的にダイエットをするにはどんな運動が良いのでしょうか?

有酸素運動

ウォーキング、ジョギング、水泳、エアロビ・・・等
「ダイエット」と聞いてイメージされやすいものが該当します。

「体脂肪をエネルギーとして使用する」効果があります。

無酸素運動

「筋トレ」と呼ばれる運動です。
「脂肪を燃やす効果を確実に高める」効果をもっています。
これがダイエットの鍵といっても過言ではありません。

有酸素運動と、無酸素運動(筋トレ)組み合わせて初めてダイエットの効果が出るのです・・・!

筋トレが大事な理由

リバウンド知らずの身体へ

筋トレをすると代謝が上がります。
その時だけ上がるのではありません!

なんと、運動後6時間以上は脂肪の分解が続き、72時間程度は代謝が高い状態が続くのです!

ちなみに、有酸素運動がカロリーを消費するのは「運動をしている間のみ」です。

・脂肪燃焼のスタンバイ効果

筋トレを行うと、アドレナリンと成長ホルモンが分泌されます。
これは「脂肪を分解する」効果をもたらします。

※脂肪は分解されても、「燃焼」はされていません。

「筋トレ」をしてからウォーキング等の「有酸素運動」をして
効率的に脂肪を燃やしていくのです!

スポンサードリンク

簡単に続けられる筋トレとは・・・?

「筋トレが大事なのは分かったけど、どうしたら良いの?」

動画を見ながら、自宅でできる筋トレをご紹介します!

体幹を鍛える

・「体幹」は身体の基礎となる箇所です。
体幹を鍛えることで、代謝が上がり全身へのダイエット効果があります。

ダイエットは筋トレを!女性が自宅で筋トレできるメニューは?


背中を鍛える

「最近下着に肉が乗る」「猫背気味」・・・当てはまる方はいませんか?
鍛えにくい箇所ではありますが、人から見られやすい部位でもあります。

背中を絞って、姿勢もスッキリさせましょう!

腹筋を鍛える

「ぽっこりお腹をどうにかしたい!」「でもハードな腹筋はちょっと・・・」

そんなあなたにオススメの筋トレ動画です。
テレビを見ながら筋トレできる、手軽な内容となっています。

ふくらはぎを鍛える

・「鍛えたら、脚が太くなりそう」そんなイメージを持つ方は多いと思いますが、実は誤解です。

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれるほど、身体の血流に大事な役割を担っています。

ここを鍛えることで、身体の下に溜まりがちな水分や血液を全身に送ることができるので、冷えやむくみ防止効果が期待できます。

つまり、「脚のシェイプアップ」になるのです♪

筋トレに欠かせない食事について

筋トレダイエット

「ダイエット=ツラい食事制限」なんてことはありません!
効果的な栄養素をおさえれば、無理なく身体を引き締められます。

タンパク質

筋肉を作り出すはたらきがあるので、代謝向上に役立ちます。

細胞や皮膚を作り出す役割もあるので、髪や皮膚の潤いにも必須の栄養素です。

例)
豆乳、牛乳、肉(主に鶏)、魚(主にマグロ)、卵等

食物繊維

善玉菌を増やして腸内環境を整えることで便通がよくなります。

血糖値の急激な上昇を抑え、胃の中で水分を含み膨らむことで食べ過ぎ防止にもなります。
ダイエットのみならず健康そのものに直結するのです。

例)玄米、おから、ひじき、わかめ、さつまいも、こんにゃく、エリンギ、切り干し大根、干し柿、キウイ等

ビタミンB群

エネルギー代謝に関わるビタミンで、代謝向上には不可欠です。

不足すると、疲れを感じやすくなったり肌荒れや口内炎ができたりします。

例)豚肉、きな粉、海苔、豚・牛のレバー、卵、納豆、うなぎ、
にんにく、ピスタチオ、大豆、ヨーグルト、牛乳、鮭、ほうれん草等

まとめ

今回は、「ダイエット」「筋トレ」「栄養素」の3つの関連性についてまとめてみました。

「体重を落とす」ことだけがダイエットというわけではありません。
脂肪と一緒に筋肉も減ってしまっては、リバウンドの原因となります。

痩せた後も体型を維持するためにも筋肉は必要不可欠なのです。

そのために、簡単に続けられる筋トレメニューや、大事な栄養素を紹介しました。

より効果的で体型維持が出来る生活を今日から初めてみませんか?

関連記事

夏まで痩せる為の運動方法やダイエット時の食事レシピは?

夏までに脚を痩せる為の簡単おすすめダイエット方法!

夏までに二の腕を痩せる為の簡単おすすめダイエット方法!

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 旅行