旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

市川花火大会2017有料席チケット情報!穴場や屋台の場所は?

   

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

東京の江戸川河川敷で8月初旬に行われる「江戸川区花火大会」は都内でも有数の規模を誇る花火大会。

千葉県の市川市側でも、「市川市民納涼花火大会」として花火大会が共同開催されています。

毎年たくさんの見物客が訪れる、来客数が日本一の花火大会として有名です。

打ち上げられる花火の数もトップクラスで、様々な趣向を凝らした花火を見ることができますよ。

そこでこちらの記事では、2017年における市川花火大会の有料席チケット、穴場スポットや屋台の出店される場所といった情報をまとめました!

今年は市川花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

※江戸川区花火大会側の会場をご利用の場合は、以下の関連記事をご覧ください。

スポンサードリンク

江戸川区花火大会・市川市民納涼花火大会とは?

東京の江戸川区、江戸川河川敷で毎年8月の初旬に開催される「江戸川区花火大会」。

打ち上げられる花火の数は1万4000発にもなる、国内でトップクラスの打ち上げ数を誇る花火大会です。

毎年開催時にはたいへん多くの見物客が集まり、観客動員数はなんと日本一

現在は江戸川側の河川敷とは対岸にあたる千葉県市川市でも、「市川市民納涼花火大会」として花火大会が共同開催されています。

花火のプログラムは8つのテーマで構成されており、それぞれ趣向の異なる演出が。

オープニングは江戸川花火名物の5秒間1000発打ち、その後は各テーマのイメージに沿ったBGMとともにポップな花火や色の統一された花火など、様々な花火を楽しむことができます。

もちろんフィナーレの演出は、迫力満点でロマンチック!最後まで見逃せません。

市川花火大会2017の日程・時間と打ち上げ場所は?

市川市民納涼花火大会の開催日程は、毎年8月の第一土曜日

そのため今年も例年どおりなら、2017年8月5日(土)に開催されます。

今年の開始時間はまだ発表されていませんが、昨年は午後7時15分から午後8時30分までの開催でした。

会場は江戸川の河川敷、大洲3丁目地先の市川会場と河原地先の行徳会場の2箇所。

メインとなる花火の近い場所は市川会場ですが、落ち着いてゆったり観賞したいときには行徳会場がおすすめですよ。

打ち上げ場所は対岸にある江戸川区花火大会の会場、都立篠崎公園川沿い中心あたりの篠崎グランドになります。

各会場へのアクセスは以下のとおりです。

市川会場

JR総武線「市川駅」より徒歩約15分

JR総武線「本八幡駅」南口より徒歩約30分

京成電鉄「国府台駅」「市川真間駅」より徒歩約20分

行徳会場

東京メトロ東西線「妙典駅」より徒歩17分

 

会場周辺の地図は公式ホームページをご覧ください。

スポンサードリンク

市川花火大会2017有料席チケット情報!

日本一の来客数を誇り、毎年たくさんの見物客で賑わう江戸川区花火大会。

もちろん対岸の市川市民納涼花火大会の会場も、開催当日には多くの人で混雑します。

そのため場所取りをするのも一苦労!早い時間から会場で待機しなければならなかったり、場所を確保できてもギュウギュウ詰めだったりで大変ですよね。

そこでおすすめなのが、市川会場に設けられる有料席

料金が発生するぶん場所取りの心配がなく、花火を目前にした最高のロケーションで見ることができますよ。

有料席を利用するには、前もってチケットを購入しておく必要があります。

チケットの料金や販売方法、発売日は以下のとおりです。

※こちらは昨年の情報です。今年の有料席チケットについては公式ホームページの情報更新をお待ちください。

発売日:2016年6月26日(日)10:00~(6月22日(水)よりネット先行販売あり)

販売方法:チケットぴあによる電話・店頭・インターネット販売

料金:桟敷席(1マス4人)18,000円、ペア席(1シート2人)10,000円、イス席(パイプ椅子1人)6,000円

市川花火大会の穴場スポットは?

花火は見たいけど会場の場所取りに苦労したりお金を払って有料席で見るほどでは…という方もいらっしゃるでしょう。

こちらではそんなときにおすすめの、比較的空いている場所で落ち着いて花火を満喫できる穴場スポットをご紹介します!

行徳会場(河原地先)

メイン会場よりも少し花火から離れた場所に設置されているサブの会場。

芝生が広がっており、ビニールシートを敷いて観賞している人が多いです。

少しは混みあいますが、市川会場よりは落ち着いた雰囲気で花火を見ることができますよ。

大洲防災公園

レクリエーションの場や災害時における拠点としての役割を果たしている公園。

打ち上げ場所からは少し距離がありますが、視界がひらけており花火がよく見えます。

トイレなど設備が充実しているのもありがたいポイントです。

大洲防災公園の詳細はこちら

篠崎ポニーランド周辺の川沿い

ポニーの乗馬ができる、篠崎ポニーランドの周辺。

市川会場とは対岸の、江戸川区側になります。

こちらも打ち上げ場所から少し離れていますが、視界を邪魔するものがなく花火がよく見えますよ。

篠崎ポニーランドのホームページはこちら

市川花火大会の屋台が出店される場所は?


花火大会といえば、屋台で買い食いしながら花火を見るのも楽しみのひとつですよね。

市川花火大会の会場付近には、花火大会当日に屋台も多く出店されます

反対に江戸川区花火大会側は見物客が多すぎるので、会場に近づくにつれて屋台がほとんどなくなってしまいます。

そのため屋台のグルメを楽しみたいなら、市川会場の利用がおすすめですよ!

屋台の出店される主な場所は、市川会場河川敷の土手付近

出店される時間はお昼頃から午後9時あたりまでだそうです。

最後に

都内で開催されるということもありますが、さすが来客数が日本一なだけあって花火の数も大規模なのですね。

もちろん会場付近はとても混雑するので、観賞する場所やアクセス方法などは前もって計画しておきましょう。

屋台で買い食いを楽しみたいなら、こちらの市川花火大会がおすすめですよ!

スポンサードリンク

 - 関東, 花火