旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

琵琶湖花火大会2017穴場のアクセス方法!場所取りの時間は?

   

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

滋賀県の琵琶湖で8月初旬に行われるびわ湖大花火大会は全国的にも有数の規模を誇る花火大会。

琵琶湖の水面でひらく水中スターマインは、この花火大会ならではの美しさですよ。

ただ人気が高く毎年多くの見物客でにぎわうので、場所取りをするのも大変!

そこでこちらの記事では、2017年における琵琶湖花火大会の日程や打ち上げ場所、場所取りにおすすめの時間、穴場スポットへのアクセス方法といった情報をまとめました!

今年は琵琶湖の花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

びわ湖大花火大会とは?

滋賀県のシンボルである琵琶湖で、毎年8月初旬に開催される「びわ湖大花火大会」。

琵琶湖における夏の風物詩として、主に関西で親しまれている花火大会です。

全国的にも有数の規模を誇り、毎年地元だけでなく県外からも多くの見物客が訪れます。

花火は琵琶湖という立地を活かした、水面で半円にひらく連発花火である水中スターマインが魅力。

湖の水面に映る花火は、他ではなかなか見られない美しさですよ。

また毎年異なるテーマやプログラムが組まれるので、毎年見に行っても飽きることはありません。

昨年には「虹」をテーマとした、約1万発もの花火が打ち上げられていました!

琵琶湖花火大会2017の日程・時間と打ち上げ場所は?

びわ湖大花火大会の開催日程は、毎年8月8日(土日の場合は直前の金曜日)。

そのため今年も例年通りなら、2017年8月8日(火)に行われます。

今年の開催時間はまだ発表されていませんが、昨年は午後7時30分から午後8時30分までの約1時間の開催でした。

花火の打ち上げ場所は、滋賀県営大津港沖の水面一帯(住所:滋賀県営大津港沖)です。

スポンサードリンク

琵琶湖花火大会2017場所取りにおすすめの時間は?

琵琶湖花火を見物するためのメイン会場となるのは、大津港周辺のびわ湖岸に約1キロメートルにわたり続いている「なぎさ公園」。

なぎさ公園でのレジャーシートを置くなどした場所取りは一切禁止されているので、場所を確保したらそこから離れることはできません。

一般用の観覧場所は、入場規制エリア・びわ湖ホールエリア・におの浜エリアの3つに分かれています。

入場規制エリア

入場規制エリアは打ち上げ場所からいちばん近く大迫力の花火を見ることができますが、名前のとおり入場規制アリ。

人数が定員になる、例年午後6時頃にはこのエリアは閉鎖されます

入場規制エリアが開放されるのは、当日の午後2時から

しかしそれ以前の時間帯から、びわ湖ホールエリアの西側で入場待ちの列が設けられ整理券が渡されています。

整列場所には正午12時頃から列ができはじめるのでそれに合わせて行くのが確実ですが、早すぎると感じる場合はせめて午後3時頃には到着しておきましょう。

びわ湖ホールエリア

びわ湖ホールエリアも入場規制エリアよりは離れていますが、じゅうぶん花火の臨場感を味わえる近さです。

入場規制エリアほどではありませんがこちらも人気の高いエリアなので、午後4時頃までには着いておく必要があります。

におの浜エリア

一方におの浜エリアは打ち上げ場所から離れていますが、そのぶん花火の全体が見やすいです。

また他2つの会場よりは人混みも少なく、落ち着いて花火を楽しむことができますよ。

観賞場所も、午後5時頃になってもじゅうぶん確保できるそうです。

 

どのエリアで花火を見たいかで場所取りに行く必要のある時間が変わってくるので、前もってきちんと計画しておきましょう!

各エリアの場所や周辺地図は、公式ホームページから見ることができますよ。

また会場には、予約のできる有料観覧席も用意されています。

花火を間近で見たいけど早い時間から場所取りをするのはちょっと…という場合にはおすすめですよ。

有料観覧席の情報も毎年ホームページで公開されているので、随時チェックしておきましょう。

なぎさ公園へのアクセスは以下のとおりです。

JR琵琶湖線「大津駅」または「膳所駅」より徒歩約15分

京阪電車「浜大津駅」より徒歩約5分

琵琶湖花火大会穴場スポットへのアクセス方法!

メインのなぎさ公園周辺は混雑するから、もっと人の少ない落ち着いた場所で花火を観賞したい…。

そんなときにおすすめの、琵琶湖花火大会の穴場スポットはこちら!

アクセス方法もあわせてご紹介します。

皇子山運動公園

大津市で多くの人に利用されている代表的な運動公園。

開始時間間近の午後6時頃でも余裕を持って場所取りができ、駐車も可能な穴場スポットです。

複数箇所から打ちあがられる花火を、横向きに一直線でまとめて見られる場所でもあります。

花火の音などの臨場感も十分。

ただ水中スターマインなど、水面近くの花火は見づらいです。

住所:大津市御陵町4-1

交通アクセス:JR湖西線「大津京駅」より徒歩約10分、京阪電車「皇子山駅」より徒歩すぐ

皇子山運動公園のホームページはこちら

矢橋帰帆島公園

なぎさ公園の対岸に位置する、施設の充実した公園。

打ち上げ場所からは少し距離がありますが、花火はじゅうぶんに見ることができます。

最寄り駅からは距離があるので、自動車でのアクセスがおすすめ。

大型の駐車場が完備されているので、車を泊めるのにも心配はいりません。

住所:滋賀県草津市矢橋町2108

交通アクセス:JR「草津駅」西口より近江バス浜大津・石山駅・瀬田駅行き「矢橋」下車徒歩約10分

車アクセス:名神高速道路「瀬田西IC」または「草津田上IC」より約15分

矢橋帰帆島公園のホームページはこちら

夢見が丘(比叡山ドライブウェイ)

有料道路である比叡山ドライブウェイの田の谷ゲートから、約2キロほど先にある展望台。

打ち上げ場所から距離があるので迫力には欠けますが、花火の全体がよく見えます。

湖の水面に花火が映るようすも、とても美しいですよ。

また普段から夜景スポットとして知られており、花火と大津の夜景を一緒に楽しむこともできます。

カフェテラスがあるので、花火の前にお食事をするにもぴったりのスポットです。

住所:滋賀県大津市山上町776-30

アクセス:名神高速道路「京都東IC」より西大津バイパス経由、県道30号線から田の谷ゲートに入り約5分

比叡山ドライブウェイのホームページはこちら

最後に

水面で半円型にひろがる花火、どのようなものなのかお目にかかってみたいですね。

メイン会場はとても混雑するので、場所取りの計画は前もってしっかりしておきましょう!

穴場スポットもたくさんあるので、いろいろ探してみてお気に入りの場所を見つけてもいいですね。

スポンサードリンク

 - 関西, 花火