旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

関西バラ2017見頃の時期とおすすめ名所人気ランキング!

      2017/03/07

春と秋、年に2回美しく咲くバラの花。今年も見頃の時期が近付いています。

せっかくなのでバラを見に出かけて、その美しさや香りに癒されてみてはいかがでしょうか。

関西の大阪近郊にも大規模なバラ園が多数あり、気軽に出かけて鑑賞を楽しむことができます。

この記事ではそんな、関西にあるバラ園の2017年の見頃や、人気のおすすめ名所を個人的に作ったランキングをご紹介します

スポンサードリンク

バラ園関西2017見頃の時期は?

バラの花といえば春のイメージがありますが、春から初夏と秋の年に2回咲くことはご存知でしょうか。

春は5月から6月にかけて、秋は10月から11月にかけてバラは花を咲かせるのです。

春は次から次へと花が咲き、秋は花が一度咲いてから長持ちするので、長い期間楽しむことのできる花としても知られています。

ただしその年の気候によって開花時期の早まったり遅れたりする可能性もありますし、例年通りにはならないこともあります。

2017年現在のバラ園をはじめとした全国の花の名所での開花状況は、花の名所案内のホームページで紹介されているのでチェックしておくとよいでしょう。

バラ園関東おすすめ名所人気ランキング!

5 中之島公園(大阪)

大阪の都市部、オフィス街の真ん中に位置する中之島公園のバラ園。

しかしバラの数は約300種3,700株と、他のバラ園にも引けを取らない規模の大きさです。

川を両側に拝み、中之島の由緒ある建造物の数々も鑑賞して楽しめます。

地域の人々やサラリーマンに親しまれている、貴重な憩いの場です。

見頃:5月中旬~6月上旬

開園時間:常時

入場料金:無料

場所:大阪市北区中之島1丁目

交通アクセス:市営地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」、京阪本線「北浜駅」等より徒歩5分

駐車場:なし

4 おふさ観音(奈良)

参拝客の安らぎを与えたいという思いから、バラをはじめとした四季折々の花に囲まれたお寺。

植えられているバラの数に対し種類のとても豊富なのが特徴で、約3,800種4,000株もの多彩なバラを見ることができます。

近年は優雅で香りのよいイングリッシュローズの栽培に力を入れており、お寺と西洋のバラという和洋折衷の風景が個性的です。

バラの咲く時期にはバラまつりが毎年開催され、寺宝の特別公開なども行われます。

見頃:5月中旬~6月下旬

開園時間:7:00~16:30

入場料金:無料

場所:奈良県橿原市小房町6-22

交通アクセス:近鉄「大和八木駅」よりバス「小房」下車徒歩5分

車アクセス:京奈和自動車道「橿原北IC」より

駐車場:数箇所あり 無料

ホームページ

3 須磨離宮公園(兵庫)

かつての天皇の別荘跡に作られた、ロイヤルな雰囲気を色濃く残す須磨離宮公園。

180種4,000株の美しいバラと一緒に、大阪湾を一望することもできるロマンチックな名所です。

植えられているバラの種類も皇族や王族などの偉人の名をつけられたものが多いので、鑑賞を楽しみながら歴史も学べるかもしれませんね。

バラの咲く時期には「春のローズフェスティバル」が行われ、多くの人で賑わいます。

見頃:5月中旬~7月中旬

開園時間:9:00~17:00

休園日:木曜日(祝日の場合は翌日)

入園料金:大人400円、小人200円

場所:神戸市須磨区東須磨1-1

交通アクセス:JR「須磨駅」または地下鉄「妙法寺駅」より神戸市バス75系統「離宮公園前」下車

車アクセス:阪神高速神戸線「月見山IC」または第二神明道路「須磨IC」より

駐車場:あり 500円 272台

ホームページ

スポンサードリンク

2 靭公園(大阪)

大阪市内で最も歴史があり、2008年にリニューアルされた靭公園のバラ園。

その素晴らしさは、世界バラ会議大阪大会で優秀庭園賞に選ばれたほどです。

大きな噴水を中心とした広大な土地に様々な種類のバラの咲き誇るお庭は、地域の人々の憩いの場。

バラの綺麗な時期にはお祭りが行われ、獅子舞の踊りやコンサートなど数々のイベントが催されます。

見頃:5月中旬~下旬

開園時間:常時

休園日:なし

入園料金:無料

場所:大阪市西区靭本町2丁目

交通アクセス:地下鉄御堂筋線「本町駅」より徒歩約5分

駐車場:あり 30分200円 約250台

ホームページ

1 荒牧バラ公園(兵庫)

関西ではトップクラスの規模を誇るバラ園。

約250種10,000本もの様々な色をしたバラの花が咲き誇るようすは圧巻です。

街中にありながらここまで大規模であるバラ園は珍しいですね。

堤防の高低差を活かした立体的なつくりが特徴で、いろんな角度からバラを楽しむことができます。

世界的にも有名な地元伊丹生まれの「天津乙女」や「マダム・ヴィオレ」といった種類のバラの集まったコーナーも見物。

見頃:5月中旬~6月中旬、10月中旬~11月中旬

開園時間:9:00~17:00(5月15日~6月30日は18:00)

休園日:火曜日(バラの時期はなし)

入園料金:無料

場所:兵庫県伊丹市荒牧6-5

交通アクセス:阪急宝塚線「山本駅」またはJR「中山寺駅」より徒歩約20分

車アクセス:中国自動車道「宝塚IC」より約10分

駐車場:あり 500円

ホームページ

最後に

関西には大規模なだけでなく、お寺やオフィス街など個性的な場所にあるバラ園が多いですね。

お休みの日や仕事帰りに、バラ園で花の美しさや香りに癒されに行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 季節の花, 関西