旅行&グルメ情報

お出かけスポットやご当地グルメ・お出かけ前に知っておくと楽しくなる雑学などを紹介していきます。

昭和記念公園花火大会2017見える場所は?アクセスや交通規制情報

      2017/04/13

 

夏の風物詩の代表的なもののひとつといえば、花火大会

全国各地では多くの場所で夏休みに花火大会が行われ、多くの観客で賑わいます。

東京都立川市に位置する国営昭和記念公園で行われる立川まつり国営昭和記念公園花火大会は都内で有数の規模を誇る花火大会。

都内ではとても珍しい、1.5尺玉の大きな花火を見ることができますよ。

一方で来客数も多く混雑が激しいので、会場へ向かう道中も観賞場所を確保するのも一苦労!

そこでこちらの記事では、2017年における昭和記念公園花火大会の開催日程・時間や打ち上げ場所、アクセスや交通規制、花火のよく見える穴場スポットといった情報をまとめました!

今年は昭和公園花火大会を観に行こうと考えている方は、当日に困らないためにもチェックしておきましょう!

スポンサードリンク

立川まつり国営昭和記念公園花火大会とは?

東京都立川市に位置する国営昭和記念公園で、毎年7月末に開催される「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」。

会場と周辺道路を含めると約70万人以上もの見物客が訪れる、都内で有数の規模を誇る花火大会です。

特に打ちあがる花火の大きさは都内ではトップクラス!1.5尺玉の花火があがるのは東京湾大華火祭とこの昭和記念公園花火大会だけといわれています。

1.5尺玉だけでなく連続花火のワイドスターマインなど、迫力満点の花火の数々が魅力です。

東京ドームの約40倍にもなる広大な国営昭和記念公園内では、ゆったりと花火観賞を楽しむことができますよ。

昭和記念公園花火大会2017の日程・時間や打ち上げ場所は?

立川まつり国営昭和記念公園花火大会の開催日程は、毎年7月の最終土曜日

当日の天気が悪い場合は翌日に延期、または中止となります(最近は中止となるケースが多いようです)。

今年の開催日程と時間は以下のとおりです。

日程:2017年7月29日(土)

時間:19:20~20:20

メイン会場・打ち上げ場所となるのは、国営昭和記念公園内の「みんなの原っぱ」

会場周辺の詳細地図は公式ホームページのプログラムをご覧ください。

スポンサードリンク

昭和記念公園花火大会のアクセスや交通規制情報!

花火大会の会場となる国営昭和記念公園へのアクセスは、JR青梅線の「西立川駅」が最寄り駅。

しかし西立川駅は当日たいへん混雑し危険なため、JR中央線の「立川駅」や多摩都市モノレールの「立川北駅」を利用するよう勧められています。

立川駅や立川北駅からでも歩いて15分ほどとじゅうぶん近いので、できるだけこれらの駅から向かうようにしましょう。

また花火大会当日には、夕方あたりから周辺道路で交通規制が実施されます

公園内の駐車場も早い時間からすぐ満車になってしまうので、自動車ではなく公共交通機関を利用して行きましょう!

交通規制の内容については、昨年の公式ページを参考にしてください。

公園の入園料金が無料になるのは午後6時以降ですが、5時ぐらいから園内が混雑するので有料の時間帯のうちに到着しておくのがおすすめですよ。

公園の入り口は複数個所ありますが西立川口は非常に混雑するので、他の入り口からのアクセスがおすすめ。

特に昭島口・玉川上水口・砂川口は比較的空いているそうです。

これらの入り口を利用する場合は、こちらの最寄り駅から向かうとよいでしょう。

昭島口:JR青梅線東中神駅」より徒歩10分

玉川上水口:西武拝島線武蔵砂川駅」より徒歩25分

砂川口:西武拝島線武蔵砂川駅」より徒歩20分

昭和記念公園花火大会の見える穴場スポットは?

花火大会のメイン会場は国営昭和記念公園内みんなの原っぱですが、たくさんの観客で混雑し場所取りをするのが大変。

そのため会場ではなく立川駅付近や公園の外周道路などで、花火を見物する人も多いです。

そこでこちらでは地元の人々に重宝されている、花火のよく見える穴場スポットをいくつかご紹介します!

昭和記念公園の昭島口・玉川上水口・砂川口付近

アクセスでご紹介したとおり、複数ある昭和記念公園の入り口のなかでも昭島口・玉川上水口・砂川口の3つは比較的人の数が落ち着いています。

またこれらの入り口周辺からでも、花火を見ることができますよ。

会場からほど近いので、迫力もじゅうぶんです!

立川警察署前の交差点

昭和記念公園のあけぼの口から北へ向かい、公園沿いに左折したところにある警察署前の交差点。

公園からじゅうぶん近い場所で、花火もとても見やすいです。

最寄り駅からは多少距離があるので、比較的混雑の少ない穴場になっているのだと思われます。

ただ交通規制が行われているわけでなく車道には自動車も通るので、車に気を付けて通行者の邪魔にならないよう観賞しましょう。

イトーヨーカドー東大和店の屋上

昭和記念公園の北側、多摩都市モノレール線の桜街道駅付近にあるイトーヨーカドー。

ありがたいことに、こちらでは花火大会当日に屋上駐車場が開放されます。

公園からは距離があるので迫力には欠けますが、高台から花火全体を見ることができます。

店内にはトイレなどの設備が整っており、食べ物や飲み物を調達するにもとても便利。

落ち着いて花火の鑑賞ができるので、お子様連れのときには特におすすめですよ!

最後に

都内でこれだけ大輪の花火を見られる機会はとても少ないので、行く価値はじゅうぶんありますよ!

ただ会場周辺はとても混雑するので、アクセス方法や場所取りなどの対策はしっかり考えておきましょう。

スポンサードリンク

 - 関東, 花火