旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

大曲花火大会2017会場へのアクセス方法!臨時列車の時間は?

   

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

なかでも秋田県の大曲で行われる全国花火競技大会(大曲の花火)は、日本三大花火大会のひとつに数えられるほどの大規模なもの。

花火の形や色などの良さを競い合う正式な競技なので、打ち上げられる花火は本格的なものばかり!

もちろんメインは夜の花火ですが、国内では珍しい昼間に打ち上げられる花火を見ることもできますよ。

そこでこちらの記事では、2017年における大曲花火大会の日程やプログラム、有料席チケットの申し込み方法、会場へのアクセス方法や臨時列車の時間といった情報をまとめました!

今年は大曲の花火を観に行こうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク

 

大曲花火大会(全国花火競技大会)とは?

秋田県の大曲に位置する雄物川河川敷運動公園で、毎年8月末に開催される「全国花火競技大会」。

多くの人々に「大曲の花火」として親しまれており、日本三大花火大会のひとつにも数えられている大規模な花火の競技大会です。

国内では唯一の昼花火を競う大会でもあり、夕方のまだ日の高い時間帯から花火が打ち上げられはじめます。

大会では製作した職人さんが自らの手で花火を打ち上げ、その形や配色、開くタイミングなどを厳密に審査。

従来の形に捉われずストーリー性や立体感などを競う、創作花火の大会も行われます。

現在は他の花火大会でもよく見られるようになった、キャラクターものやかわいい形をした花火はこの大会から生まれたそうですよ。

大曲花火大会2017の日程やプログラム!

今年の第91回全国花火競技大会(大曲の花火)の開催日程は、2017年8月26日(土)

昼花火は午後5時30分、夜花火は午後6時50分からの開催となります。

開催プログラムの内容は以下のとおりです。

昼花火の部

現在は大曲でしか行われていないという、珍しい昼花火の競技。

夜の花火は光で出来ていますが、昼花火では色のついた煙をあげて空に鮮やかな模様を描きます。

なかには夜花火と同じように、牡丹や菊といった花を形どる高度な技術を駆使したものもありますよ。

昼花火は模様の多様さと色彩の鮮やかさ、形といった要素が審査の対象です。

10号玉の部

伝統的な花火自由創造的な花火の2発を打ち上げ、その総合点数を競うプログラム。

伝統的な花火には四重に開く「三重芯」や五重に開く「四重芯」、さらに六重に開く「五重芯」といったものがあり大きくてとても見ごたえがあります。

自由玉はたくさんの小さな花火が咲く「千輪菊」や開いた光がしだれてゆくようすが雅な「冠菊」など、いろんな種類の花火を見られるのが魅力です。

こちらでは花火の形が整っているか、色や開くタイミングは適切かなどが審査され、伝統的な技術力が問われる部門であるといえます。

創造花火の部

従来の花火のイメージとは異なる、オリジナリティにあふれた花火を競うプログラム。

花火といえば丸型のイメージがありますが、この部門ではハートや花の形をしたかわいい花火や、キャラクターの形をしたものも見られるかもしれません。

大人はもちろん、お子さまにも喜ばれる花火が多い部門ともいえるでしょう。

創作花火では、形や立体感、ストーリーなどの創造性がが評価されます。

スポンサードリンク

大曲花火大会2017の有料席チケットの申し込み方法!

全国花火競技大会は80万人もの観覧客が訪れた年もあるという、とても人気の高いイベント。

そのため会場はとても混雑し、花火を見るための場所取りをするのも大変です。

そこでおすすめなのは、会場の席を確実に予約することのできる有料観覧席

こちらも申し込む人が多く抽選での販売になるのですが、当たる可能性もあるので申し込む価値はあると思いますよ!

例年の有料席チケットの申し込み方法は、大曲市民会館での直接販売・往復はがきでの販売・インターネット受付販売の3種類。

2017年の個人向け販売情報はまだ公開されていませんが、例年通りだとそれぞれの方法で時期をずらして販売されています。

現在公開されている席のチケット料金は以下のとおり。

A席(定員6名):23,000円

C席(定員5名):15,000円

昨年には1名3,000円のイス席もあったようです。

団体向けの有料観覧席チケットの情報は公式ホームページに記されており、個人向けについてもも4月には公開される予定です。

大曲花火大会2017会場へのアクセス方法!臨時列車の時間は?

全国花火競技大会の会場となる雄物川河川敷運動公園の住所は、秋田県大仙市小貫高畑地内(大曲地区)。

交通アクセスはJR秋田新幹線・各在来線の「大曲駅」が最寄りで、そこから歩いて約30分ほどの所にあります。

最寄駅に新幹線が停車してくれるのは、遠方から来るときにもありがたいですね!

自動車でのアクセスは秋田自動車道の「大曲IC」が近いですが、会場周辺では広範囲にわたって交通規制が行われるほか大規模な渋滞も起こります。

そのため駅から少し距離はありますが、電車と徒歩で向かうのがいちばんスムーズですよ。

また花火大会当日に、JR奥羽本線では普通電車や特急の臨時列車が運行されます。

花火電車は午前中から秋田駅発で出ているので、なるべく早めに会場へ向かうのがおすすめですよ!

また花火終了後の帰りの時間にも臨時列車が多く出ており、深夜0時以降発のものもあるので焦らずゆっくり帰宅するようにしましょう。

昨年の時刻表をこちらから見ることができるので、そちらを参考にして頂ければとおもいます。

今年の臨時列車の時間はまだ発表されていませんが、花火の日程が近付いてきたら公式ホームページで公開されると思われるので随時チェックしておきましょう。

最後に

伝統的な花火から創作花火や昼の花火まで、いろんな種類の本格的な花火を見ることができるのですね!

さすが全国的に有名な花火大会。近場の花火では飽きてしまったという方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

その代わり会場や周辺道路はとても混雑するので、アクセスや場所取りについては前もってきちんと対策しておきましょう!

スポンサードリンク

 - 東北, 花火