旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

長良川花火大会2017場所取りのルールは?住所や地図を紹介

   

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

岐阜県の長良川で行われる長良川全国花火大と長良川中日花火大会は全国的にも有数の規模を誇る花火大会。

大規模なふたつの花火大会が同じ場所で同じ時期に行われる、珍しいスポットとしても有名です。

どちらの花火大会も打ち上げ数・来場客数はトップクラス、王道のスターマインから昼花火まで様々な種類の花火を見ることができますよ。

そこでこちらの記事では、2017年における長良川花火大会の開催日程や会場の住所・地図、バス・電車でのアクセス方法、場所取りのルールや時間といった情報をまとめました!

今年は長良川花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

長良川全国花火大会・長良川中日花火大会とは?


岐阜県の長良川河畔において、岐阜新聞・岐阜放送の主催で毎年8月初旬に開催される「長良川全国花火大会」。

打ち上げる花火の数は約3万発、例年の観客動員数は約30万人以上という、全国的にも大規模な花火大会です。

金華山を背景にした素晴らしいロケーションのなかで、迫力満点の花火を見られることでも有名。

連続で花火が打ち上げられるスターマインやナイアガラの滝花火など、様々な種類の花火が息つく間もなく空に咲き誇ります。

また長良川全国花火大会と同じ場所で、前週の7月末には中日新聞社による「全国選抜長良川中日花火大会」を開催。

こちらも長良川全国花火大会に負けない打ち上げ数と動員数を誇り、これらふたつの花火大会をあわせて「長良川花火大会」と呼ぶこともあります。

このように同年の夏のあいだに同じ場所でこれほど大規模な花火大会が2回も行われるのは、長良川花火大会だけといわれているそうです。

確かにこれだけ大きな花火大会が一週間おきに開催されるなんて聞いたことがありません…!ビックリしました。

7月の終わりから8月のはじまりにかけては、岐阜の人々にとっては花火大会一色になるシーズンなんですね!

長良川花火大会2017の開催日程や住所・地図は?

長良川花火大会の開催日程は、それぞれ毎年7月最終土曜日(全国選抜長良川中日花火大会)と翌週の8月第一土曜日(長良川全国花火大会)。

そのため今年に行われる日程も、例年どおりならこのようになります(中日花火大会は公式ですでに発表されています)。

全国選抜長良川中日花火大会

日程:2017年7月29日(土)

時間:12:00~20:30

長良川全国花火大会

日程:2017年8月5日(土)

時間:9:00~20:45

会場となるのは、岐阜市長良川河畔の長良橋下流から金華橋上流までのあいだ。

住所は岐阜県岐阜市の長良~早田となります。

周辺地図はこちら↓↓

スポンサードリンク

長良川花火大会のバス・電車でのアクセス方法!

長良川花火大会の会場である長良川河畔までの電車アクセスは、JR・名鉄の「岐阜駅」が最寄り駅。

しかし駅からだと、会場まで歩いて40分ほどかかってしまいます。

そのため当日は岐阜駅から出ている臨時バスの利用がおすすめ。

臨時バスの運行している区間はJR岐阜駅~市役所前バス停と、名鉄岐阜駅~裁判所前バス停のあいだ。

運行時間は行きが午後4時~午後7時、帰りが午後8時40分~午後10時となっています。

※こちらは公式の情報ではなく今年も同じ内容とは限りません。今年の運行状況は花火大会前に岐阜バスのホームページからご確認ください。

ただ当日は道路の混雑がひどく、実際は臨時バスを利用しても徒歩と同じくらい時間がかかってしまうのだとか。

時間を短縮するというよりは、あまり歩きたくないときは臨時バスに乗り、多少歩いても大丈夫という場合には徒歩で行くくらいの感覚で良いのではないでしょうか。

また会場周辺の道路では交通規制が行われるほか駐車場も数が足りていないので、なるべく自動車ではなく公共交通機関を利用するようにしましょう。

長良川花火大会2017場所取りの時間やルールは?

大規模な花火大会となると会場は観客がいっぱいで、場所取りをするのも大変!

場所取りの心配が要らない有料席の用意されている花火大会も多いですが、長良川花火大会では残念ながら有料席がありません

そのため当日場所取りで困らないように、ルールや時間などを確認しておきましょう!

まずルールについてですが、特に決まりなどは設けられておらず自由に花火を観賞することができます(前日までの場所取りは禁止されているようです)。

ただ周りの人と場所を譲り合ったりゴミは持ち帰ったりなど、最低限のマナーは守りましょう。

いちばん花火のよく見える人気の場所は長良橋の下流北岸にある長良川公園ですが、午前中から場所取りをすることができるので抑えるには朝早くから到着しておく必要があります。

同じく北岸に位置する県道163号線では、午後1時から交通規制が行われるのでそれまで場所取りをすることはできません。

南岸側でも交通規制が実施される午後2時以降に場所取りをすることになるので、これらの区間は交通規制の時間に合わせて着くと良いでしょう。

基本的にどこで見てもOKなので、打ち上げ場所からある程度遠くてもいいという場合はゆっくり会場へ向かってもでも大丈夫ですよ。

最後に

一週間ごとに2回も、こんなに大規模な花火大会が行われるなんてすごいですね!

どちらかに行けなくてももう片方を見に行ったり、両方観賞して違いを楽しんだりできるのが嬉しいです。

会場周辺では自由に場所を選んで花火を見られるからこそ、各々でマナーはきちんと守って快適に花火を楽しみましょう!

 

スポンサードリンク

 - 東海, 花火