旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

淀川花火大会2017梅田・十三会場の場所は?納涼船や観覧席情報

   

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

なかでも大阪府の淀川で8月中旬に行われるなにわ淀川花火大会は関西で有数の規模を誇る花火大会。

水都大阪の夏の風物詩として親しまれ、開催日には多くの見物客が訪れます。

そのため会場付近はたくさんの人々で混雑し、辿り着くまでも場所取りをするのも大変!

そこでこちらの記事では、2017年における淀川花火大会の梅田・十三会場の場所や行き方・アクセス、納涼船・有料観覧席の予約方法やおすすめスポットといった情報をまとめました!

今年はなにわ淀川花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

なにわ淀川花火大会とは?

大阪市に位置する新淀川で、毎年8月の初旬に開催される「なにわ淀川花火大会」。

地元である十三のボランティアスタッフによって手がけられた、手作りの花火大会です。

1989年(平成元年)に十三どんとこい祭の運営委員会が中心となって発足した「平成淀川花火大会」がはじまりで、2006年に現在の「なにわ淀川花火大会」へと名前が改められました。

そんな地元のボランティア活動で生まれたなにわ淀川花火大会ですが、現在はすっかり大阪の夏の風物詩として定着し、毎年多くの見物客が訪れるイベントとなっています。

今や大阪で最大級を誇る有名な花火大会なのでもっと歴史が長いものかと思っていましたが、短い年月のあいだにここまで成長したのですね!

プログラムは音楽に合わせて一斉に花火を打ち上げる音楽シンクロ花火からはじまり、淀川という立地を活かした臨場感あふれる水中花火が観客を魅了。

他にもコンサートや冒険をイメージしたストーリー性のある花火に、連続で花火を打ち上げる名物のスターマインなど、エンターテイメント性あふれる花火大会となっています。

ド派手な演出は、さすが大阪らしいですね!

淀川花火大会2017の日程と打ち上げ場所は?

今年のなにわ淀川花火大会の開催日程は、2017年8月5日(土)の予定。

行われる時間はまだ発表されていませんが、昨年は午後7時40分から午後8時40分までの1時間の開催でした。

花火の打ち上げ場所は淀川の阪神高速池田線と十三バイパスの間あたり、大阪の中心地である梅田駅にほど近い場所です。

見物する会場の場所については、次の項目でご紹介します。

淀川花火大会2017梅田・十三会場の場所と行き方・アクセスは?

なにわ淀川花火大会の会場は、新御堂筋淀川鉄橋から下流国道2号線のあいだ淀川の河川敷

淀川をはさんで北側の十三会場と、南側の梅田会場に分かれています。

それぞれの会場には一般無料会場と協賛観覧席があり、協賛観覧席は有料のチケットを購入することで利用が可能です。

会場周辺では交通規制が行われるので、アクセスは公共交通機関を利用するようにしましょう

十三会場・梅田会場の最寄り駅は、以下のとおり。

十三会場

JR東西線「御幣島駅

阪神電鉄「姫島駅

阪急電鉄 「南方駅」「十三駅

JR東海道本線「塚本駅

地下鉄御堂筋線「西中島南方駅

梅田会場

阪急電鉄「梅田駅

地下鉄千日前線「野田阪神駅

阪神電鉄「野田駅

JR「大阪駅」東西線「海老江駅

地下鉄「梅田駅

花火大会の当日には梅田駅方面から会場へ向かう人が多いので、どちらの会場へも十三または野田方面の駅からのアクセスがおすすめ。

最寄り駅がこれだけ多いので、少し距離があってもできるだけ混雑の少ないほうの駅を選びましょう。

また少なくとも午後6時あたりまでには最寄り駅に到着しておかないと、混雑のため開始時間までに会場に到着できなくなる場合があります。

場所取りのこともあるので、できるだけ早めの行動を心がけましょう!

会場周辺の地図やルートは、公式ホームページでご覧ください。

スポンサードリンク

淀川花火大会2017の納涼船やおすすめ有料観覧席情報!

淀川花火大会では花火を目前で見られてなおかつ場所取りの心配もない、有料の観覧席が用意されています。

有料観覧席は主に十三会場に集中しており、場所や席の形態、お弁当つきのものなど種類は様々。

それぞれ代表的な有料観覧席の料金は以下のとおりです。

※こちらは昨年の情報です。今年のものは、公式ホームページの更新をお待ちください。

十三会場

エキサイティングシート(弁当つき):大人9,000円、子ども5,000円(前売りのみ)

アリーナシート(弁当つき):大人7,000円(当日8,000円)、子ども5,000円(当日5,000円)

ステージシート(弁当つき):大人9,000円、子ども5,000円(前売りのみ)

ライトスタンド1・2/レフトスタンド1・2:大人3,500円、子ども2,000円(前売りのみ)

ライトスタンド3/レフトスタンド3:大人4,000円、子ども2,500円(当日のみ)

納涼船(弁当つき):大人18,000円、子ども10,000円(前売りのみ)

梅田会場

通常有料席:大人4,500円(当日5,000円)、子ども2,500円(当日3,000円)

ダイナミックシート:大人2,500円(当日3,000円)、子ども1,500円(当日2,000円)

このほかにもぴあ・イープラス・JTB・セブンイレブン限定で販売される特別席があります。

有料観覧席の中で特におすすめなのは、高台となるパノラマスタンド席

花火から遠からずも近すぎない距離で、いちばん花火の打ちあがるようすがよく見えます

しかしスタンド席はチケットの競争率も高いので、なるべく早めに手に入れましょう!

ちょっとリッチな気分に浸りたいときは、船の上でお弁当を食べながらゆったり花火を見られる納涼船もおすすめ。

お値段は張りますがそのぶんいちばん近い場所で迫力ある花火を満喫することができますし、なにより船の上で花火を見る特別感がいいですよね。

こちらも料金が高いにも関わらず早くに売り切れてしまう席なので、購入はお早めに!

前売りチケットが販売開始される日程は、2017年6月1日(木)の予定。

チケットは各コンビニチケットやぴあ、イープラスなどで購入できます。

有料観覧席の位置は、公式サイトに地図が載っているのでそちらを参考にしてください。

最後に

今や関西でかなり大規模な花火大会としてとても有名な淀川花火大会なので、ボランティア活動から始まったということには驚きでした。

毎年派手な演出で盛り上がるので、近場の花火大会に飽きてしまったというときは一度訪れてみてはいかがでしょうか?

そのぶん会場はとても混雑するので、アクセスや席の確保など対策はしっかりしておきましょう!

スポンサードリンク

 - 関西, 花火