旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

バラ東海2016見頃の時期とおすすめ名所人気ランキング!

      2017/03/07

春と秋、年に2回美しく咲くバラの花。今年も見頃の時期が近付いています。

せっかくなのでバラを見に出かけて、その美しさや香りに癒されてみてはいかがでしょうか。

愛知や岐阜、静岡をはじめとする東海地方にもバラ園が多数あり、気軽に出かけて鑑賞を楽しむことができます。

この記事ではそんな、東海にあるバラ園の2017年の見頃や、人気のおすすめ名所を個人的に作ったランキングをご紹介します!

スポンサードリンク

バラ園関西2017見頃の時期は?

バラの花といえば春のイメージがありますが、春から初夏と秋の年に2回咲くことはご存知でしょうか。

春は5月から6月にかけて、秋は10月から11月にかけてバラは花を咲かせるのです。

春は次から次へと花が咲き、秋は花が一度咲いてから長持ちするので、長い期間楽しむことのできる花としても知られています。

ただしその年の気候によって開花時期の早まったり遅れたりする可能性もありますし、例年通りにはならないこともあります。

2017年現在のバラ園をはじめとした全国の花の名所での開花状況は、花の名所案内のホームページで紹介されているのでチェックしておくとよいでしょう。

バラ園東海おすすめ名所人気ランキング!

5 西尾市憩の農園(愛知)

植木や苗木などの植物や農作物を産地直売で取り扱っているショッピングセンター。

その一角にバラ園があり、約200種3,500本のバラが植えられています。

つるバラでできたトンネルや、多種にわたるハイブリッド・ティーローズが見物です。

バラ以外にも、憩の農園には時期によって旬な花がたくさん展示されています。

鑑賞だけでなく、ガーデニングや造園も楽しみたい方にはおすすめの名所です。

見頃:5月

開園時間:9:00~18:00

入場料金:無料

場所:愛知県西尾市斉藤町大割28

交通アクセス:名鉄西尾線「福地駅」より徒歩約10分

車アクセス:国道23号線知立バイパス経由約1時間

駐車場:あり

ホームページ

スポンサードリンク

4 市民四季の森(愛知)

様々な施設や自然の充実した、小牧市にある総合公園。

バラ園には240種1,500株のバラが植えられています。

バラ以外にはあじさいの丘が有名で、時期になると「バラ・あじさいまつり」が行われます。

アスレチックやソリ滑り、動物と触れあえるコーナーなどもあるので、お子様連れの方には特におすすめです。

見頃:5月下旬~6月中旬

開園時間:9:00~18:00(6月より19:00)

休園日:第4木曜日

入場料金:無料

場所:愛知県小牧市大字大草5786-1

交通アクセス:名鉄小牧線「味岡駅」よりバス「市民四季の森」下車

車アクセス:中央自動車道「小牧東IC」より約10分

駐車場:あり 無料 約500台

ホームページ

3 河津バガテル公園(静岡)

パリにあるバガテル公園の庭園を忠実に再現した、ローズガーデンが自慢の公園。

約1,100種6,000本ものバラが植えられており、早咲きのものから長く咲くものまで様々な種類が揃っているので、見頃を気にせず楽しむことができます。

貴重な種類のバラもたくさんあるので、バラマニアには堪らない名所となっています。

建造物もフランスの街が再現されており、海外旅行に来たような気分に浸れるのも魅力です。

開園時間:9:30~16:30

休園日:木曜日

入場料金:大人1,000円、小中学生300円

場所:静岡県賀茂郡河津町峰1073

交通アクセス:「河津駅」より河津里めぐりシャトルバス「バガテル公園」下車

駐車場:あり 無料 200台

ホームページ

2 アカオ ハーブ&ローズガーデン(静岡)

熱海にある観光名所としても知られる、バラとハーブに囲まれた庭園。

約500種、3,000株のバラが、斜面やアーチ状、黄色で統一など様々な趣向を凝らせて植えられています。

12のテーマ別に庭園が分かれていて、数箇所のローズガーデンの他にもハーブガーデンや桜と菜の花のコーナー、日本庭園などもあります。

ハーブティーやバラジャム、ラベンダーのソフトクリームなどの花を使った商品が充実した、ハーブハウスにも寄ってみてはいかがでしょうか。

手作り体験の楽しめる施設もあります。

見頃:5月~6月

開園時間:9:00~17:00

定休日:12月、1月の火曜日

入場料金:大人1,000円(5月15日~6月10日は1,200円)、小人500円(5月15日~6月10日は600円)

場所:静岡県熱海市上多賀1027-8

交通アクセス:JR「熱海駅」よりバス網代行き「ハーブ&ローズガーデン」下車

車アクセス:「沼津IC」「御殿場IC」「厚木IC」より

駐車場:あり 無料 100台

ホームページ

1 花フェスタ記念公園(岐阜)

花フェスタの跡地を整備して作られた、可児市にある記念公園。

世界でもトップレベルの規模を誇るバラ園で、広大な土地に約7,000種30,000株というケタ違いの数のバラが植えられています。

「世界のバラ園」「バラのテーマガーデン」という2つのバラ園があり、国やテーマごとに分類された多彩なバラが魅力。

最近、2014年から15年のあいだに発表された新種のバラを集めた「New Roses Garden」も登場しました。

5月中旬から6月にかけて、春のバラ祭りも行われます。

見頃:5月下旬~6月上旬

開園時間:9:00~17:00(冬季16:30)

入場料金:大人520円(バラまつり期間1,000円)、高校生以下無料

場所:岐阜県可児市瀬田1584-1

交通アクセス:JR「可児駅」または名鉄「新可児駅」よりさつきバス「花フェスタ記念公園」下車

車アクセス:東海環状自動車道「可児御嵩IC」より約5分

駐車場:あり 無料 1,700台

ホームページ

最後に

東海にも大規模なバラ園が多く、特に世界規模のものが岐阜にあるのには驚きました。

ゴールデンウィークなどお休みの日には、バラ園で花の美しさや香りに癒されに行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - お出かけ前の豆知識・雑学, 季節の花, 甲信越